本のページ

SINCE 1991

法月理栄さん名作コミック『利平さんとこのおばあちゃん』が電子書籍化

法月理栄さん名作コミック『利平さんとこのおばあちゃん』が電子書籍化

法月理栄さん名作コミック『利平さんとこのおばあちゃん』が電子書籍化

優しく切ない珠玉の名作として人気を博した、法月理栄さんのコミック『利平さんとこのおばあちゃん』を、マンガのクチコミサービス「マンバ」が電子書籍化し、Kindleストアにて配信をスタートしました。

 

珠玉の名作コミック『利平さんとこのおばあちゃん』が電子書籍化

「おばあちゃんは、 今は一人暮らし。 じいちゃんいたけど、 せんだって死んだ…。 突然ポックリ死んだ」

 
1970年代後半~1980年代後半にかけて10年間、 小学館『ビッグコミック』とその増刊号にて連載され人気を博した名作コミックが、 マンガのクチコミサービス「マンバ」(https://manba.co.jp/)より全3巻の電子書籍として配信されました。

 
山間にある素朴な村で荒物屋を営むおしげばあちゃんの、 喜怒哀楽あふれる人々との交流を描いた優しく切ない珠玉のハートウォーミング・ストーリー。人と距離を取ることが当たり前になっている今だからこそ、 より一層人とつながる温かみが心に響く一冊です。

★「利平さんとこのおばあちゃん」特設ページ:https://manba.co.jp/special/riheisan

 

著者プロフィール

著者の法月理栄(のりづき・りえ)さんは、1950年生まれ。静岡県在住。現在、 静岡県のキャラクター「ふじっぴー」のデザインと漫画制作「コミュニティーしずおか」に4コマ漫画掲載中。

毎日中学生新聞「たまご」でデビュー。作品に、小学館ビッグコミック『利平さんとこのおばあちゃん』『きまぐれデイパック』、芳文社まんがタイム『ぼくらのアベちゃん』、読売新聞ぴーぷる『岳さん』、婦人生活社やさしい手『古道具のひとりごと』など。

 

利平さんとこのおばあちゃん 第1巻 (マンバ)
法月理栄 (著)

「おばあちゃんは、今は一人暮らし。
じいちゃんいたけど、せんだって死んだ…。
突然ポックリ死んだ」

山間にある素朴で懐かしいちいさな村で、荒物屋を営む、太田利平さんとこの、おしげばあちゃんは、猫のミーコや犬のお杉と、のんびりと、そして賑やかに暮らしています。

人と人との絆を繊細で抒情溢れるタッチで描き、読む者の涙を誘う、優しく切ない珠玉のハートウォーミング・ストーリーズ。

「自粛を求められる昨今、『利平さんとこのおばあちゃん』は、まさに家で読むべき一冊だ。
本当に本当に心洗われ、魂を潤す作品である」
長崎尚志(元担当編集者。マンガ原作者。小説家。脚本家)
一巻解説より

アシスタントをしたデビュー前のけらえいこが
「すごく絵が上手ですね。ああいう線はわたしには描けません」
と絶賛したという(長崎尚志氏の一巻解説より)隠れた名作コミック、すべてのマンガファンのために、遂に待望の電書化!

【収録内容】第一話「利平さんとこのおばあちゃん」/第二話「婚礼」/第三話「柱時計」/第四話「はたおり」/第五話「初産」/第六話「法事の帰り」/第七話「じいちゃんの肖像」/第八話「かかし」/第九話「ふるさと」

利平さんとこのおばあちゃん 第2巻 (マンバ)
法月理栄 (著)

【収録内容】第十話「卒業アルバム」/第十一話「パステル色の思い出」/第十二話「春 五百羅漢」/第十三話「結び目」/第十四話「健さん」/第十五話「夏祭り」/第十六話「木枯らしのインバネス」/第十七話「あいちゃん」/第十八話「赤い電球」

利平さんとこのおばあちゃん 第3巻 (マンバ)
法月理栄 (著)

【収録内容】第十九話「足の跡」/第二十話「パテーの映写機」/第二十一話「寄せ鍋」/第二十二話「絵本屋さん」/第二十三話「杉」/第二十四話「嫁っ子」/第二十五話「家の灯」/第二十六話「ヤマメ」/最終話「秋の色」

 
【関連】
『利平さんとこのおばあちゃん』法月理栄|特設サイト – マンバ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です