本のページ

SINCE 1991

宝塚で舞台化、マリー・ダグー伯爵夫人関連本『新しい女―19世紀パリ文化界の女王マリー・ダグー伯爵夫人』が電子書籍化

D・デザンティさん著『新しい女―19世紀パリ文化界の女王マリー・ダグー伯爵夫人』(訳:持田明子さん)

D・デザンティさん著『新しい女―19世紀パリ文化界の女王マリー・ダグー伯爵夫人』(訳:持田明子さん)

ディスカヴァー・トゥエンティワンは、電子書籍レーベル「ディスカヴァーebook選書」より、D・デザンティさん著『新しい女―19世紀パリ文化界の女王マリー・ダグー伯爵夫人』(訳:持田明子さん)を発売しました。

なお、9月4日までの期間限定で、KindleUnlimitedにて配信中です。

 

宝塚舞台化で話題の関連書を電子化!

宝塚歌劇団花組で公演予定の『巡礼の年~リスト・フェレンツ、魂の彷徨~』(https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2022/junreinotoshi/index.html)。このヒロインのマリー・ダグー伯爵夫人の生涯を描いた『新しい女―19世紀パリ文化界の女王マリー・ダグー伯爵夫人』が電子書籍化されました。

19世紀パリ社交界で輝かしい存在マリー・ダグー伯爵夫人。
革命を繰り返す激動の時代、家族も名誉も捨て作曲家フランツ・リストと情熱的な恋に落ち作家として活動した生涯を辿ります。

 
【本書の概要】
フランス革命から半世紀が経った、19世紀パリ。
社交界の女王マリー・ダグー伯爵夫人は共和主義が台頭する激動の時代、家族も名誉も捨てて天才作曲家フランツ・リストと情熱的な恋に落ちた。
ジャーナリスト・作家としての活動を通じて自らの道を切り拓いた「新しい女」の生涯を辿る。

 
(一部本文抜粋)
フランツ・リスト
「あなたは私に必要な女性ではおそらくないでしょう。だが、私がどうしても欲しい女性なのです。」

マリー・ダグー
「わたくしは何よりまず真実でありたいと思いました。」

 
<本書の目次>

主な登場人物

はじめに なぜ今、マリー・ダグー=ダニエル・ステルンを?

第一部 重大な帰還

1 帰って来る……でも、どこへ
 リストとの別離?
 パリ
 無邪気なだて男、ウジェーヌ・シュウ
 孤独な狼、ヴィニー
 デルフィーヌ・ゲー・ド・ジラルダン
 ジラルダン
 ジャーナリストたちの学校――バルザック、サント=ブーヴ、等々
 到達不可能な模範、ジョルジュ・サンド

2 新聞界のナポレオン
 エミール・ド・ジラルダンの情熱
 エミールとは何者?
 パリのリスト
 イギリスへの旅
 〈星〉の誕生
 ライバルとしてのデルフィーヌ、〈ド・ロネ子爵〉
 ピュグマリオン

3 ダニエル・ステルン
 華やかなデビュー――シャルル十世の宮廷
 「わたしの五分間を!」
 根こそぎにすべき情熱、リスト
 親権を振りまわす父、リスト
 サン=シモン主義の女性たち――フローラ・トリスタン――〈青鞜婦人〉と〈女性の救世主〉
 シュザンヌたち

 

ディスカヴァーebook選書について

〔出版社コメント〕

この世界は素晴らしい書籍に満ちあふれています。
しかし、そのすべてが「入手可能」ではありません。
多くの良書が絶版、品切れになり、読む機会が失われてきました。

電子書籍は、「読む機会」を創出するひとつの可能性です。
古書店、図書館でないと出会えなかった本を、テクノロジーが進化を続けているいまだからこそ、いつでもどこでも読めるようにしたい。

そのような思いから、過去に様々な出版社から発行され、いまだ電子書籍化されていない書籍を、出版社・著者のご許諾・ご協力のもと電子書籍化しているのが、ディスカヴァーebook選書です。
読者のみなさまが「ずっと読みたかった1冊」に出会えますよう、少しずつラインナップを拡充してまいります。

 

新しい女―19世紀パリ文化界の女王マリー・ダグー伯爵夫人 (ディスカヴァーebook選書)
D・デザンティ (著), 持田明子 (翻訳)

※本書は1991/7/31に株式会社 藤原書店より発売された書籍を電子化したものです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。