本のページ

SINCE 1991

イラストレーター・北澤平祐さんのおとなの絵本『ぼくとねことのすれちがい日記』が刊行 ねこにまつわる英語のことわざ「ねことわざ」も収録

北澤平祐さん著『ぼくとねこのすれちがい日記』

北澤平祐さん著『ぼくとねこのすれちがい日記』

北澤平祐さん著『ぼくとねこのすれちがい日記』が、ホーム社より刊行されました。

 

洋菓子「フランセ」パッケージ、「アフタヌーンティー・リビング」雑貨などでも人気のイラストレーター・北澤平祐さんの魅力満載のおとなの絵本が誕生!

洋菓子「フランセ」や香水「KENZO parfums」などの商品パッケージ、「アフタヌーンティー・リビング」の雑貨ほか、中山七里さんの『さよならドビュッシー』シリーズ、千早茜さんの『わるい食べもの』シリーズなど、数々の書籍装画や絵本で活躍する、人気イラストレーター・北澤平祐さん。

 
本書は自身の実話をもとに、イラストはもちろん、初めて文章も手がけた、せつなくあたたかい猫との絵日記ストーリーです。

 
【あらすじ】

売れないイラスト稼業の「ぼく」は、東京の片隅で、妙におじいちゃん顏の子ねこを拾う。一方の「ねこ」は、なぜかよくカリフォルニアのビーチを思い出していて……。

ぼくとねこは共に暮らし、成長し、家族が増え、そして……。ささやかな日常におきたドラマの数々が、「ぼく」「ねこ」それぞれの視点で綴られ、色鮮やかな絵日記でよみがえる。

ブックデザインは、ヒグチユウコさんの絵本作品などで知られる名久井直子さんが担当。

ねこにまつわる英語のことわざ【ねことわざ】も収録。アイコンは全28パターン描き下ろし。

 
初めての経験だった、文章と絵による創作の舞台裏、本書に登場するねこ「ホワン」の実際の姿など、本書の裏話をホーム社文芸図書WEBサイト「HB」で公開中です。

★北澤平祐さんインタビュー『ぼくとねこのすれちがい日記』ができるまでの話
◎前編:https://hb.homesha.co.jp/n/na8a4a7f73f44
◎後編:https://hb.homesha.co.jp/n/n1c3fab9f386b

 

著者プロフィール

著者の北澤平祐(きたざわ・へいすけ)さんは、イラストレーター。東京都在住。カリフォルニア州立大学フラトン校にてBFA(Bachelor of Fine Arts/Illustration)、同大学院にてMA(Master of Arts/Illustration)取得。アメリカに16年暮らし、帰国後イラストレーターとして活動を開始。

書籍装画、広告、CDジャケット、商品パッケージなど国内外の幅広い分野でイラストを手がける。著書に『キャラメルゴーストハウス』(かさいたつやさんと共著)、『こはるとちはる』(文:白石一文さん)、『どんどんどんどんまいご』(文:相良敦子さん)等。

 

ぼくとねこのすれちがい日記
北澤 平祐 (著)

売れないイラスト稼業の「ぼく」は、妙におじいちゃん顔の子ねこを拾う。
一方の「ねこ」は、なぜかよくカリフォルニアのビーチを思い出していて……。
ぼくとねこ。ともに暮らしていても、見ている世界はこんなにちがう?
ささやかな日常におきたドラマの数々が、色鮮やかな絵日記でよみがえる。

ねこにまつわる英語のことわざ、絵にかくされた仕掛けも満載!
イラストレーター・北澤平祐さんとブックデザイナー・名久井直子さんがタッグを組み、かわいいこだわりをたっぷり詰め込んだ贅沢な1冊。

 
【関連】
『ぼくとねこのすれちがい日記』ができるまでの話【前編】/北澤平祐インタビュー|HB ホーム社文芸図書WEBサイト
『ぼくとねこのすれちがい日記』ができるまでの話【後編】/北澤平祐インタビュー|HB ホーム社文芸図書WEBサイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です