本のページ

SINCE 1991

トーハンと日販が2021年上半期ベストセラーを発表 どちらも総合1位は宇佐見りんさん『推し、燃ゆ』

宇佐見りんさん著『推し、燃ゆ』

宇佐見りんさん著『推し、燃ゆ』

書店取次大手のトーハンと日本出版販売(日販)が6月1日、それぞれ2021年上半期のベストセラーランキングを発表しました。

 
【2021年上半期ランキング】※トーハン・日本出版販売調べ 〔敬称略〕

順位 トーハン 日本出版販売
1位 『推し、燃ゆ』
宇佐見りん/河出書房新社
『推し、燃ゆ』
2位 『秘密の法 人生を変える新しい世界観』
大川隆法/幸福の科学出版
『スマホ脳』
アンデシュ・ハンセン、訳:久山葉子/新潮社
3位 『スマホ脳』
アンデシュ・ハンセン、訳:久山葉子/新潮社
『星ひとみの天星術』
星ひとみ/幻冬舎
4位 『星ひとみの天星術』
星ひとみ/幻冬舎
『人は話し方が9割』
永松茂久/すばる舎
5位 『52ヘルツのクジラたち』
町田そのこ/中央公論新社
『鬼滅の刃 塗絵帳 -蒼-』『鬼滅の刃 塗絵帳 -紅-』
吾峠呼世晴/集英社
6位 『鬼滅の刃 塗絵帳 -蒼-』『鬼滅の刃 塗絵帳 -紅-』
吾峠呼世晴/集英社
『52ヘルツのクジラたち』
町田そのこ/中央公論新社
7位 『人は話し方が9割』
永松茂久/すばる舎
『本当の自由を手に入れる お金の大学』
両@リベ大学長/朝日新聞出版
8位 『呪術廻戦 逝く夏と還る秋・夜明けのいばら道』
芥見下々・北國ばらっど/集英社
『秘密の法 人生を変える新しい世界観』
大川隆法/幸福の科学出版
9位 『本当の自由を手に入れる お金の大学』
両@リベ大学長/朝日新聞出版
『呪術廻戦 逝く夏と還る秋』
芥見下々・北國ばらっど/集英社
10位 『ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人』
東野圭吾/光文社
『鬼滅の刃 風の道しるべ』
吾峠呼世晴・矢島綾/集英社

※集計期間はトーハン、日販ともに、2020年11月24日~2021年5月21日。

 
11位以降のランキング、総評、ジャンル別ランキングなど詳細は、
 ・トーハン:https://www.tohan.jp/topics/20210601_1740.html
 ・日販:https://www.nippan.co.jp/ranking/annual/https://www.nippan.co.jp/news/2021kamihanki/
をご覧ください。

 

推し、燃ゆ
宇佐見りん (著)

「推しが燃えた。ファンを殴ったらしい」

◎未来の考古学者に見つけてほしい
時代を見事に活写した傑作
――朝井リョウ

◎すごかった。ほんとに。
――高橋源一郎

◎一番新しくて古典的な、青春の物語
――尾崎真理子

◎ドストエフスキーが20代半ばで書いた
初期作品のハチャメチャさとも重なり合う。
――亀山郁夫

◎今を生きるすべての人にとって歪(いびつ)で、でも切実な自尊心の保ち方、を描いた物語
――町田康

◎すべての推す人たちにとっての救いの書であると同時に、絶望の書でもある本作を、わたしは強く強く推す。
――豊崎由美

逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。アイドル上野真幸を”解釈”することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上し――。デビュー作『かか』は第56回文藝賞及び第33回三島賞を受賞(三島賞は史上最年少受賞)。21歳、圧巻の第二作。

カバーイラスト:ダイスケリチャード
装幀:佐藤亜沙美(サトウサンカイ)

 
【関連】
2021年 上半期ベストセラー発表 | 株式会社トーハン
年間ベストセラー | ベストセラー一覧 | 日本出版販売株式会社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です