本のページ

SINCE 1991

カレー沢薫さんが自身初の恋愛エッセイ『モテるかもしれない。』を刊行

カレー沢薫さん著『モテるかもしれない。』

カレー沢薫さん著『モテるかもしれない。』

人気コラムニストのカレー沢薫さんが、満を持しての巷のモテ論『モテるかもしれない。』を新潮社より刊行しました。

 

ついに、モテとの全面対決! 自称、モテに挫折した人気コラムニストが分析する、全人類愛され攻略法

自分がモテたいとはなんとなく言いづらいけれど、他人のモテっぷりは気になる。直視は本当はしたくないけれど、とにかくモテを見つめてみよう――。

 
EXILEから西野カナ、果ては安室透にバーフバリ、乙女ゲームやAV男優にまで視野を広げ、愛される秘訣を大考察。人気コラムニストのカレー沢薫さんの満を持しての巷のモテ論です。

 
<著者コメント>

「モテなんてどうでもいい」強がりではなく、そう思っている人は多いと思う。しかしモテとは「人間に好かれる力」人間界で暮らすのに人間に嫌われて良いことがあるわけない。「モテ」は生きる力の一つである。

 

本書の目次

はじめに

第1回 モテの道のプロに学ぶ

第2回 小中学生からモテをやり直したい

第3回 EXILEに学ぼう

第4回 琥珀さんに学ぼう

第5回 バーフバリに学ぼう

第6回 安室透に学ぼう

第7回 売れっ子AV男優に学ぼう

第8回 ジブリに出てくる男達に学ぼう

第9回 乙女ゲームに学べるモテもあるかもしれない

第10回 西野カナに学ぼう

第11回 婚活におけるモテを知りたい

第12回 いつまでもオタクがモテぬと思うなよ

第13回 ”面倒くさい”のにモテる者たち

第14回 前澤友作氏に学ぶ「モテ」

第15回 匿名でもモテたい

おわりに

 

著者プロフィール

著者のカレー沢薫(かれーざわ・かおる)さんは、1982年生まれ。漫画家、コラムニスト。

2009年に『クレムリン』でデビュー。『アンモラル・カスタマイズZ』は第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品に突如選出され、話題騒然となる。さらに『ひとりでしにたい』が第24回マンガ部門優秀賞を受賞した。

主な漫画作品に『猫工船』『きみにかわれるまえに』、エッセイ作品に『負ける技術』『ブスの本懐』『非リア王』『ひきこもりグルメ紀行』『カレー沢薫のワクワク人生相談』などがある。

 

モテるかもしれない。
カレー沢 薫 (著)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です