本のページ

SINCE 1991

ちばてつやさん23年ぶりの短編集『あしあと ちばてつや追想短編集』が刊行 松太郎もジョーも登場!

ちばてつやさん23年ぶりの短編集『あしあと ちばてつや追想短編集』が刊行

ちばてつやさん23年ぶりの短編集『あしあと ちばてつや追想短編集』が刊行

『のたり松太郎』、『あしたのジョー』(原作:高森朝雄さん)、『おれは鉄兵』など数々の傑作、話題作を生み出し続けている巨匠・ちばてつやさんが、2000年以降に発表した読み切り作品を収録した23年ぶりの短編集『あしあと ちばてつや追想短編集』を4月30日に小学館より刊行しました。

 
『あしたのジョー』を描き終えた日、『のたり松太郎』誕生の日、ある事故をきっかけに生まれたトキワ荘メンバーとの絆などを描いた自伝的読み切り作品集です。掲載当時のカラーを含め完全収録。

 
また、現在『ビッグコミック』(小学館)で連載している、自身の満州からの引き揚げ体験を含む生い立ちを描くフルカラーショートコミック『ひねもすのたり日記』の第4集も同時発売されました。

 

あしあと ちばてつや追想短編集 (ビッグコミックススペシャル)
ちば てつや (著)

巨匠・ちばてつやの23年振りとなる短編集!

戦後の満州引き揚げを描いた「家路 1945-2003」、漫画家デビュー時に謎の体調不良にさいなまれた日々を描く「赤い虫」、トキワ荘グループとの交流のきっかけとなった”事件”を描く「トモガキ」、そして最新発表作となる、名作『のたり松太郎』誕生前夜を描いた「グレてつ」といった、2000年以降に描かれた氏の貴重な自伝的読み切り作品を、掲載当時のカラーを含め完全収録!

 
【編集担当からのおすすめ情報】
ビッグコミックにて『ひねもすのたり日記』を連載中の、ちばてつや氏23年振りの短編集となります。
『あしたのジョー』『おれは鉄兵』『のたり松太郎』といった数々の名作を描いてきたちば氏。魅力あふれるキャラクターとともに市井の人々に向けた優しい視線が短編の中にも溢れています。
漫画史を語る上でも貴重な、氏による自伝的読み切りを集めた短編集です。

ひねもすのたり日記 (第4集) (ビッグコミックススペシャル)
ちば てつや (著)

コロナ禍の下、ちばてつやは何を思う…?

連載漫画家となったちば青年は仕事場兼住居として、ついに一軒家を購入。その仕事場を舞台に売れっ子として締め切りに追われる怒濤の日々を送っていく–。
そんな過去の半生を振り返る一方で、2020年春、現実の世界では新型コロナウイルスが蔓延しつつあった……
酒やタバコの話。イジメについて。そしてコロナ禍に考えること。
昔と今を行ったり来たり。
徒然なるままに描くフルカラーショートコミック。

 
【編集担当からのおすすめ情報】
ちばてつや氏18年振りの新作となる『ひねもすのたり日記』(ビッグコミック連載)。こちらはその第4集となります。
連載漫画家として順調な道のりを歩み始めるちば青年。少年週刊誌が創刊され、高度経済成長と共に漫画界も右肩上がりに大きくなっていく、まさにその中に身を置いた氏の半生の記録は、戦後漫画史の貴重な資料と言っても過言ではありません。
また、本単行本に収録される話を連載中に起こった、新型コロナウイルスの蔓延。氏は何を思い、どう過ごしたのか? 齢80余になる氏の雑感も描かれています。
是非手にとってみてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です