本のページ

SINCE 1991

いじめ解決のための効果的な相談方法教えます!「こども六法」公認姉妹本『こども六法NEXT おとなを動かす悩み相談クエスト』刊行

「こども六法」公認姉妹本『こども六法NEXT おとなを動かす悩み相談クエスト』刊行

「こども六法」公認姉妹本『こども六法NEXT おとなを動かす悩み相談クエスト』刊行

こども向けに法律を解説し、法律がきちんとこどもを守ってくれることを伝えた書籍『こども六法』。その姉妹本として、身につけた法律の知識をもとに、誰にどう相談すれば良いのかわかりやすく解説した『こども六法NEXT おとなを動かす悩み相談クエスト』(監修:山崎聡一郎さん/漫画:森井ケンシロウさん/漫画原作:古城宏さん)が小学館より刊行されました。

本書は、出版社の枠を超え、今こどもが生きにくいと思っている世の中を変える「こども六法プロジェクト」から生まれた一冊です。

 

今度は「実践編」! いじめ解決のための効果的な相談方法教えます!

2019年夏に発行された『こども六法』(弘文堂)の感想で多かった「そんなこといっても大人は相談してもなにもしてくれない」という声に応え、「どうやったら大人が動くのか」を徹底的に考えました。

 
なにもしない大人が言いがちな「やられたらやり返せ」「あなたにも悪いところがあるんじゃない?」などこどもの相談心をくじく「まあまあ言葉」の撃退方法を漫画とコラムでわかりやすく伝えます。

さらに、学校の先生・スクールカウンセラー・弁護士・警察・児童相談所・精神科医などの専門家に効果的な相談方法を教えてもらいました。
「どこに」「どのように」「どんな法律・条文に基づいて」相談すれば大人は動いてくれるかを解説しています。

渦中にいる人には即役に立つ実用書として、そうでない人には、避難知識として、そして交渉術の勉強として役に立つ本です。

 
<こどもの相談したいという気持ちをくじく「まあまあ言葉」撃退法>

勇気をもって相談しても、「あなたにも悪いところがあるんじゃないの?」「見たくなければみなければいい」そんなその場しのぎの「まあまあ言葉」で流そうとする大人に「それは違う!」と伝えられる知識が、漫画とコラムで学べます。

 
<学校の先生・スクールカウンセラー・弁護士・警察・精神科医が、効果的な相談方法をレクチャー!>

初めて相談するときは「うまく相談できるかどうか」不安がつきまといます。大人が動かなくてはならないような気になる具体的な相談方法を専門家に聞きました。

 

出版社の枠をこえ、こども守る「こども六法プロジェクト」進行中

こどもが知識をつけることで、いじめや虐待を防ぐことをめざす「こども六法プロジェクト」――。
『こども六法』の版元・弘文堂、すごろくを出した幻冬舎、夏に漫画を発売予定の講談社など出版社の枠を越え関連書籍の発行が続きます。

 
中心を担う山崎聡一郎さんが各地の学校を回る講演会はもちろんのこと、こども向けの法教室を開くなど、精力的な活動が続きます。

 
<いじめにあったら・・・使える大人を動かそう>

ひとりの人に相談して聞いてもらえないからといってあきらめない。話を聞いてくれる大人は絶対いる!別の人に相談してみよう。
「いつ」「どこで」「だれが」「どのように」「なにをした」のか、記録メモをとったり、けがの写真を撮影したり証拠を残そう。
「自分が悪いのでは?」と思わない!いじめている子のためにも、大人にちゃんと対処してもらおう。

 

監修者プロフィール

監修者の山崎聡一郎(やまさき・そういちろう)さんは、1993年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。修士(社会学)。教育研究者、写真家、ミュージカル俳優。合同会社Art&

現在は、いじめ問題に関する研究・情報発信を行いながらミュージカル俳優としても活動。著書に『こども六法』(弘文堂)、『こども六法すごろく』(幻冬舎)、共著に『明日、学校へ行きたくない 言葉にならない思いを抱える君へ』(KADOKAWA)など。

 

こども六法ネクスト おとなを動かす 悩み相談クエスト (こども六法NEXT)
山崎 聡一郎 (監修), 森井 ケンシロウ (イラスト), 古城 宏 (著)

賢くなってトラブルから自分を守る本

2019年夏に弘文堂から発売された『こども六法』の公認姉妹本です。

なにかあると、大人は「相談して」と気軽に言います。
けれど相談したらしたで、
「やられたらやり返せ」
「あなたにも悪いところがあるんじゃない?」
といった一見正論だけど、その場しのぎでなにも言ってない「まあまあ言葉」を返されて、相談しても無駄だなと諦めてしまうことが少なくありません。
それでも諦めないで欲しいのです。

まあまあ言葉を打ち返すために、まず、コミックで、まあまあ言葉の実例を学び、その反論方法を『こども六法』山崎聡一郎氏が解説。

さらに、本当に頼れる大人を探し出し、トラブル解決のために動いてもらうに、いじめ問題に詳しい学校の先生、警察、スクールカウンセラー、弁護士、精神科医、虐待に関する児童相談所が、「どんな相談をすればいいか」「効果的な証拠」「訴えるってこういうこと」など実践的なアドバイスを教えます。きれい事は一切ありません!

トラブルの渦中にいる君には、その解決の糸口として、
まだ巻き込まれていない君には、その予防知識として、
君の人生に寄り添う1冊です。

 
【編集担当からのおすすめ情報】
こどものための法律書『こども六法』が知識という名の武器であるならば、その武器を使ってどう戦うかを考えた本です。

いじめやけんかなどのトラブルが起こらず、予防のために読んでいたこの本が活用されないのが一番ですが、それでも、なにか起こったときに、自分が悪いのかもとわきまえすぎず、この本を活用して、自分を守ってくれるよう祈っています。

こども六法
山崎 聡一郎 (著)

法律は自分を守る武器になる。いじめ・虐待をなくすために。

いじめや虐待は犯罪です。
人を殴ったり蹴ったり、お金や持ち物を奪ったり、SNSにひどい悪口を書き込んだりすれば、大人であれば警察に捕まって罰を受けます。
それは法律という社会のルールによって決められていることです。

けれど、子どもは法律を知りません。
誰か大人が気づいて助けてくれるまで、たった一人で犯罪被害に苦しんでいます。
もし法律という強い味方がいることを知っていたら、もっと多くの子どもが勇気を出して助けを求めることができ、救われるかもしれません。

そのためには、子ども、友だち、保護者、先生、誰でも読めて、法律とはどんなものかを知ることができる本が必要、そう考えて作ったのが本書です。
小学生でも読めるように漢字にはすべてルビをふり、法律のむずかしい用語もできるだけわかりやすくして、イラスト付きで解説しています。

大人でも知らないことがたくさんある法律の世界、ぜひ子どもと一緒に読んで、社会のルールについて話し合ってみてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です