本のページ

SINCE 1991

きっと見つかる、大切なもの。――「実業之日本社文庫GROW」が誕生! 第1弾は沖田円さん、いぬじゅんさん、谷山走太さん

「実業之日本社文庫GROW」が誕生!

「実業之日本社文庫GROW」が誕生!

創業123年の総合出版社・実業之日本社は、2021年4月8日に実業之日本社文庫の新たなシリーズとして「実業之日本社文庫GROW」を創刊しました。

 

「実業之日本社文庫GROW」とは

「実業之日本社文庫GROW」キャッチコピー+ロゴ画像データ

「実業之日本社文庫GROW」キャッチコピー+ロゴ画像データ

「実業之日本社文庫GROW」は、ライト文芸ジャンルの小説を提供する文庫です。

キャッチコピーは、「きっと見つかる、大切なもの。」。10代後半~20代の男女を主な読者ターゲットとし、ピュアな心で自分らしい生き方や居場所を求め、「自分探し」を続ける若者たちへ、希望や共感を分かち合える小説を贈ります。

 
“GROW(グロウ=成長)”というネーミングには、この1冊を読むことが、その人の「心の成長」へと繋がりますように、という願いが込められています。「気づき、心の変化、心の成長」を提供していきます。

 
<執筆作家陣について>

「実業之日本社文庫GROW」では、ヒット作家たちが紡ぐ、新しい時代の物語を目指します。

『いつか、眠りにつく日』のいぬじゅんさん、
『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』の沖田円さん、
『嫁の遺言』の加藤元さん、
『君が涙を忘れる日まで。』の菊川あすかさん、
『記憶喪失の君と、君だけを忘れてしまった僕。』の小鳥居ほたるさん、
『交換ウソ日記』の櫻いいよさん、
『天国までの49日間』の櫻井千姫さん、
『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』の汐見夏衛さん、
『十の輪をくぐる』の辻堂ゆめさん、
令和小説大賞にて『負けるための甲子園』で選考委員特別賞受賞の谷山走太さん

…ほか、若者の心を掴んで離さない、人気の執筆陣が参加予定です。

 

スタートアップ第一弾は3作品 2021年4月8日(木)発売!

『雲雀坂の魔法使い』書影

『雲雀坂の魔法使い』書影

 
◆『雲雀坂(ひばりざか)の魔法使い』 著:沖田円(おきた・えん)さん/カバーイラスト:しまざきジョゼさん

人生で大切な全てがここに。心に沁みる、涙と希望の物語!

 
<あらすじ>

ある町の片隅に、少女のような風貌の魔法使い・翠(すい)が営む『雲雀坂魔法店』がある。その店を訪れるのは、人知れぬ悲しみや孤独、後悔を抱えた人々。幼馴染との関係に苦しむ女子中学生、余命わずかの画家、物語が書けない小説家……。翠は、彼女らの心の奥底に眠る「真実」を感じ取り、希望へと繋ごうとするが――。読むたびに涙あふれる珠玉のストーリー。

 
≪著者プロフィール≫

愛知県安城市出身。2012年『一瞬の永遠をキミと』でデビュー。

2015年末に刊行した『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』は累計24万部を突破しコミカライズされた。2018年には、『千年桜の奇跡を、きみに ~神様の棲む咲久良町~』(原題『咲久良町シンフォニー』)がポプラ社ピュアフル小説大賞で金賞受賞。その他、『春となりを待つきみへ』『神様の願いごと』『猫に嫁入り ~黄泉路横丁の縁結び~』などヒット作多数。その切なくも心温まる作品世界には熱狂的ファンが多い。

『今、きみの瞳に映るのは。』書影

『今、きみの瞳に映るのは。』書影

 
◆『今、きみの瞳に映るのは。』 著:いぬじゅんさん/カバーイラスト:hikoさん

瞳(レンズ)から始まる想定外の物語。世界が震撼のラストは圧巻!

 
<あらすじ>

一ノ瀬美姫(いちのせみき)は、その派手な名前に反して地味な高校生。ところが地元テレビ局の番組で突然、美姫は主役に抜擢されてしまう。それは高校を舞台にした超絶リアリティーショーで、関係者全員がコンタクトカメラという小型機械を瞳に入れ、視聴覚の全てを記録するという実験的な企画だった。だが、その裏には信じられないような本当(リアル)が隠れていて……!?

 
≪著者プロフィール≫

奈良県出身、静岡県浜松市在住。2014年『いつか、眠りにつく日』で第8回日本ケータイ小説大賞を受賞し作家デビュー。同作はシリーズ累計20万部を超えるベストセラーに。

2019年『この冬、いなくなる君へ』で第8回静岡書店大賞「映像化したい文庫部門」大賞を受賞。他に『夢の終わりで、君に会いたい。』『今夜、きみの声が聴こえる』『奈良まちはじまり朝ごはん』『無人駅で君を待っている』など人気作品多数。持ち味の“どんでん返し×泣けるヒューマンファンタジー”には根強いファンを持つ。

『負けるための甲子園』書影

『負けるための甲子園』書影

 
◆『負けるための甲子園』 著:谷山走太(たにやま・そうた)さん/カバーイラスト:中村至宏さん

目的は甲子園で負けること!?その裏に潜む驚愕の真実とは……

 
<あらすじ>

甲子園の決勝戦。野球部のエースでピッチャーの筧啓人(かけいひろと)は失投からホームランを打たれ負けてしまう。だが、その見返りに彼は1,000万円を手に入れていた!不可解な失投を問いただしたキャッチャーの矢久原純平(やくはらじゅんぺい)は、啓人に怪しげな店へ連れて行かれる。啓人の目的は、とある「人間」を買いに来ることだった……!?

第1回令和小説大賞で選考委員特別賞受賞の超感動作!

 
≪著者プロフィール≫

千葉県出身。東洋大学経営学部経営学科卒業。第12回小学館ライトノベル大賞の優秀賞受賞作『ピンポンラバー』にて作家デビュー。

本作『負けるための甲子園』は第1回令和小説大賞にて選考委員特別賞を受賞。

 
【2021年6月発売ラインナップ予定】

◎櫻井千姫さん著『16歳の遺書』

◎櫻いいよさん著『ただいま、てのひらの砂の家』

◎辻堂ゆめさん著『初恋部 恋はできぬが謎を解く』

※タイトルは変更の可能性があります。

 

雲雀坂の魔法使い (実業之日本社文庫)
沖田 円 (著)

最高に切なく温かい奇跡!
沖田円、渾身の物語!
この感動、心に突き刺さり号泣!

人生で大切な全てがここに。
心に沁みる、涙と希望の物語!

今、きみの瞳に映るのは。 (実業之日本社文庫)
いぬじゅん (著)

恋も愛も、こんなに醜い。驚愕の青春サスペンス!!
いぬじゅん史上最高の超どんでん返し!
ラスト、《ありえない》真実が!?

瞳(レンズ)から始まる想定外の物語。
世界が震撼のラストは圧巻!

負けるための甲子園 (実業之日本社文庫)
谷山 走太 (著)

愛と涙の青春の果てに――
誰も知らない衝撃の奇跡。

第1回令和小説大賞選考委員特別賞受賞!!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です