本のページ

SINCE 1991

小説家・千早茜さん「大人げなくてかっこいい」食エッセイ第2弾『しつこく わるい食べもの』刊行 文筆家・岡田育さんの対談を「HB」で公開

千早茜さん著『しつこく わるい食べもの』

千早茜さん著『しつこく わるい食べもの』

小説家・千早茜さん著『しつこく わるい食べもの』が、ホーム社より刊行されました。異色の食エッセイ『わるい食べもの』(通称「わるたべ」)シリーズの第2弾です。

 

『男ともだち』『犬も食わない』の千早茜さんが放つ「大人げなくてかっこいい」食エッセイ第2弾!

ハンニバル・レクター博士に憧れ、炊飯器を擁護し、要らぬ助言に噛みつき、よく腹を下す。そんな偏屈でめんどくさい食いしん坊作家の自由な日常にも、 ひたひたと押し寄せるコロナ禍のうねり。否応なく侵食され、ゆらぐ日常にとまどい悩みながらも、 著者は「書き続ける」ことを選んだ。時間がたつと忘れてしまう、今このときの感覚や食の風景を記録するために──。

「いいさ、いいさ、いまくらい好きなものを食べるがいいさ」
あなたの欲望を肯定する、ひねくれものからの力強い応援歌です!

 
【内容紹介】
◎闇鍋と同じくらいトンカツ屋が怖い……「闇カツ」
◎「持たない暮らし」で炊飯器を捨てる人にもの申す……「台所の妖怪」
◎人が一心不乱に食べる姿ってエロすぎる……「パフェが一番エロい。」
◎緊急事態宣言下のお取り寄せで一線を越えてしまった……「異世界への黒い扉」
◎マスク生活は、世界が半分になったみたい……「鼻で食う」など全35話

前作に続き、装画は洋菓子「フランセ」や「キャラメルゴーストハウス」のイラストで有名な北澤平祐さんが担当。本文にも挿画(モノクロ)17点を収録。

 
◆書評:書評家・吉田伸子さん(ホーム社文芸図書 WEB サイト「HB」2021/2/26掲載より抜粋)

あぁ、そうか、千早さんの核にあるのは、「自由」なのだ。前作『わるたべ』の続編である本書を読んで、そのことを思う。
千早さんは、書く。「できるなら『おいしい』以外の言葉で食べものを人に勧めたい」と。そこには、自らが自由を欲するのと同時に、何かを押し付けることで、他者の自由を奪いたくない、他者の自由を尊重したい、という千早さんの姿勢、がある。
食に関するエッセイでありつつ、本書は実は、千早茜という作家の精神のエッセイ、なのである。

 

『しつこく わるい食べもの』刊行記念!千早茜さんと文筆家・岡田育さんの対談を公開

『しつこく わるい食べもの』の刊行を記念して、ホーム社文芸図書WEBサイト「HB」で、千早茜さんと文筆家・岡田育さんの対談が掲載されます。3月1日(月)より全5回連続公開。

★ホーム社文芸図書WEBサイト「HB」:https://hb.homesha.co.jp/

 
また本書の元になったHB連載「しつこく わるい食べもの」が一部試し読みできます。

★HB連載「しつこく わるい食べもの」:https://hb.homesha.co.jp/m/m0c0898d3bbee

 

著者プロフィール

著者の千早茜(ちはや・あかね)さんは、1979年生まれ。北海道出身。小学生時代の大半をアフリカで過ごす。立命館大学文学部卒業。2008年『魚神』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。同作で泉鏡花文学賞受賞。2013年『あとかた』で島清恋愛文学賞を受賞、直木賞候補。2014年『男ともだち』が直木賞と吉川英治文学新人賞候補。

著書に『西洋菓子店プティ・フール』、『犬も食わない』(尾崎世界観さんと共著)、『透明な夜の香り』など。

 

しつこく わるい食べもの
千早 茜 (著)

いいさ、いいさ、いまくらい好きなものを食べるがいいさ。
驚愕と共感の声がどしどし寄せられた食エッセイ、シリーズ第2弾!

ハンニバル・レクター博士に憧れ、炊飯器を擁護し、要らぬ助言に噛みつき、よく腹を下す。そんな偏屈でめんどくさい食いしん坊作家の自由な日常は、否応なくコロナ禍に侵食されていく。それでも――。あなたとわたしの欲望を肯定する、ひねくれものの力強い応援歌。人気イラストレーター・北澤平祐氏の挿画も多数収録。

■既刊
わるい食べもの (単行本)

【各氏絶賛!!】
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
チハヤは、見た目こそお洒落さんだが、中身は偏屈なジジイだ。
彼女が自分を基準に普通だと思っていることは、たいがいおかしい。
そんなチハヤがあるとき真顔で、
「エッセイってどう書くのかわからなくて……」と言った。
何を言ってるんだ、こんな凄いものを書いておいて。
千早茜はやっぱりおかしい。―― 作家・村山由佳
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
ユーモラスな毒と愛を持って綴られた食べ物たちは、
驚くほど魅惑的だ。
千早茜さんのエッセイは、日常的な食事さえも、
特別な一口に変えてしまう。―― 作家・島本理生
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 
【関連】
HB ホーム社文芸図書WEBサイト
連載 千早茜 しつこくわるい食べもの|HB ホーム社文芸図書WEBサイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です