本のページ

SINCE 1991

山田詠美さん×内田春菊さん『タイニーストーリーズ』刊行 「元彼の結婚式に招待された。当日、私が選んだ服は……」 主人公の復讐劇が、あまりに衝撃的で話題に

山田詠美さん原作・内田春菊さん作画 『タイニーストーリーズ』

山田詠美さん原作・内田春菊さん作画 『タイニーストーリーズ』

山田詠美さんの短編集『タイニーストーリーズ』(文春文庫)を、『南くんの恋人』『ファザーファッカー』等を手がけた内田春菊さんがコミカライズした短編コミック集『タイニーストーリーズ』が、文藝春秋より刊行されました。

 

あなたのまわりにもいる…… 可愛いけれど、腹の底が読めない女たち

モデルとして活躍する美しく賢い従姉と、短大を出ても就職できなかった要領の悪い「私」。20年近く続いた完璧な主従関係の裏で、「私」は従姉の見えないところで復讐の機会を窺っていて……。

女友達の関係性の変化を描いた『宿り木』は、連載媒体の「文春オンライン」で話題になり、一晩で160万PVを突破しました。

そのほか、『モンブラン、ブルーブラック』『催涙雨』『百年生になったら』『LOVE 4 SALE』『ブーランジェリー』の短編5本を収録。

女性たちの性愛、家庭、友情を描いた、大人のための短編コミック集です。

 

山田詠美さん、内田春菊さんのコメント

 
◆山田詠美さん

「原作をはみ出した内田さんの漫画の魅力を味わってもらえたら。私がボールを静かに置いたとしたら、内田さんが弾ませてくれた、みたいな躍動感があります。」

 
◆内田春菊さん

「6つの物語の中にたくさんの人達の人生の悲しみ、喜び、ヒント、そしてエロスが詰まっています。漫画にしていてとても楽しかったので、ぜひお読みください。」

 
※なお、お二人の対談記事が1月29日(金)に「文春オンライン」で公開されます。
★URL:https://bunshun.jp/articles/-/42539

 

著者プロフィール

 
■山田詠美(やまだ・えいみ)さん

1959年、東京都生まれ。1985年『ベッドタイムアイズ』で文藝賞を受賞し、デビュー。

1987年に『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞、2001年『A2Z』で読売文学賞、2005年『風味絶佳』で谷崎潤一郎賞を受賞。

 
■内田春菊(うちだ・しゅんぎく)さん

1959年、長崎県生まれ。1984年に漫画家デビュー。

1993年発表の初めての小説『ファザーファッカー』が大ベストセラーとなり、漫画『私たちは繁殖している』とあわせて、第4回Bunkamura ドゥマゴ文学賞を受賞。2018年、大腸がんと人工肛門(ストーマ)生活について描いた『がんまんが』『すとまんが』を発表し、話題を呼ぶ。俳優、歌手でもある。

 

タイニーストーリーズ
山田 詠美 (原著), 内田 春菊 (著)

「ささやかに、ふしだら。女のカラダには、事情と物語があるのです。」(壇蜜)

官能的で衝撃的な結末。
山田詠美(原作)と内田春菊(マンガ)による、6人の女性の物語。

憧れの小説家と特別な関係になったけど……自分の人生が作品に侵食される恐怖。「モンブラン、ブルーブラック」
アルコール依存症で倒れ、入院した夫を見舞う妻。そこで出会った青年との交流……。「催涙雨」
美しい従姉に見下されながらも、喜んで付き従う主人公の本性は?「宿り木」
ある事件がきっかけで一念発起し、みるみるうちに若返っていく母親。「百年生になったら」
お金持ちになりたい!稼ぐために夜の街を転々とする女性が恋に落ちた相手は?「LOVE 4 SALE」
パン屋を営む寡黙な男性との性愛と、その意外な顛末。「ブーランジェリー」

個性豊かな男女による先の読めないストーリーは読者を惹きつけ、「文春オンライン」で累計337万PVを突破。
女たちの性愛、家庭、友情を描いた、大人のための短編集。

■原作小説

タイニーストーリーズ (文春文庫)
山田 詠美 (著)

当代随一の書き手がおくる、宝石箱のような短編小説集。アメリカ人兵士との恋愛を描く「GIと遊んだ話」から、街に立つ電信柱がその心情を語る「電信柱さん」まで21種のまったく異なる感情の揺らめきが、それぞれにまばゆい光を放ちます。ささやかなのに心をとらえて離さない、極上の物語たちをご堪能ください。

 
【関連】
「キュートでセクシーだけど、底知れない怖さがある」山田詠美と内田春菊が語る、短編小説・マンガ制作の極意 | 文春オンライン

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です