本のページ

SINCE 1991

ノーベル文学賞作家×小梅けいとさん『戦争は女の顔をしていない』第2巻刊行記念!朗読PVを公開 高山みなみさん、田中敦子さん、水田わさびさんが共演

ノーベル文学賞作家×小梅けいとさん『戦争は女の顔をしていない』第2巻刊行

ノーベル文学賞作家×小梅けいとさん『戦争は女の顔をしていない』第2巻刊行

KADOKAWAは、ノーベル文学賞作家・スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチさんの名著を、『狼と香辛料』で知られる小梅けいとさんがコミカライズしたコミック版『戦争は女の顔をしていない』の第2巻を刊行。これを記念して、声優・高山みなみさん、田中敦子さん、水田わさびさんらが出演する朗読PVも公開されました。

 

業界に衝撃が走った異例のヒット作の続編が発売!

狙撃兵、軍医、書記、斥候、飛行士―― のちにノーベル文学賞を受賞する、ベラルーシ出身のジャーナリスト、スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチさんは、500人以上の独ソ戦従軍女性を取材、その内容を『戦争は女の顔をしていない』としてまとめました。

 
20世紀を代表するこの傑作ノンフィクションが、日本で衝撃のコミック化。作画は「狼と香辛料」シリーズの小梅けいとさん、旧ソ連事情に造詣の深い速水螺旋人さんを監修に迎え、2019年からWEB上で連載を開始、2020年1月に第1巻が発売されました。

”ノーベル文学賞作家のノンフィクションを漫画化”という業界でも異例の取り組みは、すぐに大きな反響を呼びました。

 
BuzzFeed Japan、読売新聞、毎日新聞、北海道新聞、しんぶん赤旗、週刊東洋経済、朝日新聞、サンデー毎日、朝日中高生新聞、anan、UOMO、婦人公論、週刊朝日、東京新聞、共同通信、日経エンタテインメント!、「このマンガがすごい!2021」ほか、新聞・雑誌・ニュースサイト等で相次ぎ紹介されています。

 
第2巻では、アレクシエーヴィチさん自身がなぜ女性たちの証言をまとめて本を作ろうと思い至ったのか、その経緯も語られます。

単なる「数字」「記録」としての戦争ではなく、女性たちとの対話の中で語られる「日常」「体感」としての戦争を、アレクシエーヴィチさん自身が拾い上げて紡ぎ、明らかにした「戦争のもう一つの顔」。

2020年末、国境を越え、この日本で新たな姿を得た彼女たちが、紙面を通して再び口を開きます。

第8話より 著者スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチの執筆日誌

第8話より 著者スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチの執筆日誌

左:第9話より 狙撃兵マリヤ・イワーノヴナ・モローゾワ(イワーヌシュキナ)兵長の話 右:第11話より 戦車大隊衛生指導員ニーナ・ヤーコヴレヴナ・ヴィシネフスカヤ曹長の話

左:第9話より 狙撃兵マリヤ・イワーノヴナ・モローゾワ(イワーヌシュキナ)兵長の話 右:第11話より 戦車大隊衛生指導員ニーナ・ヤーコヴレヴナ・ヴィシネフスカヤ曹長の話

 
★試し読み:https://comic-walker.com/viewer/?tw=2&dlcl=ja&cid=KDCW_AM00000019010001_68
★作品Twitter公式アカウント:https://twitter.com/unwomanlyfofw

 

豪華キャスト陣による朗読PVが完成!

左から、声優の田中敦子さん、高山みなみさん、水田わさびさん

左から、声優の田中敦子さん、高山みなみさん、水田わさびさん

第1巻のラストを飾る7話のエピソードが朗読PVになりました。

 
カメラ越しに戦場を見つめた書記・ヴィレンスカヤ軍曹に田中敦子さん、
ソ連初の女性機関士として戦場を駆け抜けたアレストワ機関士に高山みなみさん、
「戦争で一番恐ろしかったこと」を語る射撃手のアフメートワ二等兵に水田わさびさん。

…それぞれの視点で「戦争」を語る三人の女性たちを熱演しています。

 
【キャスト(登場順)】

◎ヴィレンスカヤ軍曹:田中敦子さん
◎女性兵士:楠木ともりさん
◎アレストワ機関士:高山みなみさん
◎操車場長/ラジオ放送:古賀明さん
◎男性乗客:菅原慎介さん
◎ワーニャ:小林千晃さん
◎息子:花守ゆみりさん
◎アフメートワ二等兵:水田わさびさん
◎ナレーション:田中敦子さん

 

 

戦争は女の顔をしていない 2
小梅 けいと (著), スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ (原著), 速水 螺旋人 (監修)

第二次世界大戦の真実を明らかにする……

500人以上の従軍女性を取材し、その内容から出版を拒否され続けた、ノーベル文学賞受賞作家の主著。『狼と香辛料』小梅けいとによるコミカライズ、第2巻が登場。

■既刊(第1巻)

戦争は女の顔をしていない 1
小梅 けいと (著), スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ (原著), 速水 螺旋人 (監修)

第二次世界大戦の真実を明らかにする……

「一言で言えば、ここに書かれているのはあの戦争ではない」……500人以上の従軍女性を取材し、その内容から出版を拒否され続けた、ノーベル文学賞受賞作家の主著。『狼と香辛料』小梅けいとによるコミカライズ。

■原作(日本語版)

戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫)
スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ (著), 三浦 みどり (翻訳)

ソ連では第二次世界大戦で100万人をこえる女性が従軍し、看護婦や軍医としてのみならず兵士として武器を手にして戦った。しかし戦後は世間から白い目で見られ、みずからの戦争体験をひた隠しにしなければならなかった――。500人以上の従軍女性から聞き取りをおこない戦争の真実を明らかにした、ノーベル文学賞受賞作家のデビュー作で主著。(解説=澤地久枝)

 
【関連】
『戦争は女の顔をしていない』朗読PV (高山みなみ、田中敦子、水田わさび ほか出演) – YouTube

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です