本のページ

SINCE 1991

『美術手帖』が有料会員サービス「美術手帖プレミアム」をリリース 70年前の記事も読める!

『美術手帖』が有料会員サービス「美術手帖プレミアム」をリリース

『美術手帖』が有料会員サービス「美術手帖プレミアム」をリリース

1945年創刊の『美術手帖』を発行する美術出版社は、新たにサブスクリプションサービス「美術手帖プレミアム」(https://bijutsutecho.com/lp/premium_2020/)をリリースしました。本物の「アート思考」を手に入れるためのコンテンツを届けます。

 

オリジナルコンテンツのほか、雑誌『美術手帖』70年以上分のバックナンバーから選りすぐりのコンテンツをデジタル配信!

 
<美術手帖プレミアムの主なサービス>

◆70年以上の歴史を持つ雑誌『美術手帖』貴重なバックナンバーをデジタルで配信

雑誌『美術手帖』の創刊号から最新号までのなかから、選りすぐりのコンテンツをデジタル化し、定期的に掲載します。岡本太郎さんが1957年に記したエッセイ「何のために絵を描くか」をはじめ、オノ・ヨーコさん、奈良美智さん、村上隆さん、草間彌生さんといったスターアーティストたちの貴重な過去のインタビューも掲載。毎月定期的に配信します。

【配信記事例】
◎岡本太郎「何のためにために絵を描くか」(1957年5月号)
◎ヴェネチア・ビエンナーレ初個展の裏側。草間彌生インタビュー「クサマがクサマであるために」(1993年6月号「草間彌生」特集)
◎画家自身の子供時代と、描かれた子供について語る。奈良美智インタビュー(1995年7月号)
◎「KUSAMA」をつくったニューヨーク時代を語る。草間彌生インタビュー(2002年9月号)?
◎21世紀の入り口に、平和のメッセンジャーが語ったこと。オノ・ヨーコインタビュー(2003年11月号)

 
◆有料会員限定のウェブオリジナル記事を配信

キュレーターによる展覧会解説や、注目の常設展を紹介するコンテンツのほか、脳科学者・中野信子さんによる対談連載などアートマーケットをより深く知るための有料会員限定コンテンツを定期的に配信。美術館ファンからマーケットやアートコレクションに興味のある方まで楽しむことができます。

【配信記事例】
◎Curator’s Voice:「石岡瑛子展」
◎現代美術コレクターへの道:第1回
◎あの人のアートコレクションが見たい!:第1回

 
<利用料金(税込)>

美術手帖プレミアムは年額と月額の2プランが用意されています。

 
<リリースキャンペーン>

(1) 年額プランの利用料金を通常3600円→1980円に割引!
(2) 雑誌『美術手帖』2020年のバックナンバー5号分を無料開放!

 

ウェブ版「美術手帖」とは

ウェブ版「美術手帖」は、アートニュースを中心としたウェブメディアです。

アーティストのインタビューや論考などのほか、全国の美術館・ギャラリーの展覧会情報を紹介する「EXHIBITHIONS」、国内外のアーティストを紹介する「ARTISTS」、美術館・ギャラリーの基本情報を網羅した「MUSEUMS / GALLERIES」、美術用語を専門家が解説する「ARTWORDS」などのコンテンツを掲載しています。

 
【関連】
美術手帖PREMIUM
美術手帖

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です