本のページ

SINCE 1991

「文春砲」に直撃取材!柳澤健さん『2016年の週刊文春』が刊行 週刊誌とスクープの現場を描いたノンフィクション

柳澤健さん著『2016年の週刊文春』

柳澤健さん著『2016年の週刊文春』

柳澤健さん著『2016年の週刊文春』が、光文社より刊行されました。

 

いま、日本で最も恐れられる雑誌と愚直な男たちの物語

本書は、新谷学さん(文藝春秋執行役員、週刊文春編集局長)、花田紀凱さん(元週刊文春編集長)というふたりの名編集長への徹底取材を軸に、昭和~平成~令和の週刊誌とスクープ現場を描く痛快無比のノンフィクションです。

 
500ページに及ぶボリュームで、

◎週刊文春創刊
◎田中角栄研究(月刊文藝春秋)
◎疑惑の銃弾(三浦和義氏ロス疑惑)
◎綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件
◎地下鉄サリン事件

などから、いわゆる2016年の文春砲

◎ベッキー不倫騒動
◎甘利大臣金銭授受疑惑
◎『絶歌』の元少年A

そして最後は今年の

◎財務省職員赤木俊夫さん遺書

まで、さまざまなスクープの舞台裏を関係者・記者・編集者に取材した作品です。

 

本書の目次

序章 編集長への処分

第一章 会えば元気になる男

第二章 週刊誌記者

第三章 疑惑の銃弾

第四章 花田週刊

第五章 マルコポーロ事件

第六章 殺しの軍団

第七章 二〇一六年の『週刊文春』

最終章 文春オンライン

あとがきにかえて――二〇二〇年の『週刊文春』

 

著者プロフィール

著者の柳澤健(やなぎさわ・たけし)さんは、1960年東京都生まれ。ノンフィクションライター。

慶應義塾大学法学部卒業後、空調機メーカー勤務を経て文藝春秋に入社。花田紀凱編集長体制の『週刊文春』や設楽敦生編集長体制の『スポーツ・グラフィック ナンバー』編集部などに在籍し、2003年に独立。

2007年刊行のデビュー作『1976年のアントニオ猪木』は高い評価を得た。主な著書に『1985年のクラッシュ・ギャルズ』『日本レスリングの物語』『1964年のジャイアント馬場』『1984年のUWF』『1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代』がある。

 

2016年の週刊文春
柳澤健 (著)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です