本のページ

SINCE 1991

【第21回現代短歌新人賞】カン・ハンナさん『まだまだです』が受賞

第21回現代短歌新人賞が決定!

第21回現代短歌新人賞が決定!

さいたま市は、歌壇に新風をもたらす歌人を表彰する「第21回現代短歌新人賞」の受賞作を発表しました。

 

第21回現代短歌新人賞が決定!

第21回現代短歌新人賞の選考会が12月6日に開催され、次の通り受賞作品が決定しました。

 
<第21回現代短歌新人賞 受賞作品>

カン・ハンナさん
『まだまだです』(角川文化振興財団)

 
選考委員は、篠弘さん(歌人)、高橋順子さん(詩人)、小池光さん(歌人)、栗木京子さん(歌人)、米川千嘉子さん(歌人)。

 
【選考委員講評】
「来日して八年の著者が、日本における生活に順応し、定型詩の短歌に熟達された、珍しい成果。異文化をマスターしていく苦悩と熱情が、じつにみずみずしく表現され、この歌集は、歌壇を超えて愛読されるにちがいない。」

 
【カン・ハンナさんコメント】
この度は素敵な賞を頂き、誠にありがとうございました。
選考委員の先生方、NHKの関係様、事務所の方々にも深くお礼申し上げます。そして歌集『まだまだです』を読んでくださり、応援してくださったたくさんの方々にも感謝申し上げます。
私は日本の奥深い文化に興味を持ち、2011年に日本に来ました。その当時の私は日本語を一言も喋れず、日本に一人の知り合いもいませんでした。そんな私は運命のように短歌と出会い、一生懸命に頑張るだけ、気づいたらここまで来れました。本当に本当に嬉しく思っております。本当の始まりはこれからかもしれません。1300年の短歌の歴史の中、母国語じゃない初めての歌人になりましたが、心から短歌を尊敬し愛する外国人歌人として誠実に頑張っていけたらと思います。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

カン・ハンナさん プロフィール

カン・ハンナさんは、1981年ソウル生まれ。淑明女子大学校卒業。韓国でニュースキャスター、経済専門チャンネルMCやコラムニストなどを経て、2011年に来日。2017年に第63回角川短歌賞次席など、入賞を重ねる。

大学院の博士課程で日韓関係を学びながら、NHK Eテレ『NHK短歌』レギュラー出演。テレビ東京『未来世紀ジパング』で韓国事情を語るなど多方面で活動中。

 
【作歌活動】
平成26年~現在:『短歌 de 胸キュン』『NHK 短歌』レギュラー出演
平成28年:角川短歌賞佳作
平成29年:角川短歌賞次席
平成30年:角川短歌賞佳作
令和元年:第一歌集『まだまだです』上梓

 

現代短歌新人賞について

現代短歌新人賞は、日本現代短歌界の振興と、さいたま市民の文学活動の充実を図るために、歌壇に新風をもたらす方を表彰し、新人歌人の発掘・支援を行うことを目的とする短歌賞です。さいたま市・さいたま市教育委員会が主催、月刊誌『ミセス』(文化出版局)が協賛、文化庁・埼玉県・埼玉県教育委員会が後援。

有識者(歌人等約180名)を対象としたアンケートを行い、多くの推薦を受けた歌集および、選考委員が推薦する歌集を併せて、選考会にて決定します。

第21回は、令和元年10月1日から令和2年9月30日までに刊行された、原則として第一歌集を対象としています。

 

表彰式及び特別講演について

■日時:令和3年3月7日(日) 14時~16時(13時開場)

■会場:大宮ソニックシティビル4階「市民ホール」(JR大宮駅西口)

■特別講演:米川千嘉子さん「大西民子と現代」

■定員:180名(要・事前申込み)

■費用:無料

■申込期間:令和3年2月3日(水)~令和3年2月26日(金)

■申込方法
◎さいたま市ホームページ:「第21回現代短歌新人賞表彰式・特別講演のお知らせ」(https://www.city.saitama.jp/003/003/001/p069204.html)から申込み
◎電話又はFAXで申込み:参加者全員の氏名、代表者の電話番号を生涯学習振興課へ(TEL:048-829-1705/FAX:048-829-1989)
※定員に達した場合は、参加できない方のみに連絡します。

 

歌集 まだまだです
カン・ハンナ (著)

ケータイに斉藤がいて齋藤と齊藤もいる来日六年

きれいな日本語をありがとう。異国に暮らす期待や不安を、持ち前の負けん気と知性で、良質な「日本語」の詩に変換する。こんなに透き通った日本語は日本人でも書けないだろう。

私らしく生きていくための短歌。詠むことで見つめ直す日本での暮らし。運命のように出会った短歌が私を変えた。私よりも私らしい本当の私が見えてくる。韓国から日本に来て8年。角川短歌賞次席を経て堂々デビュー。待望の第一歌集。

 
【関連】
さいたま市/(令和2年12月21日記者発表)第21回現代短歌新人賞が決定しました!
さいたま市/第21回現代短歌新人賞表彰式・特別講演のお知らせ
『まだまだです』秀歌抄出三十首〔PDF〕

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です