本のページ

SINCE 1991

「魔法のiらんど」×『週刊ヤングジャンプ』コラボ企画『少年のアビス』短編小説コンテストの受賞作が決定! 大賞作品を元にした峰浪りょうさんの描き下ろし漫画も同時公開

「魔法のiらんど」×『週刊ヤングジャンプ』コラボ企画『少年のアビス』短編小説コンテストの受賞作が決定!

「魔法のiらんど」×『週刊ヤングジャンプ』コラボ企画『少年のアビス』短編小説コンテストの受賞作が決定!

KADOKAWAが運営する小説投稿サイト「魔法のiらんど」(https://maho.jp/)は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の人気コミック『少年のアビス』(著:峰浪りょうさん)との合同企画「短編小説コンテスト」を10月2日より開催。今月18日に、200作品以上の応募作品の中から「大賞」「部門賞(イラストお題部門)」「部門賞(テーマお題部門)」の受賞作品が決定しました。

 

『少年のアビス』短編小説コンテスト 開催概要

■募集内容
“私のアビス(深淵)”を題材とした「テーマお題」と、『少年のアビス』漫画内のワンシーンから自由に連想する「イラストお題」の2部門を設置。各部門の題目から連想したオリジナル小説や応募者自身の体験を綴ったエッセイなど、ジャンルを問わず幅広い作品を募集。

■募集受付期間:2020年10月2日(金)13:00 ~ 2020年10月30日(金)13:00投稿分まで

■応募方法:「魔法のiらんど」BOOK機能から、上記の募集期間中、応募作品にテーマお題専用のタグを付けて投稿

■賞・賞品
<大賞> 1名
作品を元に、峰浪りょうさんが短編漫画を描き下ろし、「魔法のiらんど」等で発表
<部門賞> 各部門1名
『少年のアビス』複製原画
<参加賞> 10名
残念ながら受賞されなかった方の中から抽選で10名に、「峰浪りょう先生の直筆サイン入りミニ色紙」を進呈

■主催:株式会社集英社/株式会社KADOKAWA

★特設サイト:https://maho.jp/special/entry/collab-abyss

 

『少年のアビス』短編小説コンテスト 受賞作品

 
◆大賞受賞
『今日が命日』著者:今嶌ろねさん
【作品リンク先:https://maho.jp/works/15591074771453591864

 
≪大賞作品を元にした、峰浪りょうさんの描き下ろし漫画公開中!≫
【リンク先:https://maho.jp/special/entry/collab-abyss/kyogameinichi

◆部門賞(イラストお題部門)
『泡立つ呼吸で息をつむぐ』著者:酢さん
【作品URL:https://maho.jp/works/15591074771453685150

◆部門賞(テーマお題部門)
『極彩色のBLACKには未だなれない』著者:白井六穂さん
【作品URL:https://maho.jp/works/15591074771453697541

 

『少年のアビス』について

(c)峰浪りょう

(c)峰浪りょう

『週刊ヤングジャンプ』で連載中。12月18日にコミックス3巻が発売に。

何もない地方の町で暮らす男子高校生・黒瀬令児を主人公に描く“スーサイドラブストーリー”。

看護師の母、引きこもりの兄、認知症の祖母と4人暮らしをしている令児は、母親に楽をさせるため、そこそこの成績ながら大学に進学せず高校卒業後に就職することを希望していた。

自分の人生が町に縛り付けられていることを理解し、このままただなんとなく生きていくのだろうと考えていた令児だが、ハマっているアイドルグループ・アクリルのメンバーである青江ナギが町のコンビニでバイトをしていることを知る。ナギと親しくなり、「一生の自慢にします」と喜ぶ令児に対し、彼女は2人で心中しようかと持ちかけるが……。

(c)峰浪りょう

(c)峰浪りょう

★集英社公式サイト:https://youngjump.jp/manga/boys_abyss/

 

少年のアビス 1 (ヤングジャンプコミックス)
峰浪 りょう (著)

何もない町、変わるはずもない日々の中で、高校生の黒瀬令児は、“ただ”生きていた。家族、将来の夢、幼馴染。そのどれもが彼をこの町に縛り付けている。このまま“ただ”生きていく、そう思っていた。彼女に出会うまでは──。生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイ・ミーツ・ガール、開幕──。

 
【関連】
ヤングジャンプ×魔法のiらんど『少年のアビス』短編小説コンテスト – 特設ページ – 魔法のiらんど

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です