本のページ

SINCE 1991

百人一首に撰ばれた100人の歌人たちの、誰も知らない“しょんぼり”エピソード満載!『しょんぼり百人一首』刊行 失敗や苦労があったからこそ、名歌が生まれた!

天野慶さん著『しょんぼり百人一首 ~それでも愛おしい歌人たち~』(イラスト:イケウチリリーさん)

天野慶さん著『しょんぼり百人一首 ~それでも愛おしい歌人たち~』(イラスト:イケウチリリーさん)

天野慶さん著『しょんぼり百人一首 ~それでも愛おしい歌人たち~』(イラスト:イケウチリリーさん)が、幻冬舎より刊行されました。

 

失恋し、島流しされ、呪われる―― しょんぼりだけど、撰ばれました!

本書は、「百人一首」に撰ばれた100名の歌人たちにまつわる、苦労や失敗エピソードを集めた一冊です。

 
平安時代の歌人と聞くと雅で華やかなイメージですが、実際には大失恋したり、島流しされたり、短歌をけなされたり、100名全員が“しょんぼり”な経験をしています。

歌人たちの、“笑って泣ける”しょんぼりエピソードを読めば、百人一首が100倍あじわい深くなること間違いなし!

 
1話1~2ページ完結で読みやすく、短歌百首と現代語訳も掲載されているので、短歌の意味を理解しながら楽しむことができます。

遠い昔の歌人たちも、私たちのようにいろいろなことに思い悩みながら、それを「歌」にして乗り越え、強く生き抜きました。読者ひとりひとりに寄り添ってくれる歌とエピソードが、きっと見つかるはずです。

【内容例】
<花の色は>の小野小町は、キラキラ美女でも最期はドクロに!?
<瀬をはやみ>の崇徳院は、兄弟げんかに負けて島流しにされる!
<忘らるる>の右近は、元恋人に天罰が下るように祈る!
<めぐり逢ひて>の紫式部は、ベストセラー作家なのに職場になじめない!
<ちぎりきな>の清原元輔は、みんなの前で馬から落ちて恥をかく!

 

著者プロフィール

著者の天野慶(あまの・けい)さんは、1979年、東京・三鷹市生まれ。短歌結社「短歌人」会同人。

かるた『はじめての百人一首』(幻冬舎)考案、NHKラジオ第1『ケータイ歌人』『ラジオ深夜便』出演。小中学生向けのワークショップ、雑誌連載のほか、『ちはやふる』(末次由紀さん/講談社)の93・95首目に短歌を提供するなど、幅広い場で短歌と百人一首の魅力を伝えている。3児の母。

 

しょんぼり百人一首 ~それでも愛おしい歌人たち~
天野 慶 (著), イケウチリリー (イラスト)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です