本のページ

SINCE 1991

新潮社が村上春樹さんの『1Q84』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『騎士団長殺し』など小説8作品を電子書籍化

新潮社が村上春樹さんの『1Q84』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『騎士団長殺し』など小説8作品を電子書籍化

新潮社が村上春樹さんの『1Q84』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『騎士団長殺し』など小説8作品を電子書籍化

新潮社は、村上春樹さんの小説8タイトル計25点の電子書籍版を12月18日より配信します。

BOOK1からBOOK3まですべてミリオンセラーの『1Q84』はもちろん、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』、最新作の『騎士団長殺し』まで、日本だけでなく欧米、アジアなど世界中の人々に愛される作品群を電子書籍化。「合本版」も同時配信されます。

 

村上春樹さんの代表作を一挙に電子書籍化! 壮大なテーマで描かれる長編小説と珠玉の短編小説が、いよいよ電子版で登場

新潮社では、多くのリクエストに応え、これまで電子化されていなかった村上春樹さんの小説8作品を一斉に電子書籍化します。

 
今回配信される長編作品は、若き著者が取り組んだ幻想と冒険が交錯する渾身の長編小説『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、英訳されて村上春樹さんの名を世界に知らしめた壮大な物語『ねじまき鳥クロニクル』、15歳の少年を主人公にその柔らかい魂の旅を描き、村上ファンから熱い支持を受け続ける『海辺のカフカ』、そして社会現象ともなり、3巻すべてがミリオンセラーとなった青豆と天吾の愛の物語『1Q84』BOOK1~BOOK3、さらには謎と暗喩に満ちたある画家の運命的な物語『騎士団長殺し』――世界文学に名を連ねる代表作5作品が電子書籍で登場です。

 
短編集3作も、強力です。『螢・納屋を焼く・その他の短編』に収録される「螢」は、名作『ノルウェイの森』の一部となった重要な短編であり、「納屋を焼く」も映画化されて、読み継がれてきました。
『神の子どもたちはみな踊る』は神戸で育った著者が、阪神淡路大震災への鎮魂の思いをこめて描いた連作。中でも「かえるくん、東京を救う」は、海外できわめて高い評価を受ける短編の一つです。
また『東京奇譚集』も、映画化された「ハナレイ・ベイ」や「偶然の旅人」「品川猿」など、村上的世界が横溢する名短編5編が並んでいます。

 
今回、長編小説5作品はそれぞれの「合本版」も同日より配信されます。文庫で2~6冊にもなる長編を、コンパクトに携帯できるのは電子書籍ならでは。自宅で過ごすことが多くなりそうなこの年末年始の読書にいかがでしょうか。

 

【電子化対象作品】 ※全て新潮文庫

■電子化対象作品
◎『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(上・下)
◎『ねじまき鳥クロニクル』(第1部 泥棒かささぎ編、第2部 予言する鳥編、第3部 鳥刺し男編)
◎『海辺のカフカ』(上・下)
◎『1Q84』(BOOK1〈4月-6月〉前編・後編、BOOK2〈7月-9月〉前編・後編、BOOK3〈10月-12月〉前編・後編)
◎『騎士団長殺し』(第1部 顕れるイデア編上・下、第2部 遷ろうメタファー編上・下)
◎+上記5作品の合本版
◎『螢・納屋を焼く・その他の短編』
◎『神の子どもたちはみな踊る』
◎『東京奇譚集』

■配信開始日:2020年12月18日(金)
※一部電子書店にて予約受付開始

■配信書店:主要電子書店

■出版社:新潮社

 
<参考>これまでに電子化されている新潮社の村上作品(エッセイ、コンプリート版など)

◎『村上さんのところ コンプリート版』
◎『辺境・近境』(新潮文庫)
◎『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』(新潮文庫)
◎『ポートレイト・イン・ジャズ』(新潮文庫)
◎『みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子 訊く/村上春樹 語る―』(新潮文庫)
◎『村上ラヂオ』(新潮文庫)
◎『村上ラヂオ2―おおきなかぶ、むずかしいアボカド―』(新潮文庫)
◎『村上ラヂオ3―サラダ好きのライオン―』(新潮文庫)
◎『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(新潮文庫)
◎『村上春樹 雑文集』(新潮文庫)
◎『雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行―』(新潮文庫)

《翻訳作品》
◎『ティファニーで朝食を』(新潮文庫)
◎『心は孤独な狩人』

 
★Kindleストア:https://amzn.to/3qIQ9QG

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です