本のページ

SINCE 1991

「Yahoo!検索大賞2020」小説部門賞をカミュ『ペスト』が受賞

アルベール・カミュ著『ペスト』

アルベール・カミュ著『ペスト』

12月9日発表の「Yahoo!検索大賞2020」で、アルベール・カミュ著『ペスト』(新潮文庫)が〈カルチャーカテゴリー 小説部門賞〉を受賞しました。

 

カミュ『ペスト』(新潮文庫)が「Yahoo!検索大賞2020 小説部門賞」を受賞! 昨年の小野不由美さん「十二国記」に続いて新潮文庫が2連覇!

「Yahoo!検索大賞2020」は、ヤフーサイト内で2020年1月1日から11月1日までの期間、前年の同期間に比べて検索数が最も上昇した語を、パーソン(人物)、カルチャー(作品)、プロダクト(製品)、ローカル(地域)の4カテゴリーの各部門ごとに選出し、「今年の顔」として表彰するものです。

 
カルチャーカテゴリーには、アニメ部門、映画部門、ドラマ部門など6部門がありますが、活字文化では唯一の部門である小説部門を『ペスト』が受賞しました。

当該期間に小説としてよく検索され、前年同期間と比べて検索数が急上昇した作品が『ペスト』だったということになります。

 
カミュの『ペスト』は1947年にフランスで発表されました。フランスの植民地だった北アフリカのアルジェリアのオラン市を舞台に疫病ペストが蔓延していく中、人々がそれにどう立ち向かい、どう戦ったかを描いた長編小説です。カミュ33歳の時の作品で、不条理という概念を思想の中心に据えたカミュの真骨頂を示す名作として知られています。

 
『ペスト』刊行より10年後の1957年、カミュは戦後最年少43歳の若さでノーベル文学賞を受賞しました。邦訳版は創元社の編集長であった宮崎嶺雄さんの訳により1950年に刊行。新潮文庫には1955年にまず上下巻の形で収録され、1969年に現在のような一冊本の新版として刊行されています。

コロナ禍の中、あらためて注目を集め、今年2月以降12回にわたって合計36万4000部を増刷、新版の累計部数は96刷125万部となっています。 3月から5月にかけては全国主要書店の文庫部門ベストセラー1位にもランクインしており、翻訳小説の古典的名作がこのような形で脚光を浴びるのは異例のことです。

 
ちなみに、昨年の「Yahoo!検索大賞2019」では、新作『白銀の墟 玄の月』(著:小野不由美さん/新潮文庫)が刊行された「十二国記」シリーズが、同じく〈カルチャーカテゴリー 小説部門賞〉を受賞しています。

今回の『ペスト』の受賞により、同部門は新潮文庫から2年連続の受賞となりました。

 

著者プロフィール

著者のアルベール・カミュは、1913年、アルジェリア生れ。1942年小説『異邦人』などで「不条理」の哲学を打ち出し注目された。

戦後に発表した小説『ペスト』がベストセラーに。1957年、史上2番目の若さでノーベル文学賞を受賞。1960年1月パリ近郊において交通事故で死亡。

 

ペスト (新潮文庫)
カミュ (著), 宮崎 嶺雄 (翻訳)

発表されるや爆発的な熱狂をもって迎えられた、
『異邦人』に続くカミュの小説第二作。

アルジェリアのオラン市で、ある朝、医師のリウーは鼠の死体をいくつか発見する。ついで原因不明の熱病者が続出、ペストの発生である。外部と遮断された孤立状態のなかで、必死に「悪」と闘う市民たちの姿を年代記風に淡々と描くことで、人間性を蝕む「不条理」と直面した時に示される人間の諸相や、過ぎ去ったばかりの対ナチス闘争での体験を寓意的に描き込み圧倒的共感を呼んだ長編。

 
【本書「解説」より】
ペストに襲われ、外部とまったく遮断された一都市のなかで悪疫と戦う市民たちの記録という体裁をとったこの物語において、ペストの害毒はあらゆる種類の人生の悪の象徴として感じとられることができる。死や病や苦痛など、人生の根源的な不条理をそれに置きかえてみることもできれば、人間内部の悪徳や弱さや、あるいは貧苦、戦争、全体主義などの政治悪の象徴をそこに見いだすこともできよう。たしかにこの作品はそういうふうに書かれており、そしてなによりも、終ったばかりの戦争のなまなましい体験が、読者にとってこの象徴をほとんど象徴に感じさせないほどの迫力あるものにし、それがこの作品の大きな成功の理由となったことは疑いがない。
――宮崎嶺雄(訳者)

 
【関連】
Yahoo!検索大賞2020 – Yahoo! JAPAN

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です