本のページ

SINCE 1991

新潟市で「萩尾望都SF原画展」と「坂田靖子 原画展」が開催 コラボ企画も

新潟市では現在、企画展「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」(9/3まで)と、企画展「坂田靖子 原画展~『坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き』出版記念~」(10/10まで)が開催されています。

また、二つの企画展のコラボ企画も実施されています。

 

企画展「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」について

企画展「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」

企画展「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」

萩尾望都さんが”木下司”名義で書いたSF小説『ピアリス』が書籍化された件についての記事でも触れていますが、企画展「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」が新潟市マンガ・アニメ情報館で開催されています。9月3日まで。

 
1969年に『ルルとミミ』でデビュー以降、『ポーの一族』や『トーマの心臓』など不朽の名作を生み、幅広いジャンルを手掛けてきた萩尾望都さん。大島弓子さんなど同時期に人気を集めた漫画家らとともに「花の24年組」と呼ばれ、1970年代の少女漫画黄金期を築きました。

そうした中で1975年に発表された『11人いる!』は、従来の少女漫画では例をみない本格的SF作品として、その華麗なる登場が当時の漫画界に衝撃を与えます。以後、『百億の昼と千億の夜』(原作:光瀬龍さん)、『スター・レッド』、『マージナル』、『バルバラ異界』などの名作を世に送り出し、今も多くのファンを魅了してやみません。

本展覧会では、日本の少女漫画史におけるSFの黎明期を担った萩尾望都のカラーイラストレーション、コミック生原稿など、約400点のSF原画が大集合。惑星に魅入られた奇跡の漫画家・萩尾望都さんが描きだした星々が煌く、夢の展示空間が実現します!

 
【開催概要】
●会期:2017年7月15日(土)~9月3日(日)
●会場:新潟市マンガ・アニメ情報館
●開館時間:午前11時~午後7時(※土・日・祝日は午前10時~、入場は閉館の30分前まで)
●観覧料:<当日券>一般 900円/中高校生 600円/小学生 200円(※土・日・祝日は小中学生無料)

★新潟市マンガ・アニメ情報館 萩尾望都SF原画展HP:http://museum.nmam.jp/2017/06/01/hagiomotosf/
★萩尾望都SF原画展公式サイト:http://hagiomoto-sf.com

 

企画展「坂田靖子 原画展~『坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き』出版記念~」について

企画展「坂田靖子 原画展~『坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き』出版記念~」

企画展「坂田靖子 原画展~『坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き』出版記念~」

新潟市マンガの家では、7月13日から、坂田靖子さんのデビュー40周年記念本『坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き』発売記念原画展を開催しています。10月10日まで。

2016年3月に東京・銀座で開催され大好評を博した個展が新潟に巡回。カラーイラスト、マンガ原稿、貴重な資料を多数展示しています。原画、複製画、オリジナルグッズの販売も行います。

 
【開催概要】
●会期:前期/2017年7月13日(木)~8月22日(火)、後期/2017年8月24日(木)~10月10日(火) ※毎週水曜(祝日の場合は翌平日)休館
●会場:新潟市マンガの家
●開館時間:午前11時~午後7時
●観覧料:無料

★新潟市マンガの家 坂田靖子展HP:http://house.nmam.jp/2017/06/21/sakatayasuko/

 

萩尾望都SF原画展×坂田靖子原画展 コラボ企画

「萩尾望都SF原画展」と「坂田靖子原画展」のコラボ企画として、萩尾望都SF原画展・坂田靖子原画展、両方の各会場にて書籍・グッズなど1点以上(計2点以上)お買い上げの方全員に、「萩尾望都&坂田靖子 特製ポストカード(非売品)」がプレゼントされます。

○コラボ企画開催期間:2017年7月15日(土)~9月3日(日)
※両会場にて購入した方が対象となります。
※各会場で購入されたレシート(計2枚)をレジカウンターにご提示ください。
※特製ポストカードはどちらの会場でもお渡し可能です。

 

坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き
デビュー40周年。生い立ちから現在まで、つぶさに語った1万6千字に及ぶ貴重なロングインタビューをはじめ、カラーイラスト70点以上、萩尾望都とのスペシャル対談、マンガ9本、全作品リストなど収録。漫画家・坂田靖子が何を読み何を見て何を考え、いかにあの傑作たちを生み出してきたかを追究する一冊!

 
【関連】
新潟市マンガ・アニメ情報館 : 萩尾望都SF原画展宇宙にあそび、異世界にはばたく
萩尾望都SF原画展 公式サイト Hagio Moto SF Exhibition
マンガの家 : 坂田靖子 原画展~『坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き』出版記念~
萩尾望都さんが「木下司」名義で発表したSF小説『ピアリス』を初単行本化 SF原画展も | 本のページ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です