本のページ

SINCE 1991

「神戸学校」に編集者で株式会社コルク代表取締役の佐渡島庸平さんが登壇 テーマは「物語の力で、一人一人の世界を変える」

佐渡島庸平さん

佐渡島庸平さん

フェリシモは毎月1回、各界の第一線で活躍中のゲストに「経験と言葉の贈りもの」というコンセプトで、メッセージライブ「神戸学校」を開催しています。11月のゲストは、編集者であり、日本初のクリエイターエージェンシー「株式会社コルク」の代表取締役の佐渡島庸平さんです。

 

第279回「フェリシモ『神戸学校』」開催概要

「神戸学校」11月のゲスト・佐渡島庸平さんは、2002年講談社入社後、週刊モーニング編集部にて『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』などの編集を担当し、作者とともに作品を大ヒットへ導いた方です。

 
2012年に講談社を退社した後は、編集者から経営者へ。国内出版業界では当時ほぼ例のないクリエイターのエージェント会社、株式会社コルクを創業。コルクでは所属するマンガ家や作家、ライターといったクリエイターたちとともに作品を生み出し、IT時代に即した作品の出口をつくるさまざまな挑戦をしています。

 
今回のテーマは、「物語の力で、一人一人の世界を変える」。
「編集者とは世間が評価していないものを自分の責任で支える仕事。作家の才能を引き出し、才能に見合った評価を叶えたい」と言う佐渡島さんが、「コルクという会社とは何者なのか?」「コルクを通じて思い描く未来」について語ります。

また、読書家としても知られる佐渡島さんの人生に影響を与えた本や、自身の読書観、コロナ禍での本との付き合い方についても伺います。

 
<開催概要>

■ゲスト:佐渡島庸平さん(編集者・株式会社コルク代表取締役)

■テーマ:「物語の力で、一人一人の世界を変える」

■日時:2020年11月21日(土)13:30~16:00(13:00開場)

■場所:デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)2階 STAGE FELISSIMO
◎住所:神戸市中央区小野浜町1-4
◎地図:http://kiito.jp/access/
◎交通:阪神神戸三宮駅、阪急神戸三宮駅、JR三ノ宮駅より徒歩約20分/ポートライナー「貿易センター駅」より徒歩約10分

■参加料
◎おひとり:一般 1,200円(学生 1,000円)
◎ペア(おふたり):一般 2,000円(学生 1,600円)
◎動画配信「神戸学校online」の参加料(おひとり):500円
※中学生以下の方は無料
※神戸学校の参加料は、全額「あしなが育英会」を通じて、東日本大震災遺児への支援に活用されています。

■定員:80名(会場参加/定員になり次第締め切り)
※オンライン参加に定員はありません。

■備考:会場では、マスクの着用と検温への協力をお願いしています。

★詳細&申込み:https://feli.jp/s/pr2010303/1/

 

佐渡島 庸平さん プロフィール

佐渡島庸平(さどしま・ようへい)さんは、編集者/株式会社コルク代表取締役。

2002年講談社入社。週刊モーニング編集部にて、『ドラゴン桜』(三田紀房さん)、『働きマン』(安野モヨコさん)、『宇宙兄弟』(小山宙哉さん)などの編集を担当する。

2012年講談社退社後、クリエイターのエージェント会社「コルク」を創業。著名作家陣とエージェント契約を結び、作品編集、著作権管理、ファンコミュニティ形成・運営などを行う。従来の出版流通の形の先にあるインターネット時代のエンターテイメントのモデル構築を目指している。

 

「神戸学校」とは

「神戸学校」は、阪神・淡路大震災をきっかけにスタートしたメッセージライブです。

豊かな人生を送ることを目指した「生活デザイン学校」として、毎月1回、各界で活躍するオーソリティーを神戸に招き開催しています。

なお、参加料は全額あしなが育英会を通じて、東日本大震災遺児のために活用されています。

★神戸学校ウェブサイト:https://feli.jp/s/kg181121/2/
★Twitter:https://feli.jp/s/kg181121/3/
★Facebook:https://feli.jp/s/kg181121/4/

 
◆これまでのゲスト(2020年10月まで)

 
【関連】
次回のゲストの紹介|神戸学校|フェリシモ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です