本のページ

SINCE 1991

月刊誌『HERS』が「食から暮らしを整えなおす」をテーマにリニューアルし、逐次刊行に!

『HERS』が「食から暮らしを整えなおす」をテーマにリニューアル

『HERS』が「食から暮らしを整えなおす」をテーマにリニューアル

「新しい50代に向けたファッション誌」をコンセプトに掲げて2008年3月に創刊された『HERS』が月刊誌としての刊行を終了し、「食から暮らしを整えなおす」をテーマにした媒体へとリニューアルしました。

ふだん見過ごしがちな、食材がまとう地域性、生産者の個性、日本の地方の意外な多様性、そして食から生まれるさまざまなカルチャーにフォーカス。また、「食」にまつわるコト・モノを皆さんとつなぎたい、という想いのもと、誌面に留まらず、ウェブ、オンラインイベント、ECなども展開。多角的に「食から暮らしを整えなおす」方法を考えていく活動「HERS a table」も順次始動予定です。

そんな活動のお披露目となる、リニューアル1号目の今号の表紙を飾るのは、女優・石田ゆり子さんです。

 

「食から暮らしを整えなおす」をテーマにリニューアル! 逐次刊行『HERS』第一弾が発売

【内容例】
「料理家・冷水希三子さん×高知・まるふく農園のハーブ」
「ツレヅレハナコさん×青森食材を使った宴会レシピ」
「料理家・上田淳子さん×明石・魚の棚の魚介レシピ」
「料理家・真藤舞衣子さん×山梨オリーブ農園」
…など、各地域の食材にフォーカスしたレシピが満載です。

キッチンの設え、ダイニングテーブル、食まわりの道具選びなど、インテリアの実例も掲載。

原料へのこだわりや作り手の想いを感じられるなど、美味しい“だけじゃない”食材カタログも必見です。

 

『HERS』について

『HERS』では、「食から暮らしを整えなおす」をテーマに逐次刊行による雑誌、ウェブメディアを運営。今号を皮切りに、ウェブサイトなども順次リニューアル予定です。

その他、おもにファッションを扱うECサイト「HERS GREEN LABEL」などもあります。

★公式サイト:https://hers-web.jp/

 

HERS(ハーズ) 2020年 11月号
HERS編集部 (編集)

★表紙の人
石田ゆり子さん
★特集
「食」から、暮らしを整えなおす

○Part1/石田ゆり子さん 「ア・ターブルの時間」

○Part2「/食」を通して整えなおし、つながっていく活動です HERS a tableへようこそ!
野村友里さん 野菜も人も「土」で変わる
冷水希三子さん 高知・まるふく農園で知った「ハーブの力」
真藤舞衣子さん 山梨 前田さんちのオリーブオイル
ツレヅレハナコさん 「おうちで〝青森宴会〟」
距離の近さがおいしさにつながる、大阪・アーバンワイナリー
亜希さん 出合った食材で気づいた「これでいい定食」
平松洋子さんが考える、コロナ禍の「地元の食と私」 「店主の胸のうち」
上田淳子さん 「明石 魚の棚」×「家族でホームパーティ」 わたしの美味しい“だけじゃない”リスト
旅がなかなかできない今だから 地方の「美味しい」が集まるスーパーへ

○PART3/食をめぐる「ものを選ぶ新しい目」
ワタナベマキさん 「気分に寄り添うキッチン道具」
福田里香さんが選ぶ はじめての「民藝」
雅姫さん 愛おしいものと暮らす、ということ。 【COLUMN】 食材がアートになった理由

○Part4“/食が暮らしの真ん中”のインテリア
「家で食べる」は、もっと自由でいい!
【COLUMN】機嫌のよい「循環する家」
「キッチンと朝食」の風景
【COLUMN】 浅田美代子さん「樹木希林さんと食べたごはんのこと。」
【COLUMN】 美容研究家が、朝「口に入れるもの」「肌につけるもの」

○PART5 暮らしが変わったら、必要なレシピも変わります
ウー・ウェンさん 「困ったときは、1.5人鍋」
サルボ恭子さん 1日の締めは「おつまみとパンとお酒と」
野口真紀さん 「調味料は、すし酢さえあればいい」
【COLUMN】 江口洋介さん 食の時間、「ひとりと家族と」
日々を彩る ものを選ぶ新しい目 ART/CRAFT/TRAVEL
ハーズ・ア・ターブルへようこそ! ~今後の活動予告

 
【関連】
hers-web.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です