本のページ

SINCE 1991

冬野夜空さん”30秒で泣ける切ない恋の超短編”『すべての恋が終わるとしても 140字の恋の話』が刊行

冬野夜空さん著『すべての恋が終わるとしても 140字の恋の話』(イラスト:ゆどうふさん)

冬野夜空さん著『すべての恋が終わるとしても 140字の恋の話』(イラスト:ゆどうふさん)

冬野夜空さんがTwitter上で投稿していた140字小説を書籍化した『すべての恋が終わるとしても 140字の恋の話』(イラスト:ゆどうふさん)がスターツ出版より刊行されました。

 

『すべての恋が終わるとしても 140字の恋の話』について

 
<あらすじ>

140字で綴られる、恋の始まりと終わり――。(以下、本文「後悔しないように」引用)

「もっと早く告白しておけばよかった」幼なじみの彼は言った。慎重なところが魅力な彼だけれど、今回はその人柄が裏目に出てしまったらしい。「元気出して」「まあ大丈夫。お前は俺みたいに後悔するなよ」こんな時ですら私の心配だ。でも、私はそんな彼のことが――。「じゃあ、後悔しないように言うね」

 

140字小説挿絵大賞も開催!

『すべての恋が終わるとしても 140字の恋の話』に収録されている「ドライブ」「寝落ち」「別れの言葉は」の3作品の中からインスピレーションを得たイラストを4月1日まで募集中です。

 
イラストを描くのは3作品のうち、どれを扱ってもOKです。共通テーマである「夜と涙」にふさわしいイラストを1枚、特賞(優勝者)として選定します。審査員は冬野夜空さん自身。

最優秀作品はスターツ出版文庫公式TikTokアカウントにて、該当の140字小説とあわせて動画化を行います。

 
詳細は、https://creator.genseki.co.jp/compes/9O-mnVXeZAz をご覧ください。

 

著者プロフィール

著者の冬野夜空(ふゆの・よぞら)さんは、1997年生まれ。大学在学中の2019年『満月の夜に君を見つける』でデビュー。

2020年『一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない。』大ヒットし、累計18万部を突破。著作に『あの夏、夢の終わりで恋をした。』『100年越しの君に恋を唄う。』がある。

 

すべての恋が終わるとしても―140字の恋の話―
冬野 夜空 (著)

共感&感動! 30秒で泣ける、切ない恋の超短編

 
【関連】
若手人気作家 冬野夜空の最新作「すべての恋が終わるとしても―140字の恋の話―」(スターツ出版)140字小説挿絵大賞 GENSEKI GENSEKI ゲンセキ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。