本のページ

SINCE 1991

舞台「文豪とアルケミスト」の戯曲本が刊行 舞台を“文学”として味わう「戯曲本シリーズ」が誕生

舞台「文豪とアルケミスト」の戯曲本が刊行

舞台「文豪とアルケミスト」の戯曲本が刊行

2016年にDMM GAMESからリリースされ、大人気を博している文豪転生シミュレーションゲーム「文豪とアルケミスト」。2019年に舞台化されると、その文学的なセリフとダイナミックな殺陣に魅了されるファンが続々、ヒット舞台シリーズとなりました。

今回、この舞台「文豪とアルケミスト」、通称“文劇”の第1作および第2作の上演台本をそれぞれ収録した戯曲本『舞台「文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌」戯曲ノ書』と『舞台「文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞」戯曲ノ書』(監修:舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会)が、9月10日に小学館から同時刊行されました。舞台を“文学”として堪能するシリーズの誕生です。

 

戯曲本『舞台「文豪とアルケミスト』について

第1作の上演台本を収載した『舞台「文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌」戯曲ノ書』には、脚本家・なるせゆうせいさんのインタビュー、太宰治役・平野良さんが太宰治に宛てた特別書簡を収録しています。

第2作の上演台本を収録した『舞台「文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞」戯曲ノ書』には演出家・吉谷光太郎さんのインタビュー、志賀直哉役・谷佳樹さん、武者小路実篤役・杉江大志さんの往復書簡を掲載。

※電子版ではキャストが書簡の一部を読み上げる音声が付く電子書店もあります(ReaderStore、hontoのみ)。

 
また、刊行を記念しTVアニメノベライズとの合同スペシャルオンラインイベントも決定しました。
詳細は、https://anime-butai-event-bungo-alchemist.com をご覧ください。

 
★新作公演情報:舞台「文豪とアルケミスト 綴リ人ノ輪唱(カノン)」(http://bunal-butai.com

 

「文豪とアルケミスト」とは

「文豪とアルケミスト」は、DMM GAMESから2016年にリリースされた、文豪転生シミュレーションゲーム(PCブラウザ版・スマホアプリ版)です。芥川龍之介、太宰治などの文豪の魂がアルケミストの力によって転生され、文学書を破壊しようとする侵蝕者から文学を守るために戦う、というストーリー。

2019年に舞台化され、2020年4月~8月にはTVアニメも全13話でオンエア。全国の文学館とタイアップするなど、新たな文豪ブームを巻き起こしています。

 

舞台「文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌」戯曲ノ書
舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会 (監修)

「文劇」を文学として味わう戯曲本シリーズ。

 舞台「文豪とアルケミスト」、通称“文劇”は、文豪転生シミュレーションゲーム「文豪とアルケミスト」(DMM GAMES)を原作とした、人気2.5次元舞台シリーズ。
 このダイナミックな殺陣と、独特で繊細なセリフが魅力的な舞台を“文学”として味わう戯曲本シリーズが登場しました。
 第1巻には、舞台「文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌」の上演台本を収録。さらに脚本家なるせゆうせい氏のインタビュー、太宰治役・平野良さんが太宰治に宛てた特別書簡を掲載。口絵にはキャストの優雅なビジュアルも。
 文豪たちの言葉のチカラ、ぜひ活字でも堪能してください!

舞台「文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞」戯曲ノ書
舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会 (監修)

「文劇」戯曲本シリーズ第2弾、登場!

舞台「文豪とアルケミスト」、通称“文劇”は、文豪転生シミュレーションゲーム「文豪とアルケミスト」(DMM GAMES)を原作とした、人気2.5次元舞台シリーズ。
このダイナミックな殺陣と、独特で繊細なセリフが魅力的な舞台を、“文学”として味わう戯曲本シリーズが登場しました。
第1巻と同日刊行の第2巻には、舞台「文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞」の上演台本を収録。さらに演出家・吉谷光太郎氏のインタビュー、志賀直哉役・谷佳樹さん、武者小路実篤役・杉江大志さんの往復書簡を掲載。今だからこそ明かされる、W主演の秘話は必読です。
 文豪たちの熱き闘いを、ぜひ活字でもお楽しみください!

 
【関連】
舞台「文豪とアルケミスト 綴リ人ノ輪唱(カノン)」公式サイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です