本のページ

SINCE 1991

村上春樹さん6年ぶりの短編集『一人称単数』が7月刊行! 村上さん訳出のグレイス・ペイリー短編集の電子書籍化も

村上春樹さんの短編小説集『一人称単数』が7月18日、文藝春秋より刊行されます。

『一人称単数』は、村上春樹さんの短編小説集としては『女のいない男たち』から6年ぶり、小説は『騎士団長殺し』から3年ぶりの刊行となります。

 
これにあわせて、村上春樹さんが訳出したグレイス・ペイリーの短編集『人生のちょっとした煩い』『最後の瞬間のすごく大きな変化』『その日の後刻に』の3作品が、同日に電子書籍化して発売されます。

84年の生涯の間に発表した3冊の短編集によって、アメリカの文学好きから、性別世代を超えてリスペクトされ続けている作家、グレイス・ペイリー。彼女の作品を「ひとつの小さな世界である」と評し、30年近くの歳月をかけて村上さんが全作品を訳出したものです。

『一人称単数』、グレイス・ペイリー短編集とも、6月4日より主要電子書店にて予約受付中です。

 
村上春樹(むらかみ・はるき)さん プロフィール

1949年、京都市生まれ、早稲田大学文学部演劇科卒業。1979年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。

主な長編小説に『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ノルウェイの森』、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『海辺のカフカ』、『1Q84』(毎日出版文化賞)、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』、『騎士団長殺し』などがある。ほかに、短編集やエッセイ集など多くの著作や翻訳書がある。

 

一人称単数
村上 春樹 (著)

人生のちょっとした煩い (文春文庫)
グレイス・ペイリー (著), 村上 春樹 (翻訳)

亭主が出ていった、二人の子供を抱えて、家賃も払えない…不幸?いいや、ディア、そんなものは、人生のちょっとした煩いみたいなものさ。伝説の女性作家にしてアメリカ文学のカリスマ、待望の第一作品集。

村上春樹訳でおくる米国カリスマ作家グレイス・ペイリーの第一作品集。世紀を超えて輝く傑作10篇収録。

最後の瞬間のすごく大きな変化 (文春文庫)
グレイス・ペイリー (著), 村上 春樹 (翻訳)

「自由な半時間ができると、窓辺に座る。彼女は待っているのだ。」 たった三冊の短篇集で、40年間、圧倒的支持と尊敬を受け続けている作家グレイス・ペイリーの不思議な小説世界を村上春樹訳でおくる短篇小説集。「長距離ランナー」「父親との会話」など名品17篇収録。

その日の後刻に (文春文庫)
グレイス・ペイリー (著), 村上 春樹 (翻訳)

人生の精緻なモザイクなような17の短篇+エッセイ+ロングインタビュー+訳者あとがきを収録。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です