本のページ

SINCE 1991

【第63回群像新人文学賞】該当作なし 優秀賞に湯浅真尋さん「四月の岸辺」 群像新人評論賞も該当作なし

講談社は、第63回群像新人文学賞および第63回群像新人評論賞の選考結果を発表しました。

 

第63回群像新人文学賞および群像新人評論賞が決定!

第63回群像新人文学賞が次の通り決定しました。また、第63回群像新人評論賞については、『群像』2019年12月号で既に発表されています。

 
<第63回群像新人文学賞>

■当選作:なし

■優秀作:湯浅真尋(ゆあさ・まひろ)さん「四月の岸辺」

選考委員:柴崎友香さん、高橋源一郎さん、多和田葉子さん、野崎歓さん、松浦理英子さん

 
<第63回群像新人評論賞>

■当選作:なし

選考委員:東浩紀さん、大澤真幸さん、山城むつみさん

 
「群像新人文学賞」優秀作に選ばれた湯浅真尋さんは、1982年愛知県生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。会社員。湯浅さんには、賞状と賞金25万円が贈られます。

なお、湯浅さんの「四月の岸辺」および選評は、『群像』7月号(6月5日発売)に掲載されます。

 

群像新人文学賞について

群像新人文学賞は、講談社の文芸誌『群像』が1958年に創設した純文学の公募新人文学賞です。

以前は、小説部門と評論部門の2部門で構成されていましたが、評論部門は2015年から「群像新人評論賞」として独立。群像新人文学賞は、現在は小説のみを対象としています。

 
【関連】
第63回群像新人文学賞決定のお知らせ〔PDF〕

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です