本のページ

SINCE 1991

恩田陸さん『ドミノ』約20年ぶりの新作『ドミノin上海』刊行 『野性時代』では恩田さんの若き日の「直筆イラスト満載の創作メモ」24頁を初公開

■恩田陸さん『ドミノ』約20年ぶりの新作『ドミノin上海』刊行

■恩田陸さん『ドミノ』約20年ぶりの新作『ドミノin上海』刊行

スピード感溢れるパニックコメディとして人気を博した『ドミノ』の発売からおよそ20年。恩田陸さんの最新作『ドミノin上海』が、KADOKAWAより刊行されました。

また、『ドミノin上海』の刊行を記念して、『小説 野性時代』3月号(2月13日発売)では、恩田陸さんの高校・大学時代の手書きイラスト入り創作ノートを全24ページ収録した特集を掲載しています。

 

最新作『ドミノin上海』――はじまりの1ピースが倒されたとき、25人(と3匹)の運命が変わっていく

「私にとってもラッキーな作品です。読んだあなたの開運をお祈りします!」
――恩田陸さん

 
上海のホテル「青龍飯店」で、25人(と3匹)の思惑が重なり合う――。
もつれ合う人々、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが次々と倒れてゆく。
上海編(新作)から読むも良し、東京編(前作)から読むも良し!
圧巻のエンタテインメントをお楽しみください。

 
<あらすじ>

小型の美術品ばかりを狙う窃盗集団《ゴースト・キッドナッパーズ》。その被害に遭った幻の至宝「蝙蝠(こうもり)」が上海に持ち込まれた。闇競りを仕掛ける構成員と、捜査に心血を注いできた警察の駆け引き――緊張が頂点に達したその一日、オカルト映画の撮影隊に速さ自慢の寿司デリバリー、借金まみれの芸術家、さらには故郷を目指すパンダまで、そこに居合わせた見知らぬ者同士の運命が絡み合う!
張り巡らされた魔術(マジック)に酔いしれよ!?圧巻のエンタテインメント!

 
<シリーズ既刊『ドミノ』について>

些細な事件が大騒動に発展していく、パニックコメディの大傑作!
一億円の契約書を待つ生保会社のオフィス。下剤を盛られた子役の麻里花。推理力を競い合う大学生。別れを画策する青年実業家。昼下がりの東京駅、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが倒れてゆく!

 

『小説 野性時代』3月号で恩田陸さんを総力特集!

『小説 野性時代』2020年3月号(2月13日発売予定)にて、『ドミノin上海』刊行を記念して、恩田陸さんを総力特集。

本邦初公開となる、恩田さんの若き日の「直筆イラスト満載の創作メモ」24頁を含む全56頁の大ボリュームです。

 
<総力特集「恩田陸 物語が動く瞬間」 概要> ※敬称略

◎『ドミノ in 上海』を大解剖
◎対談 ×上田誠(ヨーロッパ企画/演出家) 物語の種を蒔く力
◎恩田陸を創ってきたもの20
◎初公開! デビュー前夜創作ノート
◎恩田陸からのメッセージ

 

恩田陸さん プロフィール

撮影/中岡隆造

撮影/中岡隆造

著者の恩田陸(おんだ・りく)さんは、1964年、宮城県出身。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、『六番目の小夜子』でデビュー。

2005年『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞、第2回本屋大賞受賞、2006年、『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞、2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞を受賞。

主な著作に『ネバーランド』『黒と茶の幻想』『上と外』『ドミノ』『チョコレートコスモス』『私の家では何も起こらない』『夢違』『雪月花黙示録』『失われた地図』『歩道橋シネマ』など。

 

ドミノin上海
恩田 陸 (著)

神様だって、止められない。たった一日で運命のドミノが倒れ始める!

イグアナが料理されれば盗賊団が上海に押し寄せ、そこに無双の甘党が上陸。風水師が二色に塗り分けられ、ホラー映画の巨匠がむせび泣くと秘宝『蝙蝠』の争奪戦が始まった!革ジャンの美青年がカプチーノをオーダー、一瞬で10万ドルが吹き飛んだら、上海猛牛号で渋滞をすりぬけ、まぁとにかく寿司喰寧。歯が命のイケメン警察署長が独走し、青年が霊感に覚醒したとき、パンダが街を蹂躙する!張り巡らされた魔術に酔いしれよ!圧巻のエンタテインメント。

ドミノ (角川文庫)
恩田 陸 (著), sengajin (イラスト)

一億円の契約書を待つ、締切直前のオフィス。オーディション中、下剤を盛られた子役の少女。推理力を競い合う大学生。別れを画策する青年実業家。待ち合わせ場所に行き着けない老人。老人の句会仲間の警察OBたち。真夏の東京駅、二七人と一匹の登場人物はそれぞれに、何かが起こる瞬間を待っていた。迫りくるタイムリミット。もつれ合う人々、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが次々と倒れてゆく!抱腹絶倒、スピード感溢れるパニックコメディの大傑作。

小説 野性時代 第196号 2020年3月号
小説野性時代編集部 (編集)

本邦初公開、恩田陸の若き日の直筆イラスト満載の創作メモ全24Pお蔵出し

表紙グラビア
渡辺謙「Fukuhsima50」

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です