本のページ

SINCE 1991

北野武さんが初の歴史長編小説『首』を書き下ろし!

北野武さん初の歴史長編小説『首』

北野武さん初の歴史長編小説『首』

KADOKAWAは12月20日、北野武さん初の歴史長編小説『首』を刊行しました。

 

北野武さん最新小説は戦国歴史エンターテインメント作品『首』

 
<あらすじ>

信長を殺れ! 天下を奪え!
誰も読んだことのない「本能寺の変」がここに!

羽柴秀吉と千利休に雇われ、謀反人と逃げ延びた敵を探す旅をしていた曾呂利新左衛門は、信長に反旗を翻し、有岡城から逃走する荒木村重を偶然捕らえた。この首の価値はいかに。曾呂利は、信長が狙う荒木村重の身柄を千利休に託すのだった。一方、丹波篠山の農民・茂助は、播磨へ向かう秀吉の軍勢を目撃し、戦で功を立てようと、雑兵に紛れ込むのだった。だが、思わぬ敵の襲撃が茂助の運命を狂わせていく──。信長、秀吉、光秀、家康を巻き込み、首を巡る戦国の饗宴が始まる。書き下ろし歴史長編。

 
<北野武さん メッセージ>

 
<書誌情報> ※敬称略

◎発売:2019年12月20日 ※電子書籍も同日発売
◎定価:本体1,600円+税
◎体裁:四六判上製
◎装幀:矢野のり子(島津デザイン事務所)
◎題字:島津義晴
◎扉画:ビートたけし

 

北野武さん プロフィール

著者の北野武(きたの・たけし=ビートたけし)さんは、1947年、東京都足立区生まれ。1972年、漫才コンビ「ツービート」を結成。漫才ブームとともに絶大な人気を誇る。

1989年『その男、凶暴につき』で映画監督デビュー。1997年『HANA‐BI』でベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞。2010年、フランスの芸術文化勲章の最高章「コマンドール」を受章。2018年、旭日小綬章受章。

「北野武」名義の近著に『北野武第一短編集 純、文学』がある。

 


北野 武 (著)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です