本のページ

SINCE 1991

【第12回MOE絵本屋さん大賞2019】竹下文子さん&町田尚子さん『なまえのないねこ』が1位

島田ゆかさんの『ぶーちゃんとおにいちゃん』がシンボルです!

島田ゆかさんの『ぶーちゃんとおにいちゃん』がシンボルです!

白泉社が主催する「第12回MOE絵本屋さん大賞2019」の大賞および部門賞が発表されました。

 

MOE絵本屋さん大賞について

今年で12回目を迎える「MOE絵本屋さん大賞」は、絵本をテーマにした白泉社の月刊誌『月刊MOE』が全国の絵本専門店・書店の絵本売り場担当者3000人にアンケートを実施し、最も支持された新作絵本30冊と「新人賞」絵本5冊、また幼児向け絵本を対象にした「パパママ賞」5冊を決定する年間絵本ランキングです。朝日新聞東京本社メディアビジネス局が協力。

12月28日発売の『MOE』2月号(白泉社)では、「MOE絵本屋さん大賞」を大特集します。
また、誌面での特集にあわせて、「第12回MOE絵本屋さん大賞2019フェア」が全国3000店以上の書店で実施される予定です。

 

「第12回MOE絵本屋さん大賞2019」受賞作品 〔敬称略〕

 
<「第12回MOE絵本屋さん大賞2019」TOP10>

■第1位『なまえのないねこ』 文:竹下文子 絵:町田尚子(小峰書店)

『なまえのないねこ』書影

『なまえのないねこ』書影

靴屋さんのねこは、レオ。本屋さんのねこは、げんた。他のねこには名前があるのに、僕は名前をつけてもらったことがない。でも本当にほしかったのは、名前じゃなくて……。

■第2位『ころべばいいのに』 作:ヨシタケシンスケ(ブロンズ新社)

わたしの嫌いなあの人この人、みんなつまずいてころべばいいのに。このイヤな気分、どうすればいい? 「嫌い」をあれこれ考察してみる、斬新なヨシタケ流アンガーマネジメント。

■第3位『たべものやさん しりとりたいかい かいさいします』 作:シゲタサヤカ(白泉社)

商店街のしりとり大会。おすし屋さんや八百屋さん、いろんなお店のたべものたちが優勝めざして大はりきり。でも「ん」のつくたべものは参加できず、あるお店が大ピンチ!?

■第4位『それしか ないわけ ないでしょう』 作:ヨシタケシンスケ(白泉社)

大人になった未来に待っているのは大変なことばかり、ってお兄ちゃんは言うけれど、それって本当? それしかないわけないでしょう? 考え方1つで、新しい未来が見えてくる。

■第5位『へいわとせんそう』 文:たにかわしゅんたろう 絵:Noritake (ブロンズ新社) 

「へいわのボク」と「せんそうのボク」では、どんな違いがあるのだろうか。同じ人、同じもの、同じ場所――見開きで並べてみると、へいわとせんそうの違いが見えてくる。

■第6位『みずとは なんじゃ?』 作:かこさとし 絵:鈴木まもる(小峰書店)

幼い3兄弟の暮らしから、水の性質とそのはたらきを楽しく学べる。読者の目の高さで、順を追って理解が深まるよう、必要なことに的を絞って説く展開は、科学の心を育む。

■第7位『Michi』 作:junaida(福音館書店)

いつともどこともしれない、美しく不思議な世界をつなぐ白い道を一人で歩いていく、男の子と女の子。どちら側の表紙から読みはじめてもOKという画期的なネームレス絵本。

■第8位『ねえさんといもうと』 文:シャーロット・ゾロトウ 絵・訳:酒井駒子(あすなろ書房)

「なにから なにまで せわをしてくれ」る優しいねえさんに妹は頼りきりだったけれど、ある日変化が芽生え……。姉妹の心を繊細に生き生きと描いた、懐かしく新しい佳品。

■第9位『ねこのずかん』 作:大森裕子 監修:今泉忠明(白泉社)

くるんと丸くなったり、しっぽをブワッとふくらませたり、くっつきあって「猫だんご」になったり、「ごめん寝」したり……さまざまな猫に会えて、「猫語」も学べる図鑑絵本。

■第10位『ノラネコぐんだん おばけのやま』 作:工藤ノリコ(白泉社)

おだんご屋さんに無断侵入したノラネコぐんだん。みんなでつくったおだんごを食べようとしたら、突然の風が全部持っていっちゃった! おかしくておいしい、定番の味わい。

 
※第11位以下は、12月28日発売の『MOE』2月号でご確認ください。

 
<「第12回MOE絵本屋さん大賞2019」部門賞>

■新人賞
第1位『むれ』 作:ひろたあきら(KADOKAWA)

『むれ』書影

『むれ』書影

魚のむれに、一匹だけ骨。雨のむれに、一粒だけ誰かの涙。ありのむれから、一匹だけ違う方へ歩いていくと? 「みんなと違う」ことを思わず考え直す、心にしみる探し絵絵本。

 
■パパママ賞
第1位 『ノラネコぐんだん おばけのやま』 作:工藤ノリコ(白泉社)

『ノラネコぐんだん おばけのやま』書影

『ノラネコぐんだん おばけのやま』書影

おだんご屋さんに無断侵入したノラネコぐんだん。みんなでつくったおだんごを食べようとしたら、突然の風が全部持っていっちゃった! おかしくておいしい、定番の味わい。

 
各部門賞第2位以下は、、12月28日発売の『MOE』2月号でご確認ください。
なお、パパママ賞は、2020年1月7日発売の育児情報誌『kodomoe』2月号でも特集します。

 

トーハン×白泉社×協賛出版社各社「第12回 MOE絵本屋さん大賞2019フェア」を開催

書店取次大手のトーハンは、12月20日より全国約1,200書店で「MOE絵本屋さん大賞2019フェア」を順次開催します。

同フェアは、トーハンと白泉社、協賛出版社が共同で実施するフェアで、受賞上位作品(大賞1位から10位と部門賞各1位)と『MOE』本誌を書店で展開します。

 

なまえのないねこ
竹下文子 (著), 町田尚子 (イラスト)

八百屋や書店、パン屋、蕎麦屋、喫茶店などの飼い猫たちが、みんな持っている「名前」に憧れている、ひとりぼっちの猫。
ある日、お寺の猫に「自分で好きな名前をつければいいじゃない」と言われ、名前を探すことに。
名前のない猫が見つけた「ほんとうに欲しかったもの」とは?
愛猫家で猫が主人公の作品を多く発表している作家と、同じく愛猫家で猫の絵が人気の画家による猫愛に溢れた絵本。

むれ
ひろた あきら (著)

読み聞かせで子どもがむらがる! 笑える探し絵本

シンプルなテキストに、びっしり描き込まれた”むれ”。子どもたちは夢中になって“むれ”の仲間はずれを探します。

ひつじのむれ、さかなのむれ……、とうめいにんげんのむれ?
だんだんかわった“むれ”が登場します。
最後に登場する驚きの”むれ”に、子どもたちは大興奮!

ひと味違った探し絵遊びができるこの1冊。読み聞かせ会にも最適な、子ども参加型の「笑える探し絵本」です。

【ピース又吉直樹 推薦!】
ページをめくるたびに、「発想」と「発見」があって、わくわくした。
「むれ」にもバリエーションがあって良いのだと勇気も貰えた。
ひろたあきらの想像力から目が離せない。

ノラネコぐんだん おばけのやま (コドモエのえほん)
工藤 ノリコ (著)

100万部突破の大ヒット絵本シリーズ第7弾は、お団子屋さんが舞台。
またまたお店に忍び込み、勝手にお団子を作って美味しくいただこうとするノラネコぐんだん。
すると、お団子が竜巻に飛ばされて…!?

MOE (モエ)2020年2月号 [雑誌] (第12回MOE絵本屋さん大賞2019 | 特別付録 ヒグチユウコカレンダー2020)

■ 特別ふろく ■
ヒグチユウコカレンダー2020

ヒグチユウコさんのカレンダーが手に入るのはMOEだけ! !
A4サイズ16ページの豪華仕様&壁掛けタイプ。
描きおろしの絵も収録!

■ 巻頭大特集 ■
全国の絵本屋さん3000人に聞いた年間ランキング!
第12回MOE絵本屋さん大賞2019

今年も、全国の絵本屋さんが選ぶ「今年もっともオススメしたい絵本」が決定します!
絵本ランキングはいったいどうなるのか。
受賞作家へのインタビュー、絵本屋さんたちの推薦レビューを通して受賞作品の魅力をたっぷりとお届けします!
同時発表の「新人賞」、幼児向け絵本を対象にした「パパママ賞」にもご注目ください! !

 
【関連】
トーハン×白泉社×協賛出版社各社「第12回 MOE絵本屋さん大賞2019フェア」を開催 | ニュースリリース | 株式会社トーハン

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です