本のページ

SINCE 1991

【第11回 IIBCエッセイコンテスト】高校生対象・英語エッセイコンテストの受賞者が決定! 最優秀賞は岩手県立不来方高校2年・竹内さん

第11回 IIBCエッセイコンテストの受賞者が決定!

第11回 IIBCエッセイコンテストの受賞者が決定!

日本でTOEIC Programを実施・運営する「国際ビジネスコミュニケーション協会」(IIBC)は、高校生を対象に「私を変えた身近な異文化体験」をテーマとする英語エッセイコンテスト「第11回 IIBCエッセイコンテスト」の受賞者を発表しました。

 

第11回 IIBCエッセイコンテストの受賞者が決定!

11回目を迎えた2019年は、本選に138校・205作品、奨励賞に37校・1,545作品の応募があり、過去最高の応募数となった本選205作品の中から、審査を経て、最優秀賞(1名)、優秀賞(1名)、優良賞(1名)、特別賞(5名)、日米協会会長賞(3名)計8名(ダブル受賞者3名含む)の受賞者が決定しました。

なお、表彰式は11月9日(土)13時30分より、ホテルニューオータニ「シリウスの間」にて開催される予定です。

 
<本選受賞者:8名(うち3名はダブル受賞)>

■最優秀賞(1名)

竹内 彩翔(たけうち・あやと)さん 岩手県立不来方(こずかた)高等学校 2年
タイトル:Listening to Silence

■優秀賞(1名)

永富 亜結美(ながとみ・あゆみ)さん 広尾学園(ひろおがくえん)高等学校 1年
タイトル:What Oba-Chan Taught Me

■優良賞(1名)

森 えい実(もり・えいみ)さん 不二聖心女子学院(ふじせいしんじょしがくいん)高等学校 3年
タイトル:How an Overseas Experience Opened My Eyes

■特別賞(5名)

楡井 理泉(にれい・りいず)さん 吉祥女子(きちじょうじょし)高等学校 1年
タイトル:From Coexistence to Better Communication

神長 美海(かみなが・みみ)さん クラーク記念国際高等学校 梅田キャンパス(きねんこくさい) 2年
タイトル:More than just a problem child

大村 梨紗(おおむら・りさ)さん 浜松日体(はままつにったい)高等学校 1年
タイトル:Outsider

河本 凛子(かわもと・りんこ)さん ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン 3年
タイトル:Instant Ramen

若林 加奈子(わかばやし・かなこ)さん クラーク記念国際(きねんこくさい)高等学校 京都キャンパス 3年
タイトル:Is Nature a Museum?

■日米協会会長賞(3名)

森 えい実(もり・えいみ)さん 不二聖心女子学院(ふじせいしんじょしがくいん)高等学校 3年
タイトル:How an Overseas Experience Opened My Eyes

竹内 彩翔(たけうち・あやと)さん 岩手県立不来方(こずかた)高等学校 2年
タイトル:Listening to Silence

永富 亜結美(ながとみ・あゆみ)さん 広尾学園(ひろおがくえん)高等学校 1年
タイトル:What Oba-Chan Taught Me

 
※受賞作のエッセイ本文など詳細は、https://www.iibc-global.org/iibc/activity/essay/2019.html をご覧ください。

 

第11回IIBCエッセイコンテスト概要

■テーマ:「私を変えた身近な異文化体験」
家族や友人、先生など、身近な相手とのコミュニケーションにおいてどのような「異文化」に出会い、何を感じ、考え、どのように「異文化」を持つ相手とのコミュニケーションギャップを乗り越えたか、英語で表現する。

■表彰内容
◎本選:1校2名(2作品)までの応募、受賞者8名を決定
◎奨励賞:1校20名(20作品)以上の応募校へ贈られる賞
◎日米協会会長賞:一般社団法人「日米協会」より本選応募作品の中から、国際理解や国際交流の観点で優れた作品3名に贈られる賞

 

国際ビジネスコミュニケーション協会について

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC:The Institute for International Business Communication)は、「人と企業の国際化の推進」を基本理念とし、1986年に設立。

「グローバルビジネスにおける円滑なコミュニケーションの促進」をミッションとし、国内外の関係機関と連携しながらTOEIC Programおよびグローバル人材育成プログラムを展開している。

 

日米協会について

一般社団法人 日米協会は、日本とアメリカ両国の相互理解を深め友好関係を促進してゆくために1917年(大正6年)4月13日に東京で設立。

日米民間交流のための日本で最も歴史のある非営利団体で、日米の教育、文化面での様々なプログラムを企画運営し、幅広い交流を行っているほか、日本各地に30、米国に37ある日米協会とも連携。現在約600名の個人会員と約100社の法人会員が加入している。

 
【関連】
2019年度 結果発表|IIBCの活動|IIBCについて|IIBC
IIBCエッセイコンテスト|IIBCの活動|IIBCについて|IIBC

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です