本のページ

SINCE 1991

小野不由美さん「十二国記」18年ぶりの長編が刊行! 第1巻の初版部数は「新潮文庫史上最高」の50万部!

小野不由美さん「十二国記」18年ぶりの長編が刊行!

小野不由美さん「十二国記」18年ぶりの長編が刊行!

2002年にはNHKでアニメ化もされた、作家・小野不由美さんの代表作「十二国記」シリーズの18年ぶりとなる新作長編『白銀の墟 玄の月(しろがねのおか くろのつき)』全4巻の第1巻・第2巻が、10月12日に新潮文庫より刊行されました。

4月19日に公式ツイッターで「10月、11月に2巻ずつ発売」と告知されるや、わずか30分で「1万RT」を突破、最終的には「6万」を超えるRT、いいね!を記録。アマゾンの9月月間書籍ランキングでは、発売前にもかかわらず第1巻、第2巻が1位、2位を独占。「文学・評論」ジャンルに限れば、11月9日発売の第3巻、第4巻も含めた全4冊が、ここ何週間にも亘って第1位から第4位までを独占し続けています。

そんな状況を受けて、第1巻の初版部数は50万部に決定。これは、「新潮文庫史上最高」の初版部数です。そして、今回の新作刊行によって、シリーズ累計部数も「1000万部」の大台を突破することになりました(講談社刊行分を含む)。

 
発売にさきがけて、9月27日から紀伊國屋書店新宿本店で開催中の〈「十二国記」の世界〉展にも初日から大勢のファンが駆けつけ、一時は100人以上の入場待ちの列ができる人気ぶり。

さらに12日早朝からは、東京メトロ丸の内線・新宿駅のメトロプロムナードに、「十二国記」を彩る山田章博さんのイラストが特大サイズの柱巻広告として登場(10月18日まで)。第3巻、第4巻の表紙イラストがここで「初披露」されるほか、柱巻広告中のQRコードを読み取ると「新作PV」の限定版にもアクセスできます。

 
<「十二国記」シリーズとは>

1991年に『魔性の子』(新潮文庫)刊行で始まったこのシリーズは、我々の棲む世界とも繋がる異界〈十二国〉を舞台とした壮大なファンタジー。そして同時に、多くの謎に満ちたミステリでもある。

かの世界では、天意を受けた霊獣「麒麟」が王を選び、王と共に国を治める。十二国の一つ・戴国では、武人の驍宗が王として選ばれたが、玉座に就いて半年、州の争いを鎮圧に出掛けたまま還らない。そして、麒麟・泰麒も忽然と姿を消した。王不在で荒廃する国を救うため、女将軍が各国に協力を仰ぎ、ようやく泰麒が戴国に戻り、いよいよ王の行方を捜すのだが……果たして、この国の運命は?

 

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)
小野 不由美 (著)

18年ぶりの書下ろし新作、ついに!
驍宗様(あなた)こそ泰麒(わたし)が玉座に据えた王。
だが――。戴国の怒濤を描く大巨編、開幕!

戴国(たいこく)に麒麟が還る。王は何処へ──。
乍(さく)驍宗(ぎょうそう)が登極から半年で消息を絶ち、泰麒(たいき)も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎(りさい)が慶国(けいこく)景王(けいおう)、雁国(えんこく)延王(えんおう)の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶う。今、故国(くに)に戻った麒麟は無垢に願う、「王は、御無事」と。──白雉(はくち)は落ちていない。一縷の望みを携え、無窮の旅が始まる!

白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫)
小野 不由美 (著)

シリーズ累計1000万部突破!
王だからこそ戴国(ここ)を守りたい。
民が幸福に暮らす国となるように。

民には、早く希望を見せてやりたい。
国の安寧を誰よりも願った驍宗(ぎょうそう)の行方を追う泰麒(たいき)は、つい に白圭宮(はっけいきゅう)へと至る。それは王の座を奪い取った阿選(あせん)に 会うためだった。しかし権力を恣(ほしいまま)にしたはずの仮王には政(まつりご と)を治める気配がない。一方、李斎(りさい)は、驍宗が襲われたはずの山を目指 すも、かつて玉泉として栄えた地は荒廃していた。人々が凍てつく前に、王を捜し、 国を救わなければ。──だが。

 
【関連】
小野不由美「十二国記」新潮社公式サイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です