本のページ

SINCE 1991

【第7回ハヤカワSFコンテスト】大賞は「該当作なし」 優秀賞は春暮康一さん、特別賞に葉月十夏さん

早川書房は8月15日、第7回ハヤカワSFコンテストの選考結果を発表しました。

 

第7回の大賞は「該当作なし」に

第7回ハヤカワSFコンテストは、8月13日に早川書房内で最終選考会が開催され、次の通りの結果となりました。

 
■大賞
該当作なし

■優秀賞
春暮康一(はるくれ・こういち)さん
『オーラリメイカー』

■特別賞
葉月十夏(はづき・とおか)さん
『不可視の檻』

 
優秀賞を受賞した春暮康一さんは、1985年生まれ。山梨県甲府市出身。山梨大学大学院物質・生命工学専攻修士課程修了。
特別賞を受賞した葉月十夏さんは、1965年生まれ。千葉県出身。國學院大学文学部史学科卒業。

選考委員は、東浩紀さん、小川一水さん、神林長平さん、塩澤編集部長。詳しい選評は『SFマガジン』12月号(10月25日発売)に掲載されます。受賞作のあらすじ等は、https://www.hayakawa-online.co.jp/new/2019-08-15-110350.html をご覧ください。

贈賞式は11月22日に東京・信濃町の明治記念館にて開催。

 
なお、第7回ハヤカワSFコンテストの最終候補作は以下の5作品でした。

【最終候補作品】
◎『耳調師セツと小さな赤の女王』(成田杣道さん)
◎『Earth II Europa』(瀧本無知さん)
◎『ハチェットマンズ・ディストーション』(水町綜さん)
◎『不可視の檻』(葉月十夏さん)
◎『オーラリメイカー』(春暮康一さん)

 

ハヤカワSFコンテストについて

「ハヤカワSFコンテスト」は、早川書房が主催する、中篇から長篇までを対象としたSF作品を公募する文学賞です。今後のSF界を担う新たな才能の発掘することを目的としています。

受賞者には賞金100万円が贈られ、受賞作品は早川書房より単行本及び電子書籍が刊行されます。

 
【関連】
第7回ハヤカワSFコンテスト 最終選考結果発表

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です