本のページ

SINCE 1991

『レイワ怪談』ヒット御礼!ありがとう・ぁみさんが「怪談会」を開催

『レイワ怪談』ヒット御礼!ありがとう・ぁみさんが「怪談会」を開催

『レイワ怪談』ヒット御礼!ありがとう・ぁみさんが「怪談会」を開催

2018年に稲川淳二さん主催で行われた「怪談最恐戦」で見事優勝を果たし、巷では「第二の稲川淳二」と呼ばれている、ありがとう・ぁみさんの語りを原作とした『レイワ怪談 新月の章』『レイワ怪談 半月の章』が学研プラスより7月25日に刊行されました。

この発売を記念して、ありがとう・ぁみさんによる怪談&サイン会が8月11日(日)に紀伊國屋書店新宿本店で開催されます。

 

「令和」の「霊話」――怪奇と恐怖の短編集

『レイワ怪談 新月の章』『レイワ怪談 半月の章』は、2冊で48話を収録した怪談短編集です。

 
実は『レイワ怪談』というタイトルには、ある秘密が隠されています。

「レイワ」と聞いてまず連想するのは、新元号「令和」。
つまり本書は「令和の怪談」です。その名にふさわしく、SNSやスマホ、人工知能まで絡んだ新時代ならではの怪談も、多数収録されています。

そして怪談といえば、なんといっても幽霊の話。
つまり本書は「霊話の怪談」なのです。霊、霊、霊…。本書には、幽霊の話があふれています。

例えば…
・ライブ配信中のアイドル。その背後に何かが映った…
・交通事故現場をスマホで撮影したら、映ってはいけないものが…
・自分以外、誰もいないのに…勝手に光りだすエレベーターのボタン
・ファーストキスの相手は、幽霊だった!
・誰も住んでいない廃墟で、突然、電話が鳴り出した!
・住人が、次々と首つり自殺してしまう恐怖のアパート
などなど。

病院中に現れる、おばあさんの霊

病院中に現れる、おばあさんの霊

買ってはいけないリサイクルショップ

買ってはいけないリサイクルショップ

幽体離脱したまま、元の体に戻れなくなった…

幽体離脱したまま、元の体に戻れなくなった…

『新月の章』扉絵 『幼女戦記』で人気の篠月しのぶさん、渾身の書き下ろし!

『新月の章』扉絵 『幼女戦記』で人気の篠月しのぶさん、渾身の書き下ろし!

『半月の章』扉絵。『幼女戦記』で人気の篠月しのぶさん、渾身の書き下ろし!

『半月の章』扉絵。『幼女戦記』で人気の篠月しのぶさん、渾身の書き下ろし!

 

Amazon「本 こどものホラー・怖い話」部門で、発売から6日間、1位・2位を独占!

猛暑の真っただ中で『レイワ怪談』がヒットしています。

Amazon売れ筋ランキング「本 こどものホラー・怖い話」部門では、発売から6日間、『レイワ怪談 半月の章』と『レイワ怪談 新月の章』の2冊が、ランキングの1位・2位を独占しました(2019/7/24~7/31調べ)。

このヒットの御礼も兼ねて、原作者のありがとう・ぁみさんによる「怪談&サイン会」が実施されます。暑い夏、怖い話で冷やっとしてみてはいかがでしょうか?

 
【『レイワ怪談』発売記念 ありがとう・ぁみ 特別に選んだ「怖い話」会】開催概要

■日時:2019年8月11日(日)15:00開始 (14:45開場)

■会場:紀伊國屋書店新宿本店 9階イベントスペース

■出演者:ありがとう・ぁみさん

■内容
◎珠玉の怪談を披露。
◎怪談終了後、サイン会を実施。
※当日会場で、『レイワ怪談』を販売。

■定員:50名

■料金:無料

※参加方法など、詳細は、https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20190730095827.html をご確認ください。

 

ありがとう・ぁみさん プロフィール

ありがとう・ぁみさんは、1982年9月29日生まれ。山口県宇部市出身。怪談家、MC、作家、脚本、演出、YouTubeなどで活躍中。

「第二の稲川淳二」との呼び声も高い。YouTubeチャンネル「怪談ぁみ語」も大人気。著書に『ありがとう・ぁみの學校奇譚』(だいわ文庫)、『怪談日記-怖い体験をしすぎて怪談家になってしまった芸人-』(イカロス出版)がある。

 

レイワ怪談 新月の章 (5分後の隣のシリーズ)
ありがとう・ぁみ (原著)

霊、霊、霊…。
この世は霊であふれている。
新時代(令和)の心霊ストーリー(霊話)が、大人気「5分後の隣のシリーズ」に登場。
5分で読めて一晩中怖い、怪奇と恐怖の怪談短編集!

【出版社からのコメント】
「夏といえば怪談、怪談といえば稲川淳二」というのが昭和・平成の定番だった。
今この令和に「第二の稲川淳二」と呼ばれる最恐の怪談家がいる。
その名は、ありがとう・ぁみ(吉本興業)。
2018怪談最恐戦で優勝して、怪談最恐位「怪凰」に輝く。新時代・令和の怪談界を背負って立つ男だ。本作では、ぁみの語りを原作として、児童書の学研が短編小説集に仕立て上げた。
子どもから大人まで「心も体も震える」怪談アンソロジーである。

レイワ怪談 半月の章 (5分後の隣のシリーズ)
ありがとう・ぁみ (原著)

 
【関連】
【新宿本店】『レイワ怪談』発売記念 ありがとう・ぁみ 特別に選んだ「怖い話」会(2019年8月11日) | 本の「今」がわかる 紀伊國屋書店

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です