本のページ

SINCE 1991

地方ラジオドラマから生まれた小説『ラストメッセージ』 やさしい奇跡が胸に響く!愛とスマホと涙の短篇集

藤田雅史さん著『ラストメッセージ~天国からの返信~』

藤田雅史さん著『ラストメッセージ~天国からの返信~』

新潟放送(BSN)で放送中の、地方局発ラジオドラマ『ラストメッセージ~天国からの返信~』が、書籍化され発売中です。

喪失と再生の「グリーフワーク」をテーマに6話を収録した短篇小説集で、ラジオドラマの書籍化はBSN初の試みとなります。出会いと別れ、孤独、恋愛、挫折と後悔…人生の岐路に立たされたとき、愛する人を喪ったとき、胸に響く言葉がある。そんな、人を想うやさしい気持ちにあふれた大人のファンタジー小説です。

 

地方局発のラジオドラマから、一冊の本が誕生

新潟放送(BSN)で3シーズンにわたって放送されているラジオドラマ『ラストメッセージ~天国からの返信~』。脚本家・藤田雅史さん自らがノベライズした短篇小説集が、2019年6月15日に発売されました。

同書には、《天国にいるあの人から届く返信》を軸に、現代を生きる市井の人々の喪失と再生を描く、心温まるやさしい奇跡の物語が6篇収録されています。発売開始後、地方エリアの書店で好評を博し、現在、Amazon等でも購入可能です。

 
大切な人を失い、心の中にわきあがってくる様々な感情を表に出せない。その気持ちは、古今東西、地域や文化に関係なく、多くの人間が胸に抱え続けているものではないでしょうか。

この物語では、「メール/メッセージ」という現代的なツールを介して、天国にいる大切な人ともう一度コミュニケーションをとる、そんな妄想と現実の狭間のようなファンタジーを描いています。

★書籍『ラストメッセージ』特設サイト:http://025stories.com/lastmessage/

 

本書のあらすじ

 
【イントロダクション】

届くはずのない、天国のあの人にあてたメールに、もしも返信が届いたら…。3シーズンにわたり放送中のBSN人気ラジオドラマシリーズ『ラストメッセージ~天国からの返信~』。

これまで放送された40話以上の作品の中から6篇を厳選し収録した短篇小説集です。出会いと別れ、孤独、恋愛、挫折と後悔…人生の岐路に立たされたとき、愛する人を喪ったとき、胸に響く言葉がある。大切な人がいなくなった現実と向き合い、その現実を受け入れ、再び自分らしく生きる喜びを持つまでのプロセス=「グリーフワーク」を物語の中で表現した、人を想うやさしい気持ちにあふれた大人のファンタジーです。

 
【あらすじ】

■第一話「光」

家族を捨てた父親が娘の結婚式に招待される。しかし親戚連中からの視線は冷ややかで、どこにも居場所がない。そんなとき、ふと死んだ元妻にメールを書くと…

■第二話「かなしい怪獣」

ある日、会社の男から余命を告白された同期の女子社員。少し風変わりな彼から一緒に買い物に行って欲しいと頼まれた彼女は、彼の奇妙な「自分磨き」に付き合って…

■第三話「いつかのハワイ」

「いつかハワイへ」その亡き妻の夢を叶えるために一家でハワイへと旅立った男。しかし息子と娘は遊ぶことしか考えていない。南国リゾートで見つけた家族の絆とは…

■第四話「前夜」

結婚前夜。思い出すのは大学時代に付き合っていた最愛の恋人のこと。死に別れた彼と婚約者の彼。愛するふたりの狭間で心が揺れる彼女はついにスマホを手にとり…

■第五話「彼女が眠る夜に」

結婚に失敗したバーのマスターのもとに、ある朝、別れた妻の訃報が届く。毎晩店内の人間観察をするのが趣味のその男は葬儀に参加せず今夜もカウンターに立って…

■第六話「ありがとう」

母親になったその日からひとり娘に惜しみない愛情をずっと注ぎ続けた彼女。しかし娘の身体に病が見つかり…絶望の果てに訪れる奇跡と、彼女にとっての救いとは…

 

藤田雅史さん プロフィール

著者の藤田雅史(ふじた・まさし)さんは、1980年生まれ。日本大学芸術学部卒業。ラジオドラマの脚本を120本以上担当。2019年現在、BSNラジオ『ラストメッセージ~天国からの返信~』放送中。

ウェブ上にてサッカー短編小説「フットボールとラブソング」連載中。他、エッセイ、戯曲、散文詩など小説・脚本以外の分野でも作品を発表。

★藤田雅史さん公式サイト:http://025stories.com

 

ラストメッセージ
藤田雅史 (著)

天国のあの人にあてた届くはずのないメールに、返信が届いたら・・・
3シーズンに渡り放送中のBSNの人気ラジオドラマシリーズ「ラストメッセージ~天国からの返信~」。
これまで放送された作品群から6篇を厳選し収録した短編小説が誕生。

出会いと別れ、孤独、恋愛、挫折と後悔・・・人生の岐路に立たされたとき、愛する人を喪ったとき、胸に響く言葉がある。
人を想うやさしい気持ちにあふれた大人のファンタジー。

大切な人のメモリをまだ消去できない、愛する人を喪ったかなしみを胸に抱えている、そんな人々の心に届く愛と救いの物語。6つのやさしい奇跡がここにある。

 
【関連】
やさしい奇跡が胸に響く、短篇小説集『ラストメッセージ』ってどんな本? | Things

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です