本のページ

SINCE 1991

国語辞典『大辞泉』が「あなたの言葉を辞書に載せよう。2019」キャンペーンを開始 第4回「大辞泉が選ぶ新語大賞2019」も同時開催!

国語辞典『大辞泉』が「あなたの言葉を辞書に載せよう。2019」キャンペーンを開始

国語辞典『大辞泉』が「あなたの言葉を辞書に載せよう。2019」キャンペーンを開始

小学館の国語辞典『大辞泉』編集部は、5月18日のことばの日を記念し、同日から「あなたの言葉を辞書に載せよう。2019」キャンペーンを開催中です。

また、スピンオフ・キャンペーンとして、第4回「大辞泉が選ぶ新語大賞2019」も同時開催しています。

 

「あなたの言葉を辞書に載せよう。2019」とは

小学館『大辞泉』による「あなたの言葉を辞書に載せよう。」は、2013年に初開催され、今年で7年目を迎えるユーザー投稿型キャンペーンです。

一般の方々が考える言葉のイメージ(意味)が実際に国語辞典に掲載される、という画期的な試みは、『笑っていいとも!』でのコーナー化をはじめ、ニュース番組や全国紙など300以上のメディアで紹介され大きな話題となり、毎年「ことばの日」にスタートする恒例の企画として注目を集めています。

日本語の言葉の意味や使い方は、時代とともに日々進化し、変化していきます。本キャンペーンは、ネット辞書のなかでもNo.1の収録語数を誇る国語辞典『大辞泉』が、年代や性別、人によって解釈が違う言葉の姿を、様々な角度から捉え直してみようという試みです。

編集部が選んだ10の言葉のイメージを一般の方々から広く募集。優秀作品は『大辞泉』デジタル版に収録。アプリや電子辞書、「goo辞書」をはじめとする各種ポータルサイトの公式辞書に実際に掲載してしまう、という画期的なキャンペーンです。

 
テーマは【令和】【誠意】【東京大学】【官僚】【本】【妻】【夫】【アルバイト】【盛る】【アダルト】。 この10の言葉のイメージ(意味)を募集します。

 
<昨年採用された優秀作品(一部)>
【平成】……ゆとりが生まれ、生活からゆとりが姿を消した時代。(朔野さん)
【父】……子供にとっての「世間代表」。(nodokaさん)
【不倫】……ホテル・旅館の、重要な収入源の一つ。(Ami_rさん)

 

「あなたの言葉を辞書に載せよう。2019」概要

■実施概要:
◎キャンペーンサイトやSNS等で10の言葉のイメージ(意味)を一般より広く募集し、小学館『大辞泉』編集部がひとつの言葉に対して、約10作品を選定。2020年4月の改訂時に『大辞泉』デジタル版で各語の「補説欄」に載録します。
◎goo辞書、コトバンク、ジャパンナレッジでも順次、掲載していきます。

■10の言葉:「令和」「誠意」「東京大学」「官僚」「本」「妻」「夫」「アルバイト」「盛る」「アダルト」

■投稿募集期間:2019年5月18日(土)~11月17日(日)

■応募方法:キャンペーンサイト投稿フォーム(Twitterからも投稿可能)、ハガキ

■応募先
◎キャンペーンサイト投稿フォームの場合:キャンペーンサイト(http://kotoba.daijisen.jp
◎ハガキの場合:〔101-8001〕東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館「大辞泉編集部」宛

■賞品:全応募者から抽選で1名に「iPad mini 5(128GB)」をプレゼント
※期間内にモデルチェンジ等がある場合、仕様や賞品内容が変わる可能性があります。
※色は選べません。
※賞品は本体のみのプレゼントとなります。インターネットへの接続には、別途、回線の契約が必要となります。
※賞品の発送をもって当選者の発表とします。

 

第4回「大辞泉が選ぶ新語大賞2019」とは

3年前、「あなたの言葉を辞書に載せよう。」キャンペーンのスピンオフ企画としてスタートしたのがこの「大辞泉が選ぶ新語大賞」です。

毎年たくさんの新しい言葉が生まれ、その年の象徴として年末の大きな話題となっていますが、その中に、“後世まで残る新語”は一体いくつあるのでしょうか?

そこで本企画では、まだ辞書に載っていない「新語」を、ツイッター等から一般の方々より広く募集。その中から『大辞泉』編集部が“辞書に載る新語”を毎月選定・発表し、実際に『大辞泉』に載録します。

また11月下旬には、その中から最も影響力のある新語を「大辞泉が選ぶ新語大賞」として選定し発表します。第3回目の昨年は2070件の新語の応募があり、大賞として【空白恐怖症】が選出されました。

 

第4回「大辞泉が選ぶ新語大賞 2019 あなたの新語も辞書に載せよう。」概要

■実施概要
◎キャンペーンサイトおよびSNSで、『大辞泉』に未収録の新語を広く募集します。小学館『大辞泉』編集部が収録候補となる作品を毎月発表し、更に2019年11月末には「大辞泉が選ぶ新語大賞」を発表。それらの言葉の語釈を、編集部が執筆陣に依頼し、2020年4月の改訂時に『大辞泉』デジタル版で載録します。
◎goo辞書、コトバンク、ジャパンナレッジでも順次掲載します。

■投稿募集期間:2019年5月18日(土)~11月17日(日)

■応募方法:「大辞泉が選ぶ新語大賞」キャンペーンサイトから/Twitterからの投稿(ハッシュタグによる投稿)

■応募先
◎キャンペーンサイト:http://www.daijisen.jp/shingo/
◎Twitterハッシュタグ:#大辞泉#新語 ※2つのハッシュタグをつけて投稿

■賞品
◎全応募者から抽選で、6月から11月まで毎月30名に「Amazonギフト券500円分」をプレゼント(当選者合計180名)。
◎またキャンペーン終了後には「大辞泉が選ぶ新語大賞」を選定し、その新語を投稿した方の中から抽選で「Amazonギフト券1万円分」を1名にプレゼント。※賞品の発送をもって当選者の発表とします。

 

「大辞泉が選ぶ新語大賞」で募集する“新語”の事例

※昨年の新語大賞に入選した「新語」とその語釈の例です。

【空白恐怖症】……自分の仕事がないときに、あたかも仕事をしているように見せるためにダミーの予定やフェイクの予定を入れるほど、自分の予定が空白な事を恐れること。

【卒婚】……結婚の卒業。結婚という形式は維持しながらも、夫婦が互いに干渉せず、それぞれの人生をそれぞれに歩んで行く。

【ご飯論法】……言い逃れ答弁の論法で、「朝ごはんを食べましたか?」という質問に「(朝、パンは食べたけど、ごはん=米飯は)食べていない」と答えるようなやり方。

【いみふ】……意味不明の略。

【姉活】……女性が男性に対し、姉として資金援助を行う活動。血縁関係はない、異性の友人付き合いの一環。

 

『大辞泉』はネット&デジタル時代にマッチした“生きている国語辞典”

新しい言葉の採録に積極的に取り組んでいる“生きている国語辞典”『大辞泉』のデジタル版データは、最新採録語数・約30万4,190語(2019年5月現在)に達し、ネット辞書のなかでもナンバーワン。さらに毎年3回、毎回約2,000語の新語を追加し定期更新しています。

その先進性が評価され、コトバンク、goo辞書など国内主要ポータルサイトの辞書データとして採用されているほか、主要な電子辞書にも搭載されています。

<大辞泉公式ウェブサイトについて>

★URL:http://www.daijisen.jp

“生きている国語辞典”『大辞泉』の知られざる特長、幅広い展開事例、関連する著名人のメッセージ、関連最新ニュースなどをご覧いただけます。『舟を編む』の小説家・三浦しをんさんからの特別メッセージも読めます。

※『大辞泉』公式ウェブサイトでもキャンペーンについての情報発信しています

 
【関連】
あなたの言葉を辞書に載せよう。2019|小学館 大辞泉
第4回大辞泉が選ぶ新語大賞 あなたの新語も辞書に載せよう。|大辞泉|小学館
大辞泉|小学館

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です