本のページ

SINCE 1991

辻仁成さん20年ぶり書き下ろし恋愛小説『愛情漂流』刊行記念!トークショウ&お渡し会を開催

辻仁成さん著『愛情漂流』

辻仁成さん著『愛情漂流』

竹書房は、芥川賞作家・辻仁成さんがベストセラー『冷静と情熱のあいだ』以来、20年ぶりに書き下ろした恋愛小説『愛情漂流』を5月24日に刊行します。

この刊行を記念して、辻仁成さんがこの『愛情漂流』を書くに至った理由を通して、恋愛や性や愛についてを語るトークイベントが5月22日に開催されます。

 

辻仁成さん『愛情漂流』刊行記念トークショウ&お渡し会を開催!

『愛情漂流』では、2019年の東京を舞台に、子供が同じ幼稚園に通う2組の夫婦がそれぞれ抱える性と愛の問題に揺れ、間違いを犯し、悩み、そしてひとつの光にたどり着く…そんな普通に生きる男女の姿を生き生きと、ときには生々しく、辻仁成さんが丹念に描いています。

この刊行を記念して、辻仁成さんのトークイベントがを5月22日に、「入場料をとる書店」という新時代の書店としてオープンした六本木「文喫」で開催されます。

 
<「辻仁成『愛情漂流』刊行記念トークショウ&お渡し会」 開催概要

■開催日時:2019年5月22日(水) 16:00~

■開催場所:文喫 六本木店

■参加方法:文喫 – STORES.jpで、辻仁成『愛情漂流』を購入
※詳細は下記「チケット購入サイトをご確認ください。

★チケット購入サイト:https://libropb.stores.jp/items/5ccd188df8975470b0c92ac5

 

辻仁成さん プロフィール

辻仁成(つじ・ひとなり)さんは、作家。パリ在住。

1989年に『ピアニシモ』ですばる文学賞、1997年に『海峡の光』で芥川賞を受賞。1999年に『白仏』でフランスの代表的な文学賞「フェミナ賞・外国小説賞」を日本人として唯一受賞。

ミュージシャン、映画監督、演出家など文学以外の分野にも幅広く活動。

 

愛情漂流
辻 仁成 (著)

「冷静と情熱のあいだ」から20年
辻仁成最新作はいまの東京を舞台にした性と愛の物語

子どもが同じ幼稚園に通う二組の夫婦。
パートナーに対するほんの少しの隙間から始まった不倫が、4人の運命を大きくかえてゆく。

妻を抱かない夫
夫に関心のない妻
娘の友達の母親と関係を持った男
妻子のある男を誘惑した女

漂流する4人の男女、そのたどり着く先は…?

 
【関連】
【5月22日】辻仁成『愛情漂流』刊行記念トークショウ&お渡し会 | 文喫

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です