本のページ

SINCE 1991

新元号「令和」典拠「万葉集」が売り切れ続出!KADOKAWAは1万6000部の緊急重版を決定

新元号「令和」典拠「万葉集」が売り切れ続出!KADOKAWAは緊急重版を決定

新元号「令和」典拠「万葉集」が売り切れ続出!KADOKAWAは緊急重版を決定

KADOKAWAは、「万葉集」を出典とする新元号「令和」の決定にともない、関連する角川ソフィア文庫の緊急重版を決定しました。

 

新元号「令和」の典拠は「万葉集」梅花の歌32首「序」 角川ソフィア文庫が緊急重版決定!

角川書店・編『万葉集 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』(角川ソフィア文庫)は、日本最古の歌集から名歌約140首を厳選。万葉集のエッセンスを現代人にやさしく解説したベストセラーです。

今回の新元号の典拠となる巻五梅花の歌32首「序」が掲載されているのは、伊藤博さん訳注『万葉集 一 現代語訳付』第一巻385-386ページ。全首を歌群ごとに分けて現代語訳を付した『万葉集』四分冊の第一巻です。

 
新元号の発表直後から両書籍ともに書店注文が相次ぎ、ネット書店でも売り切れが続出。これに対応するため、各8000部の重版を決定し、追加の重版も検討中とのことです。

 
<角川ソフィア文庫について>
角川文庫(1949年創刊)において、創業の伝統を受け継ぐ総合教養文庫レーベルとして、古典・歴史・詩歌・思想・自然科学等の書籍を刊行しています。現在、毎月5~6点の新刊を発売中。

 

角川ソフィア文庫「万葉集」関連書

■シリーズ累計6万部『新版 万葉集 現代語訳付き』(訳注:伊藤博さん)

◎一巻:https://amzn.to/2JXCWCq
『万葉集』全20巻4500余首の歌からは、古の人々の息づかいが聞こえる。日々を真摯に生きる彼らの姿は、1300年余りの時を超え、人の営みが不変であることを私たちに教えてくれる―。4分冊第1巻の本書では、『万葉集』の母体をなす古歌巻の巻1と2、対する古今歌巻の巻3と4、今歌巻の巻5を収載。そして新版最大の特徴は、歌群ごとに付した現代語訳。前後の歌とともに歌群として味わうことでより深い鑑賞が得られる。

◎二巻:https://amzn.to/2JX8QyY
1300年余りを隔てた古の人々はどんな恋に身を焦がし、誰の死を悼み、そしてどんな植物や動物、自然現象に心を奪われたのか―。全歌を鑑賞に適した歌群に分けて現代語訳を付し、新版として見やすく生まれ変わった伊藤博訳注の『万葉集』4分冊の第2巻。本書では、今歌巻の巻6から柿本人麻呂の歌集を規範とする巻7、整然とした部立で四季を味わう巻8と巻10、人麻呂のほか高橋虫麻呂の歌集も加わった巻9の計5巻を収載。

◎三巻:https://amzn.to/2uFmWdS
『万葉集』全20巻は、志をもった古代人たちが、自分たちが日本人であることを意識しながら、あるいは無意識ながらも真摯に向き合い、総がかりで生み出した公的で壮大な歌集であった―。4分冊第3巻の本書では、古今相聞往来歌集を収める巻11と巻12、大和圏の長歌の巻13、東国の短歌を集めた著名な巻14、他の巻には類のない2つの長編歌物語集によってなる巻15、異常な因縁に支えられたおもしろおかしい短編歌物語の巻16を収載。

◎四巻:https://amzn.to/2U819KV
民族的歌集であるとともに古代人が生み出した悲しいまでに美しい文学的遺産『万葉集』―。4分冊最終巻の本書では、全巻を締めくくる大伴家持の歌日記を資料とする巻17から巻20を収載。天平末期以降の家持とその周囲の生き様を詠む。以下、解説・万葉集目録・冒頭歌原文・作者別索引・初句索引を収載。深い鑑賞を得られる歌群ごとの構成で現代語訳を付し、新版として見やすく生まれ変わった伊藤博訳注の『万葉集』完結。

 
■累計20万部『ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 万葉集』(編:角川書店)

さまざまな階層の人々が自らの心を歌ったわが国最古の歌集「万葉集」から名歌約140首を選び丁寧に解説。参考歌を含めて約200首を収録。参考情報を付しながら、歌に託した万葉人のさまざまな思いがよくわかるように構成。原文も現代語訳も総ルビ付きで、朗読にも最適。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です