本のページ

SINCE 1991

【第10回鮎川信夫賞】中尾太一さん『ナウシカアの花の色と、〇七年の風の束』と四方田犬彦さん『詩の約束』が受賞

時代に向き合うすぐれた詩集・詩論集に贈られる第10回鮎川信夫賞は3月4日、ホテルグランドヒル市ヶ谷で選考会が行われ、受賞作品が決定しました。

 

第10回鮎川信夫賞が決定!

第10回鮎川信夫賞には、2018年1月1日から同年12月31日までに刊行された詩集、及び詩論集(ただし翻訳、再版、選集、外国語によるものは除く)のうち、公募と推薦のあった105冊の詩集・詩論集の中から、次の2作品が選ばれました。

 
■第10回鮎川信夫賞

◎中尾太一(なかお・たいち)さん
『ナウシカアの花の色と、〇七年の風の束』(書肆子午線)

◎四方田犬彦(よもた・いぬひこ)さん
『詩の約束』(作品社)

 
選考委員は、北川透さん、吉増剛造さん。

「受賞のことば」「選考経過」など詳細は、『現代詩手帖』2019年4月号に掲載されます。

受賞者には賞金50万円(各25万円)が贈られます。贈呈式は2019年4月26日(金)午後6時30分より、アルカディア市ヶ谷にて開催。

 
なお、最終候補作品は以下の10作品でした。

【最終候補作品】
◎小池昌代さん『赤牛と質量』(思潮社)
◎大木潤子さん『私の知らない歌』(思潮社)
◎和合亮一さん『QQQ』(思潮社)
◎中尾太一さん『ナウシカアの花の色と、〇七年の風の束』(書肆子午線)
◎菊井崇史さん『ゆきはての月日をわかつ伝書臨』(書肆子午線)
◎友理さん『雨の巨人』(響文社)
———
◎安藤元雄さん『『悪の華』を読む』(水声社)
◎三浦雅士さん『孤独の発明 または言語の政治学』(講談社)
◎四方田犬彦さん『詩の約束』(作品社)
◎添田馨さん『クリティカル=ライン――詩論・批評・超=批評』(思潮社)

 

鮎川信夫賞について

鮎川信夫賞は、2009年に『現代詩手帖』の創刊50周年を契機に創設。鮎川信夫現代詩顕彰会が主催。

戦後の現代詩を代表する詩人の鮎川信夫さんにちなみ、時代に向き合うすぐれた詩集・詩論集に贈られる文学賞です。

 

ナウシカアの花の色と、〇七年の風の束
詩人・中尾太一の新たな展開を示す待望の新詩集。鳥の絵の大きな叛旗をかざして詩は自由の地へ行く、中尾太一のあふれるエレジーその未踏のカナシミを大声で歌え!「かつて/世界概観バイシクルの車輪が回ると風が吹いていた、太陽の光を少しだけ信じていた虹の青は銀やんまの銀に溶け/突出したさいのうを風の中に送った、二、三、四人、の壊れたペダリングにうきうきした日から、詩がずっと若いよ」(「ちからのオリジン、二〇〇七」より)

詩の約束
屈辱と陶酔の少年時代、自己解体の青年時代、内部の地獄をさ迷う後悔と恍惚の壮年時代。《人生の乞食》から《わが煉獄》の現在へと辿る人生を共にした詩と詩人たちの真実。

 
【関連】
思潮社 編集部から ≫ 第10回鮎川信夫賞が決定しました!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です