本のページ

SINCE 1991

『逃亡者おむすびころりん』出版プロジェクトをクラウドファンディングで実施中 日本語⇒英語⇒日本語の自動翻訳で綴るシュールな絵本

『逃亡者おむすびころりん』出版プロジェクトをクラウドファンディングで実施中 日本語⇒英語⇒日本語の自動翻訳で綴るシュールな絵本

『逃亡者おむすびころりん』出版プロジェクトをクラウドファンディングで実施中 日本語⇒英語⇒日本語の自動翻訳で綴るシュールな絵本

アーティストユニット「Hara seal Factory of Japan」(代表:原倫太郎さん)は、インターネット上の自動翻訳サービス(10種類)を駆使し、「日本語」⇒「英語」⇒「日本語」で再翻訳して作る日本昔話絵本『逃亡者おむすびころりん』の出版プロジェクトを、クラウドファンディング(Kibidango)で実施しています。

 

自動翻訳で綴るロングセラー絵本『匂いをかがれるかぐや姫』シリーズ最新作、『逃亡者おむすびころりん』の出版プロジェクトをクラウドファンディングで実施中!

第一弾『匂いをかがれるかぐや姫』は、2008年文化庁メディア芸術祭(エンターテインメント部門)において、奨励賞を受賞。第二弾『背面ストライプの浦島太郎』もSNS等で大きな話題となりました(累計38,000部/共にマガジンハウス刊)。

今回、題材に選ばれた日本昔話は「おむすびころりん」。自動翻訳が繰り出す言葉の表現の数々は、人間では到底思いつかない想像を遥かに超えたマジカールワールド。 大いに笑え、また涙し、様々な観点から楽しむことができるシュールな絵本です。

 

【クラウドファンディング (kibidango)】「逃亡者おむすびころりん」プロジェクト 概要

★URL:https://kibidango.com/718

■実施期間:2018年8月6日(月)~10月3日(水)

■絵本概要
・タイトル:『逃亡者おむすびころりん 日本昔ばなしRemix』
・文:原倫太郎さん、絵:原游さん、翻訳:自動翻訳
・サイズ:A4変形
・カラー:モノクロ/フルカラー
・ページ数:80p
・販売冊数:500部
・販売価格:2,000円(税込)
・発売時期:2018年11月

■絵本の構成
翻訳前は誰もが知っている「おむすびころりん」の話。再翻訳後は自動翻訳(Google翻訳やYahoo翻訳など10種類)が繰り出す文章を作者がミックスし、誤訳だらけのストーリーが繰り広げられ、それらが交互に展開します。

 

著者プロフィール

■原倫太郎さん(文章担当)

現代美術家。2004年「第7回岡本太郎記念現代芸術大賞展」特別賞受賞。

近年の個展に、2017年「回転から、はじまる」府中市美術館(東京)、2018年「上昇と下降-白夜と極夜-」ヘルシンキ(フィンランド)など。

 
■原游さん(イラスト担当)

画家。近年の個展に2013年「Yu Hara -SAN-SUI-」パリ(フランス)、2016年原游「山水 SAN-SUI 」市原湖畔美術館(千葉)など。

 
【関連】
自動翻訳で作る絵本「匂いをかがれるかぐや姫」シリーズの最新作を出版したい!(By 原倫太郎+原游) – クラウドファンディング | Kibidango【きびだんご】

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です