本のページ

SINCE 1991

『「エンタメ」の夜明け』馬場康夫さん×堀江貴文さん×『BRUTUS』編集長によるラジオ特別番組を放送〔2/6〕

『「エンタメ」の夜明け』馬場康夫さん×堀江貴文さん×『BRUTUS』編集長によるラジオ特別番組を放送

『「エンタメ」の夜明け』馬場康夫さん×堀江貴文さん×『BRUTUS』編集長によるラジオ特別番組を放送

馬場康夫さんの著書『新装版 「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た日』が「聴く本」としてオーディオブック化されたことを記念して、TOKYO FMでは2月6日(水)20時から特別番組『エンタメの夜明けスペシャル~あのBarで、もう一度』を放送します。

同番組は、著者の馬場さんが、『「エンタメ」の夜明け』の熱心な読者である堀江貴文さん、『BRUTUS』編集長・西田善太さんと対談する模様を収録したものです。

 

『新装版「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た日』オーディオブック化!豪華ゲストが“あのBar”に集結!

2月6日(水)20時から特別番組『エンタメの夜明けスペシャル~あのBarで、もう一度』が放送されます。

『新装版 「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た日』の著者であり、1980年代に『私をスキーに連れてって』『気まぐれコンセプト』など数々のヒット作品を生み出した仕掛け人であるホイチョイ・プロダクションズ代表の馬場康夫さん、堀江貴文さん、西田善太さん(『BRUTUS』編集長)らがラジオの中のBarに集まって日本の「エンタメ」の礎を築いた時代と、そこから学ぶものについて語り合う番組です。

 
ディズニーランドを浦安に誘致するプレゼンテーションをディズニーにおこなった堀貞一郎さんのTOKYOFM番組に出演した貴重な過去の対談音源を放送。また、TOKYO FMのワイド番組『Skyrocket Company』(月-木17:00-19:52)で秘書を務める浜崎美保さんがお客さんとして登場します。

 
堀江貴文さんは『「エンタメの夜明け」』について、「刑務所に入る時の“読む本リスト”に入れていた。今まで僕がやれていなかったことが書いてあった」「受験には正解があるけど、ディズニーランドを誘致することに正解はない。こんなことまでやるの!?の連打」と興奮気味に話し、「昨年自分が手がけたミュージカルはエンタメと食がテーマだったけど、この本を読んだからこそできた」と振り返ります。

西田善太さんはディズニーランドを誘致したキーパーソンの小谷正一さんと堀貞一郎さんについて、「堀さんの講演会を聴きに行ったことがあるのですが、ディズニーランドの水飲み場が向かい合わせに作られている話など…感動しましたね。一方、堀さんの師匠・小谷正一さんは表に出てこない。広告会社でも名前を聞かなかった。影響力はもの凄かったけど、黒子に徹していたのかな」など、実体験を交えながら語っています。

 

『エンタメの夜明けスペシャル~あのBarで、もう一度』 番組概要

■放送日時:2019年2月6日(水)20:00~20:55

■概要:東京ディズニーランドはいかに誕生したか――。
小谷正一さん、堀貞一郎さんという2人のプロデューサーの視点から日本のエンターテインメントビジネスの草創期を描いたノンフィクション『エンタメの夜明け』。同著執筆のきっかけとなった1996年TOKYO FMで放送した堀貞一郎さんのインタビュー、東京ディズニーランド招致のいきさつや、堀江貴文さん、西田善太さん(『BRUTUS』編集長)を迎えて、現代の視点から紐解くエンタメ論が、今宵再び”あのBar”で繰り広げられます。

■出演:馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)、堀江貴文さん、西田善太さん(『BRUTUS』編集長)、浜崎美保さん(『Skyrocket Company』パーソナリティ)、他

■放送局:TOKYO FM

★番組HP:https://www.tfm.co.jp/audiobook/

 

新装版 『「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た日』オーディオブックについて

<あらすじ>

小谷正一さん、堀貞一郎さんという2人のプロデューサーを軸に、日本のエンターテインメントビジネスの草創期から、東京ディズニーランド誕生までを追うノンフィクション。

2人が魅せられた、ウォルト・ディズニーという巨人にもスポットを当てながら、究極のテーマパーク招致に奔走し、成し遂げるまでを描きます。

エンタメ業界黎明期、ラジオでもテレビでも万博などのビッグイベントでも、手探りで市場を切り拓いてきた男たち。その彼らの心を捉えて離さなかった、ウォルト・ディズニーの偉業。彼らの思いが、やがて世界を席巻する「テーマパーク」というビジネスとして花開きます。ときに破天荒に、ときに緻密に、「夢」を形にしていく姿は、まさに痛快。物語として楽しめるだけでなく、あらゆるビジネスマンに勇気とヒントを与える一冊です。

 
<『「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た日』がオーディオブック化>

★特設サイトURL:https://pages.audiobook.jp/special/entame-no-yoake/index.html
■販売価格:1,296円
■作者:馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ)
■出版社:講談社
■ナレーター:伊藤明賢さん
■配信元:オーディオブック配信サービス「audiobook.jp」
■制作:株式会社オトバンク、株式会社ジグノシステムジャパン

 

■書籍版
新装版「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た日 (講談社+α文庫)
ウォルト・ディズニー、小谷正一、堀貞一郎―見えない因縁の糸で結ばれた日米3人のプロデューサーたち。東京ディズニーランドはいかにして誕生したのか。したたかでウイットに富んだ男たちの「戦い」が、日本のエンターテインメント・ビジネスの夜明けを告げた―。

 
【関連】
オーディオブック新装版「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た日
新装版「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た日 – audiobook.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です