気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『この薬、飲み続けてはいけません!』薬をやめれば超元気になる!

内山葉子さん著『この薬、飲み続けてはいけません! 薬をやめれば超元気になる』

内山葉子さん著『この薬、飲み続けてはいけません! 薬をやめれば超元気になる』

ベストセラー『パンと牛乳は今すぐやめなさい!』の著者で、葉子クリニック院長の内山葉子さんの著書『この薬、飲み続けてはいけません! 薬をやめれば超元気になる』が、マキノ出版より刊行されました。

 

抗生物質、胃薬、痛み止め、コレステロール薬に要注意! 降圧薬、抗うつ薬のやめ方も伝授

すべての薬は、内臓、特に腎臓と肝臓に負担をかけます。そのため、短期間でわかるハッキリした副作用以外にも、体に害を与えます。ですから、不要な薬はできるだけ飲まないことが、健康を保つ秘訣です。

しかし、極端に薬を拒絶するのも危険です。本当に必要な薬もあるからです。また、できればやめたほうがいいが、急激にやめると危険なため、医師の慎重な判断のもとで、やめる必要のある薬もあります。

本書では、そのなかから、特に、「長期的にくり返し使うことで多くの問題が生じる。しかもそれがあまり知られていない」「頻繁に使われている」「安易に投与されている」「漫然と長期的に使われやすい」薬について解説しています。

誤解してはいけないのは、これらの薬は「使ってはいけない」わけではありません。必要なときは使うべきです。しかし、いずれも、長く使い続けるメリットはありません。それどころか、漫然と飲み続けることで、かえって体調を悪くしているケースが多く見られます。

ですから、これらの薬については、「必要な一時期だけ飲むのはいいけれど、漫然と飲み続けるのはやめましょう」と呼びかけています。この本のタイトルが、「この薬、飲んではいけません」ではなく、「この薬、飲み続けてはいけません」なのは、そのためです。

 

本書の構成

第1章 なぜ、医師の私がこの本を書いたのか?

第2章 飲み続けてはいけない薬

第3章 飲み続けないほうがいいが、やめる際に注意が必要な薬

第4章 知っておきたい西洋薬の問題点

第5章 薬を飲み続けないために

 

内山葉子さん プロフィール

著者の内山葉子(うちやま・ようこ)さんは、葉子クリニック院長。医学博士。腎臓内科専門医。全人的な医療に基づき、心のケアなどを統合的に行い、さまざまな分野の難治性の疾患の診療を行う。

著書に『パンと牛乳は今すぐやめなさい』『おなかのカビが病気の原因だった』(マキノ出版)などがある。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です