気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『悩まない子育て』レミさんちの嫁、めっちゃ悩んでつくりました。ベストマザー賞2018受賞、和田明日香さん初エッセイ

和田明日香さん初のエッセイ『悩まない子育て』(ぴあ)

和田明日香さん初のエッセイ『悩まない子育て』(ぴあ)

TV・雑誌でレシピ、コラムを発信し、“レミさんちの嫁”としても話題の食育インストラクター・和田明日香さん初のエッセイ『悩まない子育て』が、ぴあより刊行されました。

 

「愛があれば、料理も子どももおいしく育つのよ!」(by平野レミさん) 3人の子どものこと、夫のこと、仕事のこと、レミさんのこと

本書は、義母・平野レミさんの薫陶を受けた食の仕事を契機に、モデル、講演、朝の情報番組のコメンテーターなど活躍の幅を広げ、「第11回ベストマザー賞2018」を受賞した著者による“母になるまで”を語ったエッセイ集です。

大学時代に学生結婚し、長女の出産を経て直面した子育ての壁。とまどい、迷いながら、夫や子ども、両親、姑といった周囲のサポーターの力も借りてたどり着いた、“悩むけど、悩んだまんまじゃ終わらせない、子育てのたのしみ方”。

三児の母として奮闘するなかでつかみとった、子ども、夫、親、仕事……とのよりよい関係性が示されています。

 

和田明日香さんコメント(本書「はじめに」より)

「私は、くよくよはやる気の栄養だと信じています。三人の子育てを通じて、考え方ひとつで悩みはやる気に変えられるとわかったからです。この本は、私と同じようなことで立ち止まってしまっている人に、一歩踏み出す力を届けたいという思いで向き合いました」

 

こんな私でも、「育児ノイローゼ」やりました

「全部ホルモンのせいだ! ということでカタをつけています(笑)」

和田明日香 初エッセイ『悩まない子育て』(ぴあ)中面 P30 育児ノイローゼ

和田明日香 初エッセイ『悩まない子育て』(ぴあ)中面 P30 育児ノイローゼ

 

偉大な姑の教え

「ものすごくザックリしているようだけど、レミさんの料理に対するこだわりは、実はめちゃくちゃ繊細。
料理の味付けになると、醤油一滴の違いもわかってしまうぐらいのプロなのです」

和田明日香 初エッセイ『悩まない子育て』(ぴあ)中面 P82 姑は偉大

和田明日香 初エッセイ『悩まない子育て』(ぴあ)中面 P82 姑は偉大

 

十七時ルール

「でも私は、その人が決めた働き方を受け入れてくれる託児施設と仕事先が増えて、子育てと仕事のバランスを自分で決められる世の中になると、もっといいのになあと、思う」

和田明日香 初エッセイ『悩まない子育て』(ぴあ)中面 P114 17時ルール

和田明日香 初エッセイ『悩まない子育て』(ぴあ)中面 P114 17時ルール

 

「お弁父」作ってます。

「ほとんど毎日つくっていて、すでに二年目に突入している。しかも、ただつくるだけじゃなくて、
『今日は菜の花のおひたしが入ってるんだけど、菜の花って、花じゃないんだよ。
 花が咲く前に食べられちゃうかわいそうな奴なんだよ。
 だからちょっと苦い味がするけど、ちゃんと食べてやってね』
と、うんちくを交えたメッセージも一緒に渡している」

和田明日香 初エッセイ『悩まない子育て』(ぴあ)中面 P136 お弁父

和田明日香 初エッセイ『悩まない子育て』(ぴあ)中面 P136 お弁父

 

仕事と子育ての相乗効果。

ボーネルンドの代表取締役社長・中西弘子さん「私の経験上、メリットのほうが多いと思っています。だから、女性社員には『仕事は絶対にやめちゃダメよ。育休や産休を取ってもまた戻ってきなさいね』と伝えているんです」

和田明日香 初エッセイ『悩まない子育て』(ぴあ)中面 P154 対談

和田明日香 初エッセイ『悩まない子育て』(ぴあ)中面 P154 対談

 

お母さん100人に聞く! 子育て意識調査

25~35歳のお母さん100人を対象に、意識調査を実施。「実はこう思っていた!お母さんのホンネ」ほか興味深い結果が多数判明! この結果に和田さんも共感したり驚いたり興味津々。

和田明日香 初エッセイ『悩まない子育て』(ぴあ)中面 P167意識調査

和田明日香 初エッセイ『悩まない子育て』(ぴあ)中面 P167意識調査

 

本書の構成

はじめに

第一章 母になる
・泣いて笑った、妊娠発覚の日。
・気楽でしあわせな妊婦生活。
・自慢の両親。
・音楽業界に憧れた、大学生時代。
・八歳上の彼からのプロポーズ。

第二章 子育てをたのしむために、私がしていること。
・こんな私でも、「育児ノイローゼ」やりました。
・「そんなにかわいいのは今だけよ」その今が辛いんだよ!
・「子育て支援センター」ってところがあるらしい。
・家族が五人になるまで。
・子育てはマイナスをゼロに戻すことの繰り返し。
・「思うようにいかない」を考える。
・比べて当たり前。だって心配だもん。
・怒って怒られて、一緒にしょんぼりしてます。
・ちいちゃくて大きい、娘のうそ。
・子どもは相棒。ビールも相棒。
・大人の本音を子どもは見抜いてる。
・料理をはじめたのは、ただの開き直り。
・偉大な姑の教え。
・私にとっての手づくりごはん。
・「レミさんちの嫁」デビュー!?
・私がやるべきこと、あるかもしれない。
・食のお仕事、本格始動。
・保育園に通わせるまでのウジウジ。
・夫の助言と意識改革。
・私、こんな仕事してます。
・おかしなサポーターたち。
・十七時ルール。
・うちの夫はこういう人。
・家事の向き・不向き。
・「どっちが大変か」対決。
・いちばん笑いあえる相手。
・「お弁父」つくってます。
・一生敵わない、母のこと。

第三章 和田明日香が中西弘子と語る。
仕事と子育てのよい関係性とは。
世界のあそび道具の販売やあそび場づくりを行う、ボーネルンドの代表取締役社長・中西弘子氏に、和田明日香がインタビューを敢行。

COLUMN お母さん100人に聞く! 子育て意識調査

おわりに

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です