気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

久保田競さん監修『脳を育てる! ブレインフード&レシピ71』 頭を良くする「コリン」ってなに?!

久保田競さん監修『脳を育てる! ブレインフード&レシピ71』 頭を良くする「コリン」ってなに?!

久保田競さん監修『脳を育てる! ブレインフード&レシピ71』 頭を良くする「コリン」ってなに?!

城南進学研究社は7月1日、くぼたのうけん顧問・久保田競さん監修の『脳を育てる! ブレインフード&レシピ71』を刊行しました。0歳からの育脳教室「くぼたのうけん」で開催する育脳セミナーで、特に人気の高かった“ブレインフード”について一冊にまとめたものです。

頭を良くする栄養素「コリン」について取り上げた、史上初の育児&レシピ本です。

 

『脳を育てる! ブレインフード&レシピ71』 内容紹介

脳に効く“ブレインフード”の知識と、頭がよくなる71レシピ。
「卵と大豆のコリンが記憶力や集中力を高める」
「カラフル野菜の抗酸化物質が脳細胞を強化する」
「低GIの全粒穀物が脳の状態を安定させる」
など、食材の知識を“頭をよくする”観点から掘り下げ、レシピとしてまとめました。

 
注目なのが、記憶力や学習能力を高めるのに欠かせない重要な栄養素「コリン」。
アメリカではすでにポピュラーで、今後日本でも注目されることまちがいなしです。

「ズッキーニのジョン」「大豆チキンナゲット」「オーバーナイトオートミル」「玄米おかゆパン」など、レシピはどれもシンプルで簡単、かつ大人が食べてもおいしいものばかり。作り方のコツや育脳ポイントも、わかりやすく説明しています。

 
他にも、「家族で食卓を囲むことが大事」「料理をすることで脳は鍛えられる」「頭を悪くする食べものに注意」など、コラムも充実しています。


 

久保田競さん プロフィール

久保田競さんは、1932年大阪生まれ。京都大学名誉教授、医学博士、脳科学者、くぼたのうけん顧問。東京大学医学部・同大大学院卒業後、同大講師を経て、京都大学霊長類研究所にてサルの前頭葉の構造と機能を研究。同大教授、同研究所所長を歴任。2011年春、瑞宝中綬章を受賞。40年前から赤ちゃん育脳の意義を唱え続け、妻カヨ子さんとともに久保田式育児法を考案。「脳の発達に応じた教育」をいち早く提案しています。

 

「くぼたのうけん」とは

「くぼたのうけん」は、脳科学の第一人者である久保田競さんの知識と、妻のカヨ子さんが実践した子育てから生まれた「久保田式育児法」を学ぶための教室です。
「目標に向けて計画的に取り組める子」「問題にぶつかった時に解決できる子」「物事への集中力が高い子」といった、「真の意味で頭のよい子」を育てるための方法論を実践。最新の脳科学に基づいた生後2か月からのカリキュラムをお母さんに伝授しています。

★くぼたのうけんHP:http://kubotanouken.com/

 

脳を育てる! 子どものためのブレインフード&レシピ71
【出版社からのコメント】

0歳からの育脳教室『くぼたのうけん』で開催する競先生の育脳セミナーで、特に人気の
高かった“ブレインフード”についてまとめました。お子さんはもちろん、お父さん
お母さんの頭もよくなる本書、一家に1冊必携です。

 
【関連】
0歳からの育脳教室 くぼたのうけん

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です