気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『キクコさんのつぶやき 83歳の私がツイッターで伝えたいこと』フォロワー数8万9千人!世界一のツイッターおばあちゃんの人生に効くメッセージ

『キクコさんのつぶやき 83歳の私がツイッターで伝えたいこと』フォロワー数8万9千人!世界一のツイッターおばあちゃんの人生に効くメッセージ

『キクコさんのつぶやき 83歳の私がツイッターで伝えたいこと』フォロワー数8万9千人!世界一のツイッターおばあちゃんの人生に効くメッセージ

83歳でフォロワー数8万9千人を誇り”世界一のツイッターおばあちゃん”として、各メディアからも引っ張りだこの溝井喜久子さん。

その心に響く名言・金言ツイートの数々をたっぷり収録し、ご自身による詳細な掘り下げ解説も加えた書籍『キクコさんのつぶやき 83歳の私がツイッターで伝えたいこと』が、ユサブルより2月23日に刊行されます。

 

世界一のツイッターおばあちゃんの名言・金言がたっぷり詰まった人生に効くメッセージBOOK

「お年寄りを敬いましょう、にはほんとに違和感を感じる。いるだけで周りの人は気を遣うもの。年寄りこそ周りの人に感謝の念を持つべきものと思う。そこまで生きてこられたことにも」

「駄目女は女の敵」

「どういう言葉を使うかに、その人の考えを読み取ることができる。嫁をもらう。これはもらったらこっちのもの。こっちの家のもの。我々に従ってもらう。我々の世話や介護をしてもらう。つもりなのです」

「子供を自立させるまでが親の務め。その後は自分の老後を考えて準備する期間」

「人に自分の世話をさせることは、人の時間を奪うことです」

「無知とケチが結び合ったら箸にも棒にもかからない」

「政党政治は本当に嫁姑問題に似てますよね。一番如何ともしがたい分野かも」

…など、高齢者問題、嫁姑、人生、社会など広範なジャンルに渡って含蓄に富んだツイートをたっぷり収録。

さらに著者自身による詳細な掘り下げ解説を加えることで、83歳にして8万9千人のフォロワーから絶大なる支持を得る、その人気と魅力のすべてに肉迫した”人生に効く”一冊です。

 

溝井喜久子さん プロフィール

著者の溝井喜久子(みぞい・きくこ)さんは、1934年、埼玉県生まれ。お茶の水女子大学理学部卒業後、教職に就き、26歳から専業主婦に。

2010年1月28日にTwitterを開始し、70年前から現在までの人々の価値観の変遷や、戦争中の経験、敗戦後の暮らし、高齢者問題などについてつぶやく。

趣味は茶道、園芸、料理、写真。

 

キクコさんのつぶやき 83歳の私がツイッターで伝えたいこと
「この歳になった今だからこそ言えるんです。年寄りを敬えだなんて、冗談じゃありません」…83歳の著者のこの意外な言葉の真意とは?
なんとそのフォロワー数8万9196人! (2018年1月現在)
豊かな人生経験と理知的感性に裏打ちされたつぶやきで絶大なる支持を得る”世界一のツイッターおばあちゃん”が、
自らの名言・金言ツイートの数々をナマの言葉でとことん掘り下げます!
共感、納得、感動、爆笑…スッキリ爽快、読めば元気の出るヒューマン・メッセージBOOKの決定版!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です