気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『脳と体が若返る認トレ(R)で認知症にならない!』認知症発症の予防・改善をめざすプログラム

『脳と体が若返る認トレ(R)で認知症にならない!』認知症発症の予防・改善をめざすプログラム

『脳と体が若返る認トレ(R)で認知症にならない!』認知症発症の予防・改善をめざすプログラム

株式会社オレンジページは、50代以上向けの健康情報誌『おとなの健康』から、特別編集ムック『脳と体が若返る認トレ(R)で 認知症にならない!』を11月30日に刊行しました。

認知症は、今や65歳以上の4人に1人に可能性があると言われる身近な病気。本書では、認知症予防医・広川慶裕医師が、認知症を予防するトレーニング法「認トレ(R)」を詳しく紹介しています。

 

認知症予防医・広川慶裕医師が認知症予防の最新情報を公開!

どんな人でも発症する可能性のある認知症。しかし、最新の研究ではアルツハイマー型は発症リスクが明らかになってきており、予防策もだいぶわかってきました。

認知症には、20~25年の潜伏期間=いわば「認知症予備群」の状態があり、これを「MCI(軽度認知障害)」といいます。MCIを何も対策を講じずにほうっておけば、約半数の人が4~5年で認知症を発症するといわれています。

そうなる前に、できるだけ早いうちから、脳を活性化させるトレーニング「認トレ(R)」をすることが大切。「認トレ(R)」を行なえば、認知症を寄せつけない脳と体をつくることができます。仮にMCIの状態でも、「認トレ(R)」で認知症の発症を遅らせたり、正常老化の状態まで引き戻せる可能性があるのです。

 

広川慶裕さん プロフィール

認知症予防医・広川慶裕医師

認知症予防医・広川慶裕医師

広川慶裕(ひろかわ・よしひろ)さんは、1984年京都大学医学部卒業。麻酔科専門医・指導医として多くの実績を積む傍ら、精神病理学に興味を持ち、精神科に転科。以降、長年にわたって認知症やうつ病、統合失調症などの精神疾患治療に専念。

2014年、認知症を専門とする「ひろかわクリニック」を開院。                              

 

今すぐ始められる「認トレ(R)」を徹底解説!

「認トレ(R)」は、よくあるパズルや計算だけではありません。脳の血管を老化させない「食事トレーニング」、脳と体の血流をアップさせる「身体トレーニング」、日常生活の中で脳を刺激する「生活トレーニング」、記憶力や注意力を鍛える「知的トレーニング」を組み合わせたトレーニング法です。

本書では、これらのトレーニング方法を具体的に説明。特別な道具もいらず、今すぐ取りかかれるものばかりです。

 
【Pick up!】~トレーニングの一例~
・血糖値を上げにくくする食材をプラスした炊き込みごはんなど、食材の選び方や料理で食生活を改善(食事トレーニング)

血糖値を上げにくくする食材をプラスした炊き込みごはん

血糖値を上げにくくする食材をプラスした炊き込みごはん

・楽しく体を動かしながら、全身の血流をアップさせる運動(身体トレーニング)
・家事の時間にも脳は鍛えられる! 歌いながら家事をすることは、同時に2つの動作を行なう「デュアルタスク」となり、脳が活性化します。(生活トレーニング)

楽しく体を動かしながら、全身の血流をアップさせる運動

楽しく体を動かしながら、全身の血流をアップさせる運動

歌いながら家事をすることで脳が活性化します

歌いながら家事をすることで脳が活性化します

 

認知症予防は、無理なく、楽しく!

「毎日のトレーニングが脳と体を若返らせ、認知症の予防につながります。とはいえストイックなトレーニングは続かないもの。興味のあるものから、少しずつ取り入れましょう。始めることが認知症予防の第一歩です。脳を活性化させる最大の秘訣は、“笑顔で楽しく”取り組むこと。すると、効果が何倍にもなります。脳の若返りには、人との密なコミュニケーションも大切。周りを巻き込んで1日も早く取り組んでください」(広川慶裕医師)

 

脳と体が若返る認トレ(R)で認知症にならない! (オレンジページムック)
認知症は生活習慣病の終着駅

認知症の6割を占めるアルツハイマー型は、近年原因が解明されてきて、元気なうちからなら予防できることがわかってきた。
食事、脳と体を使う運動、ゲームやパズル、生活習慣の4種のトレーニングで予防する方法を紹介。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

●認知症は自分で予防できる!
・65歳以上の4人に1人が認知症、またはその予備群
・血管の老化が認知症を発症させる引き金になる
・脳のエネルギー不足が認知症のリスクを高める
・高血糖や糖尿病は、認知症の最大のリスクになる

*脳の元気度をみるセルフチェック
*4つの認トレRで認知症は予防できる
*気になる症状があれば、一度受診を

■Part1■ 血管を老化させない食事トレーニング
元気な脳と体をつくるのは毎日の食事
1血糖値を上げにくい食事でインスリンの効果を高める
2良質なたんぱく質をとって、細胞の修復を促す
3良質な油をとって、脳の神経細胞を守る
4認知症予防・改善効果が注目される食品をとる

■Part2■ 血流をアップさせる身体トレーニング
運動の認知症予防効果は折り紙付き
1いすに座ったままできる! ゲーム感覚で脳の血流を促す
2有酸素運動や筋肉を鍛える運動で全身の血流を改善
3脳の処理機能を高めて、脳と体の若さをキープ

■Part3■ 脳へ刺激を与える生活トレーニング
日常生活の中で脳を刺激する
1新聞や絵本は場面を想像しながら声に出して読む
2毎日の出来事を簡潔にまとめたひと言日記をつける
3好きな詩や小説の一節を紙に書き写す
4買い物リストを、関連づけ暗記でメモなしショッピング
5身の回りの目についた数字で計算チャレンジ
61日の出来事を振り返って、3分間会話
7よく使う番号の語呂合わせを考えて、暗記する
8単位を変えながら1から15までカウントアップ
9家事は青春時代に流行った懐メロを歌いながら
10事前に計画を立てて準備し、積極的に外出する
11幼少期から去年まで、1年ごとの自分履歴書を作る
12香りから思い出される出来事を連想する
13あえて、ひと手間かかる生活で脳がフル回転

■Part4■ 記憶力・注意力を鍛える 知的トレーニング
パズルは「笑顔」で取り組むと脳に効く
1数字を数える/2熟語作り、漢字の計算
3正しい言葉に並び替え、漢字のグループ分け
4鏡文字の虫食い算、等式虫食い算
5カンジを漢字に変換、四字熟語パズル
6マーク合わせ、同じ音の漢字/7解読ボード
8漢字に変換/9言葉の移り変わり
10セレクトワーズ/11共通漢字探し、全部通る迷路
12ことわざ作り、もとの料理名当て
13ミニクロスワード/14推理パズル

●認知症予防は無理なく、楽しく!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です