気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『地獄の犬たち』深町秋生さんが二十一世紀型アウトローを描くノンストップ・エンターテインメント!

『地獄の犬たち』深町秋生さんが二十一世紀型アウトローを描くノンストップ・エンターテインメント!

『地獄の犬たち』深町秋生さんが二十一世紀型アウトローを描くノンストップ・エンターテインメント!

KADOKAWAより、深町秋生さん著『地獄の犬たち』が刊行されました。

 

『果てしなき渇き』『アウトバーン』の著者が挑む、ノンストップ・エンターテインメント!

本作は、ヤクザとして生きることを余儀なくされた潜入捜査官の孤独な葛藤と冷酷非道な死闘、そして、狂気の中で絡み合う人間たちの心理を鋭く描ききった作品です。

深町秋生さんが「久しぶりに『果てしなき渇き』の頃のような破壊衝動が戻ってきました。ある意味、原点回帰のような作品」「二十一世紀型のアウトローを書いた」と語る本作。一足早く読まれた方々より熱いコメントが続々と寄せられています。

なお、電子書籍版には特典として、書き下ろし短編が収録されています。

 
【寄せられたコメント】

容赦ねえ殺戮の連鎖。男たちの壮絶な生きざまに激しく心を揺さぶられた。
――作家・薬丸岳さん

硝煙と血飛沫の匂いにしばし忘我のひと時をどうぞ。読者がまだ味わったことのない興奮がここにあると断言する。
――文芸評論家・杉江松恋さん(『本の旅人』9月号より)

どこにたどり着くかわからない荒れた海原を、正義と悪の間を激しく揺れながら一気読み。最後の一行を読み終えたあと、いつまでも心に残ったのは「哀しみ」でした。
――本の雑誌社・杉江由次さん

登場人物誰一人として、失いたくなかった、そう思わせる著者の深い人物像と、スピード感のあるスリリングな展開に、見事に踊らされ、楽しませて頂きました。
――ジュンク堂書店 名古屋店・清田彩乃さん

年末の賞レースに必ず引っかかるであろう傑作。
――丸善 名古屋本店 店長・坂本恭亮さん

これは「自分を生き切る」男の物語だ。
――戸田書店 仕入部・藤浪哲也さん

正義と悪が表裏一体の潜入捜査。自分の人生すら見失いかねないヒリヒリする様な極限状態で男が最期に選んだ道に痺れました。
――三省堂書店 名古屋本店・奥野純司さん

『地獄の黙示録』の鍋に、『新しき世界』と『アウトレイジ』をぶち込んで煮立たせたような――。という印象をさらにぶち破る、なんと苛烈で哀しいクライマックスか!
――ときわ書房本店・宇田川拓也さん

 

『地獄の犬たち』あらすじ

■切なすぎる外道たちの慟哭
先鋭化した暴力団に潜入した警官。狙うは警視庁を揺るがす最高機密!

東京のやくざ組織・東鞘会(とうしょうかい)に所属する兼高昭吾(かねたか・しょうご)は、弟分の室岡と沖縄に飛び、ターゲットの喜納修三(きな・しゅうぞう)を殺害した。

その夜、一人になった兼高は激しく嘔吐する。実は兼高は警視庁組対部に所属する潜入捜査官だったのだ。後継者問題をめぐり、東鞘会では血で血を洗う抗争が続いており、喜納殺害はその一環だった。兼高の最終任務は東鞘会会長である十朱(とあけ)の殺害。十朱は警視庁を揺るがす、ある“秘密”を握っていた。ボディガード役に抜擢された兼高は身分が明かされた瞬間に死が迫る中、十朱への接近を図るが……。

 

深町秋生さん プロフィール

著者の深町秋生(ふかまち・あきお)さんは、1975年山形県生まれ。2004年、『果てしなき渇き』で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞してデビュー。同作は『渇き。』として映画化され話題となる。2011年『アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子』がベストセラーとなり、シリーズは累計40万部を突破した。

著書に『バッドカンパニー』『デッドクルージング』『ダブル』『ダウン・バイ・ロー』『ヒステリック・サバイバー』『ショットガン・ロード』『卑怯者の流儀』『探偵は女手ひとつ』『ドッグ・メーカー』など多数。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です