気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『人の心をつかむ15のルール』全米で500万部売れた「10人中9人に好かれる方法」とは

レス・ギブリンさん著『人の心をつかむ15のルール』(訳:弓場隆さん)

レス・ギブリンさん著『人の心をつかむ15のルール』(訳:弓場隆さん)

レス・ギブリンさん著『人の心をつかむ15のルール』(訳:弓場隆さん)が、ディスカヴァー・トゥエンティワンより発売中です。

 

コミュニケーションの達人になれる! アメリカで500万部売れた不滅の名著が新装版で復活

人の心をつかむ方法をわかりやすく解説する本書は、世界中で翻訳されロングセラーとなっています。その手法は、普遍的な人間心理と密接に関わる人々の行動パターンを利用したものです。

 
普遍的な人間心理とはいったいどのようなものでしょうか。

著者は、「人間は他人のことより自分のことにずっと大きな関心を持っている。だから、人間は自分の利益を優先するのだ」といいます。

これはすべての人に当てはまることです。チャリティー活動をしている人たちですら、最大の関心事は「自分が誰かの役に立つかどうか」ではなく「自分が誰かに奉仕して喜びを得られるかどうか」なのです。

それを恥じたり、申し訳なく思う必要はありません。むしろ、それは我々人間が生き残っていくために必要なことなのです。人間の心理は、太古の昔から変わらず、これからも未来永劫変わることはないでしょう。

 
この大原則は、人間の行動パターンと密接に関係しています。

例えば、すべての人は「大切にされたい」と願っています。そのため、人の心をつかむためには相手に重要感を持たせることが有効です。「相手のメンツをたてる」という東洋的礼儀作法は、人間関係の基本なのです。

 

相手の存在価値を認めて、重要感を持たせる方法

 
◆相手の話に耳を傾ける

話をよく聞いてもらえないと自分が否定された気分になる。

 
◆相手をほめる

相手が称賛に値するときは、大いにほめよう。ただし、誠実な気持ちで行うのが大切。

 
◆相手の名前を頻繁に呼ぶ

誰にとっても、自分の名前はこの世で最も重要な単語である。親近感を込めて名前を呼ぶだけで、相手はあなたに好意を抱く。

 
◆自分より相手に焦点を当てる

自分の話題を避け、相手を話題の中心にする。

 

相手に賛同する方法

 
◆相手に賛同していることを伝える

心の中だけで賛同しているだけでは不十分。しっかりと言葉と態度で伝える。

 
◆反論は絶対的な理由があるときだけにする

相手に賛同できないときは、絶対に反論しなければならない場合を除いて、それをわざわざ口に出す必要はない。「愚か者ほど反論したがる」という事実を忘れてはいけない。

 
◆口論しない

人間関係を悪化させる元凶は口論である。たとえ自分が正しいと思っても、口論で本当の意味で勝利を収めることはできないし、相手を味方につけることもできない。

 

人に注意して成果を上げる方法

 
◆注意するときは2人きりになる

人前で相手に恥をかかせることは、人間関係を悪化させる一因である。

 
◆相手自身ではなく、相手の行動を注意する

注意するときは、相手の人格を批判してはいけない。それでは、あなたの注意は何ひとつ伝わらない。

 
◆1回の誤りに対して、注意するのは1回だけにする

しつこく注意すると嫌われるだけである。

 

人前で上手に話す方法

 
◆自分の主張を把握する

伝えたいことを正確に把握していないなら、人前でしゃべってはいけない。自分の主張は事前にしっかり把握しよう。

 
◆話は早めに切り上げる

話は簡潔にまとめよう。話が短いことに文句を言う人はいない。

 
◆聞き手の関心事を話す

人の心をつかむ話し手になるための確実な方法は、相手が聞きたがっていることだけを伝えることである。

 
◆名演説をしようとしない

そもそも雄弁家になれる人はほとんどいない。話すべきことを自然体で伝えるだけで充分である。

 
本書にはシンプルで分かりやすいテクニックが数多く紹介されています。なかには知っていて当然だと感じるものもあるかもしれません。

しかし、知識そのものには何の価値もなく、活用して初めて価値を持つものです。ぜひ本書を読んで、人の心をつかみ、良い人間関係を築く行動を実践してみてください。

 

レス・ギブリンさん プロフィール

著者のレス・ギブリン(Les Giblin)さんは、アメリカの心理カウンセラー。人間関係のエキスパートとして知られ、人間の本質に関する深い洞察が好評を博す。

本書の原著は1968年の刊行以来、半世紀にわたって読み継がれる不滅の名著として世界中でロングセラーとなっている。

翻訳原著に『人を動かす原則』『人望が集まる人の考え方』(以上、ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『「人を動かす」ために本当に大切なこと』『セールスの本質』(以上、ダイヤモンド社)がある。

 

人の心をつかむ15のルール
レス・ギブリン (著), 弓場 隆 (翻訳)

あなたは10人のうち9人に、すぐに好かれることができる。
その秘訣は、「すべての人にとって、この世で最も興味深いテーマは“自分”である」
という真理を知ることからはじまる。

本書では、そのことを前提として、人の心をつかむための15のルールを具体的に紹介する。
誰でもできるが、多くの人が見落としている行動指針である。
◎誰にとっても、自分の名前はこの世で最も重要な単語
◎人と話すときは、「目の前の相手」について話すことが最も効果的
◎ほとんどの人は、期待されると躊躇したり裏切ったりしない
◎相手をほめるのではなく、相手の行為をほめる
◎注意されるのが好きな人は世の中にひとりもいない
◎感謝を明確な表現で伝えることは、生涯にわたって大きな資産となる
etc……

これらの技術は、仕事、プライベートを問わず、すべての人間関係に効果を発揮することを約束しよう。
本書を通して人の心をつかみ、良い人間関係を築けば、幸せな人生の扉を開いてほしい。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です