本のページ

SINCE 1991

講談社、自分だけの電子書店が持てる「じぶん書店」サービスを開始へ

講談社、自分だけの電子書店が持てる「じぶん書店」サービスを開始へ

講談社、自分だけの電子書店が持てる「じぶん書店」サービスを開始へ

講談社は、スマートフォンだけで自分の電子書店を開設できるブラウザーベースのサービス「じぶん書店」を4月にリリースすると発表しました。サービスシステムの開発・運営はメディアドゥとの共同で行うとのことです。

 
書店開設を希望するユーザーは、会員登録を行い、講談社が展開している電子書籍約32,000点の中から売りたいタイトルを選び、推薦コメントを入れるだけで、簡単に自分の電子書店を開設することができます。

開設は無料ででき、電子書籍が売れた場合、10%のアフィリエイトコインが書店運営ユーザーに振り出されます。このコインは電子書籍の購入や、書店の拡張にも使えるほか、エクスチェンジサービスと連携しているので、他のポイントやマイルに替えることも可能です。

サービスリリース時には講談社から作品を出版している作家や、編集者の書店も開設されるそうです。

 
開設当初は講談社の展開している作品だけですが、将来的には他の出版社の作品や、動画や音楽等のデジタルコンテンツも取り扱っていくことも想定しています。

 
【関連】
自分の電子書店を簡単に開ける「じぶん書店」のサービスを4月に開始します。(PDF)
株式会社メディアドゥ | メディアドゥ、講談社の「じぶん書店」へ電子書籍配信ソリューションの提供を開始

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です