本のページ

SINCE 1991

『キャプテン翼のつくり方』発売記念!高橋陽一さんのサイン会や対談を開催 ツーショット撮影、特典も

『キャプテン翼のつくり方』表紙

『キャプテン翼のつくり方』表紙

repicbook(リピックブック)は、『キャプテン翼』の作者・高橋陽一さん初の自叙伝『キャプテン翼のつくり方』の刊行を記念して、9月29日(紀伊国屋書店新宿本店)および10月3日(八重洲ブックセンター本店)にサイン会を開催します。

イベントでは、書籍へのサインのほか、ツーショット撮影も予定されています。また、参加者全員に特典も用意されています。

 

『キャプテン翼のつくり方』発売記念イベント 概要

【サイン会】

■日時:9月29日(土) 13:00~

■会場:紀伊国屋書店新宿本店 本館9階イベントスペース

■イベント内容:サイン会、ツーショット撮影、特典プレゼント

■対象書籍:『キャプテン翼のつくり方』(repicbook)

■参加方法:要整理券(https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20180912100014.htmlより申込み)

 
【対談&サイン会】

■日時:10月3日(水) 18:30~20:30

■会場:八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー

■イベント内容:対談、サイン会、ツーショット撮影、特典プレゼント

■登壇者:高橋陽一さん×岩本義弘さん(株式会社TSUBASA代表)

■対象書籍:『キャプテン翼のつくり方』(repicbook)

■参加方法
・要整理券(1階カウンターにてお申し込みを受け付け)
・対象書籍を同店で購入した際に、参加ご希望の方に整理券配布(9月14日10時~)
 ※参加整理券1枚につき、1名入場可能
・電話による申し込み⇒電話番号:03-3281-8201

※詳細は、http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/14703/ をご覧ください。

 

書籍『キャプテン翼のつくり方』について

世界中のスター選手に愛されている不朽の名作『キャプテン翼』はいかにして生まれたのか。野球少年だった著者が漫画家デビューを目指して努力を重ねた10代、アシスタント時代、そして『キャプテン翼』連載の日々、秘められた苦悩や挫折、サッカー界に与えた影響など、これまで語られてこなかったエピソードが満載です。

理想と現実の狭間でもがき苦しみながらも、「あきらめないで好きなことを続ける」という姿勢を貫き通してきたからこそ、多くの人から愛される作品を生み出すことができた『キャプテン翼』。次世代へ向けたメッセージ本にもなっています。

また、スター選手とのエピソードや2年後に還暦を迎える著者・高橋陽一さんの夢なども語られています。

※本書では、著者の想いが多くの世代に届くよう、ルビがふられています(小学4年生~)。

 

高橋陽一さん プロフィール

高橋陽一さんは、東京都葛飾区生まれ。1980年、『キャプテン翼』(集英社)でデビュー。1983年にはアニメ化。

同作品は日本でのサッカー人気はもとより、世界のサッカーの普及・発展に大きく貢献し、数多くの海外サッカー選手たちへも影響を与えた。現在でも世界中で愛され続けるグローバルコンテンツとなっている。現在、『グランドジャンプ』誌にて『キャプテン翼 ライジングサン』を連載中。2017年6月にはシリーズ通巻100巻を達成。2018年4月よりアニメ最新作が放送されている。

葛飾区に実在するサッカーチーム「南葛SC」の後援会長を務めるなど、漫画家以外の活動も積極的に行っている。

 

岩本義弘さん プロフィール

岩本義弘さんは、株式会社TSUBASA 代表取締役/編集者/インタビュアー/スポーツコンサルタント&ジャーナリスト/サッカー解説者/Yahoo!JAPAN「みんなの2020」/南葛SC GM/元サッカーキング編集長。

 

キャプテン翼のつくり方
帯を飾ってくれているイニエスタ選手をはじめ、世界中のスター選手に愛されている“キャプテン翼”。
サッカーファンなら知らない人はいないほどの不朽の名作がどのようにつくられたのか ―― 連載開始から38 年。次世代に送る熱いメッセージとともに著書の想いがたっぷり詰まった高橋陽一先生初の自叙伝です。

キャプテン翼に登場する大空翼や若林源三、日向小次郎や三杉淳、岬太郎や石崎了といった多くのキャラクターのエピソードやイラストなど、見所満載の一冊に仕上がっています。

【出版社からのコメント】
2018 FIFAワールドカップ ロシア大会で活躍した世界を代表するサッカー選手リオネル・メッシや日本の本田圭佑選手、長谷部誠選手といったスター選手たちのキャプテン翼に対する熱い想いもを掲載。
本書は、小学生(3年生以上)でも読めるように漢字にルビをつけ、子どもから大人まで幅広い層に手にとっていただける一冊になっています。

 
【関連】
【新宿本店】『キャプテン翼のつくり方』発売記念 高橋陽一先生サイン会 2018年9月29日(土) | 本の「今」がわかる 紀伊國屋書店
★高橋陽一先生トーク&サイン会聞き手:岩本義弘氏(株式会社TSUBASA代表) | 八重洲ブックセンター

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です