本のページ

SINCE 1991

杉基イクラさん×宮部みゆきさん、春河35さん&朝霧カフカさん×辻村深月さんなど、角川文庫と人気漫画家のコラボコミックが実現!

杉基イクラさん×宮部みゆきさん、春河35さん&朝霧カフカさん×辻村深月さんなど、角川文庫と人気漫画家のコラボコミックが実現!

杉基イクラさん×宮部みゆきさん、春河35さん&朝霧カフカさん×辻村深月さんなど、角川文庫と人気漫画家のコラボコミックが実現!

角川文庫は創刊70周年を記念しての特別企画として、人気作家の最新文庫作品を人気漫画家が描き下ろす豪華コラボレーションコミックを「角川文庫創刊70周年特設サイト(https://70th.kadobun.jp/)」で公開中です。

 

角川文庫創刊70周年記念!コラボレーションコミック第1弾は杉基イクラさん×宮部みゆきさん『過ぎ去りし王国の城』

コラボ第1弾では、ファンタジーやミステリ、ホラーなどあらゆるジャンルで読者を魅了し続ける直木賞作家・宮部みゆきさんの渾身作『過ぎ去りし王国の城』(2018年6月15日、角川文庫より発売)の冒頭を、アニメ化もされた人気青春クイズコミック『ナナマル サンバツ』(『月刊ヤングエース』連載中)の杉基イクラさんが描き下ろしています。

杉基イクラさん描きおろし『過ぎ去りし王国の城』冒頭コミカライズ

杉基イクラさん描きおろし『過ぎ去りし王国の城』冒頭コミカライズ

杉本イクラさんによる冒頭コミカライズは「角川文庫創刊70周年特設サイト(https://70th.kadobun.jp/interview/01)」、または全国書店にて配布中の『過ぎ去りし王国の城』フリーペーパーでご覧になれます。

 
コラボ第2弾では、2018年本屋大賞受賞の辻村深月さんが紡ぐ短編集『きのうの影踏み』(2018年8月24日、角川文庫より発売)と、『文豪ストレイドッグス』の朝霧カフカさん&春河35さんとのコラボコミックが実現。

『文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦』にキャラクターとして辻村深月さん(異能力は“きのうの影踏み”)が登場し、映画『文豪ストレイドックス DEAD APPLE』にもキャラクターが出演するなど縁が深いこともあり、今回のコラボが実現しました。

 
また、同サイトでは70周年を記念した作家インタビューの掲載や、直筆メッセージカードのプレゼント企画も実施中です。

★角川文庫創刊70周年 特設サイト:https://70th.kadobun.jp/

 

角川文庫創刊70周年 コラボ試し読みコミックラインナップ

○宮部みゆきさん『過ぎ去りし王国の城』×杉基イクラさん(公開中)

○辻村深月さん『きのうの影踏み』×春河35さん&朝霧カフカさん(8月24日公開予定)

○堂場瞬一さん『十字の記憶』×きたがわ翔さん(10月下旬公開予定)

○京極夏彦さん『虚実妖怪百物語』×ゆうきまさみさん(12月下旬公開予定)

……and more!

 

過ぎ去りし王国の城 (角川文庫)
中学3年の尾垣真が拾った中世ヨーロッパの古城のデッサン。分身を描き込むと絵の世界に入り込めることを知った真は、同級生で美術部員の珠美に制作を依頼。絵の世界にいたのは、塔に閉じ込められたひとりの少女だった。彼女は誰か。何故この世界は描かれたのか。同じ探索者で大人のパクさんと謎を追う中、3人は10年前に現実の世界で起きた失踪事件が関係していることを知る。現実を生きるあなたに贈る、宮部みゆき渾身の冒険小説!

 
きのうの影踏み (角川文庫)
作品の幅を広げ進化し続ける作家。大切な人との絆を感じる傑作短篇

あるホラー作家のもとに送られてきた手紙には、存在しない架空の歌手とラジオ番組のことが延々と綴られていたという。編集者たちの集まりによると、チェーンメールのように、何人かの作家にも届いているという。かくいう私にもその手紙は届いていた。その手紙のことを調べるうちに、文面の後ろのほう、文字が乱れて読み取れなくなっていた部分が、徐々に鮮明になってきている……。ある日、友人作家が手紙のことで相談があると言ってきた。なんと、その手紙、サイン会で手渡しされたという。誰がその人物だったかはわからない。けれど、確実に近づいてきているーー。(「手紙の主」)。その交差点はよく交通事故が起こる。かつてそこで亡くなった娘の霊が、巻き添えにしていると、事故死した娘の母親は言っているという。その娘が好きだったという「M」の字の入ったカップがいつもお供えされていた。ある雨の日、そのおばさんがふらふらと横断歩道にさしかかり……。死が母娘を分かつとも、つながろうとする見えない深い縁を繊細な筆致で描く「七つのカップ」。闇の世界の扉を一度開けてしまったらもう、戻れない。辻村深月が描く、あなたの隣にもそっとそこにある、後戻りできない恐くて、優しい世界。
【解説:朝霧カフカ】

 
【関連】
角川文庫創刊70周年 特設サイト|発見!角川文庫|KADOKAWA
vol.1 宮部みゆき スペシャルインタビュー|角川文庫創刊70周年 特設サイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です