本のページ

SINCE 1991

『美術手帖』創刊70周年! 1年かけて記念イベントを展開 芸術評論募集も

美術手帖70周年ロゴ Logo Designed by Yuma Harada(UMA/design farm)

美術手帖70周年ロゴ Logo Designed by Yuma Harada(UMA/design farm)

『美術手帖』は、今年で創刊70周年を迎えるにあたり、「第16回 芸術評論募集」、「ウェブ版美術手帖」の進化とECサイトのスタート、本誌隔月化&誌面リニューアル、銀座 蔦屋書店でのトークイベントなどの企画を展開します。

 

70周年を迎える『美術手帖』が1年を通じて様々なスペシャル企画を展開!

1948年に創刊された『美術手帖』は今年で70周年を迎えます。1948年1月号の創刊以来、『美術手帖』を支えてきた読者、国内外のアーティスト、アート関係者などへの感謝を込めて、今年1年間はメモリアルイヤーとして様々な企画を開催します。

 
【『美術手帖』70周年記念企画】

■期間:2018年4月~2019年3月

■コンテンツ:
(1) 次代の芸術評論を切り拓く、「第16回 芸術評論募集」
(2) 美術手帖が一新!ウェブへのさらなる展開として「ウェブ版美術手帖」の進化とECサイトのスタート、本誌隔月化&誌面リニューアル
(3) 『美術手帖』の歴史を振り返る。銀座 蔦屋書店でトークイベント開催!

 

『美術手帖』について

『美術手帖』2018年4・5月合併号

『美術手帖』2018年4・5月合併号

雑誌『美術手帖』は1948年に創刊。日本を代表する美術専門誌として、国内外のコンテンポラリー・アートの最前線を紹介し続け、アーティスト、評論家、キュレーター、美術ファンから幅広い支持を得てきました。

さらに2017年、創造力を社会に生かすためのウェブサイト「美術手帖」を立ち上げ、雑誌版『美術手帖』で培った信頼性とネットワークを活用し、ウェブサイトの機動性を生かしたアート・ジャーナリズムを日本で確立すべく、ウェブサイト「美術手帖」からアクチュアルなニュースや情報を発信しています。

 

次代の芸術評論を切り拓く、「第16回 芸術評論募集」

1954年、次代の芸術評論を切り拓いていく新しい才能の開花を目指して創設された「芸術評論募集」。

2014年の第15回(審査員は谷川渥さん、椹木野衣さん、松井みどりさん)では、69件の論考が寄せられ、第一席にgnck(ジーエヌシーケイ)さんの「画像の問題系 演算性の美学」を選出。また、次席には塚田優さん、佳作には井上幸治さん、勝俣涼さん、中尾拓哉さんの論考を選出されました。受賞者たちは『美術手帖』のほか、著書の刊行などめざましい活躍がうかがえます。

第16回となる今回は、審査員にも新たな顔ぶれを招聘し実施されます。

 
■70周年記念 第16回芸術評論募集

・募集期間:5月7日(月)~2019年1月17日(木) 当日消印有効

・発表:2019年6月号(5月7日発売)誌上に発表

・掲載:2019年6月 一席は本誌、次席・佳作はウェブ版美術手帖に掲載

・審査員:椹木野衣さん(美術評論家)、清水穣さん(美術評論家)、星野太さん(美学・表象文化論)

・表彰:第一席1名(賞状+副賞30万円)、次席・佳作若干名

・募集対象:美術および芸術に関する評論。絵画、彫刻、写真、映像などの視覚芸術をはじめ、音楽、舞踊、演劇、建築、デザイン、芸術教育、博物館学、美学など、広く芸術全般を扱うものを対象とする。文字数は2万字以内(注釈を含まない)。

・応募方法:郵送またはデータにて、規定の応募用紙を添付して提出。

※応募先等の詳細は『美術手帖』2018年6月号(5月7日発売)、また「ウェブ版美術手帖」(https://bijutsutecho.com/)、美術手帖ツイッター(@BIJUTSUTECHO)にて発表。

 

美術手帖が一新!新たなウェブサイト発表。雑誌『美術手帖』隔月刊化&誌面リニューアル

■「ウェブ版美術手帖」の進化と、ECサイトのスタート

今年夏には、「アートをもっと身近で便利に」をコンセプトにした「ウェブ版美術手帖」をリニューアル。秋にはアートに特化したECサイト「OIL」を開設。誌面にとどまらず、多方面からアートのある生活を提案する「アートの総合コンテンツ」を目指します。

<ウェブ版美術手帖>
・リニューアル日 2018年7月(予定)
これまでのニュースコンテンツに加え、展覧会情報のほかインタビュー、レビューなどの読み物など、幅広いアートファンが楽しめるコンテンツを提供。

<OIL>
・オープン日:2018年10月(予定)
アート作品を中心に、アート関連商品を扱うEコマースサイトです。美術手帖がこれまで培ってきた業界へのコネクションと編集力によって、日本のアートマーケットに新たな選択肢を提供。名称は、アートの歴史を語るうえで最も重要な素材のひとつである油彩(OIL on canvas)から取られました。

 
■雑誌『美術手帖』隔月化&誌面リニューアル

さらなる発展を目指し、雑誌『美術手帖』の隔月刊とリニューアルを実施。リニューアル後は、ボリューム、コンテンツともに強化され、より専門性の高い内容にフォーカス。また、特集に特化した増刊号の刊行も充実していきます。

・刊行形態:隔月刊、奇数月の7日発売
・切り替え時期:2018年6月号(5月7日発売)より隔月刊として発行

 

『美術手帖』の歴史を振り返る! 銀座 蔦屋書店で連続トークを開催!

『美術手帖』の70年の歴史を振り返る連続トークイベントが、銀座 蔦屋書店にて開催されます。様々なアート関係者を招き、1948年の創刊からの歴史を紐解きながら、トークイベントを実施。

 
■『美術手帖』70周年記念連続トーク

・スケジュール:2018年5月~、毎月1回程度

・会場:銀座 蔦屋書店(https://store.tsite.jp/ginza/
    東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F

・主催:銀座 蔦屋書店

※詳細はイベント開催前に随時、銀座 蔦屋書店ウェブサイト(https://store.tsite.jp/ginza/)「ウェブ版美術手帖」(https://bijutsutecho.com/)、美術手帖ツイッター(@BIJUTSUTECHO)で公表。

 
【関連】
美術手帖
ウェブ版「美術手帖」(@bijutsutecho_) | Twitter

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です